2017年 10月
SunMonTueWedThu FriSat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

**レッスン日記**
2017. 9. 24. Sun P/L:いちごちゃん・ぽんず君。
2017. 9. 23. Sat with sarada Lodging training in MONTANA。
2017. 9. 21. Thu P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウロス君。
2017. 9. 20. Wed P/L:ぼたんちゃん。
2017. 9. 19. Tue オビディエンスグループレッスン・カウンセリング:あずきちゃん・P/L:権三君&一二三ちゃん。
2017. 9. 18. Mon ***お知らせ***。
2017. 9. 17. Sun ***お知らせ***。

 

2017. 9. 24. Sun
      P/L:いちごちゃん・ぽんず君。

 
今朝のいちごちゃんのレッスンは最近の課題に対しての対応とお散歩トレーニングです。 
お散歩へ行こうとする際の首輪の装着に関しては、飼い主さんの動きを面白がっている面も見られますが、追いかけずに待つことも必要です。首輪に対しては極端な嫌悪感を持っている訳ではありませんがお散歩中のリードへの噛みつきなども含めてコントロールされる事に対しての抵抗感の表れですので、コマンドにに従う事に対しての達成感や自発行動につながるような対応が必要です。首輪に良いイメージを与える為のご褒美も、与えるタイミングが違うと、報酬では無くワイロにしかなりませんのでタイミングを考慮して進めてみて下さい。 
食欲の波に関しては、食事の内容を考えてあげる事はとても重要ですし実践されていますので問題はありませんが、ハウスのコマンドとの関連付けが課題の要因になっているようにも感じられますので、食餌の前のコマンドのトレーニングも成長と共に工夫をしてみて下さい。 
お散歩に関しては、飼い主さんはゆっくり歩きたいのに、いちごちゃんが引張り気味です。その行為に対して「ゆっくり」とコマンドを出して引っ張る行為を続けると「ゆっくり」は引っ張る行為と関連付けられますので、「ゆっくり」のポジションでコントロールしながらリードが緩んでいる瞬間をタイミング良く誉めたりアイコンタクトが持続したら報酬を与えるなどして、「ゆっくり」のポジションを理解させましょう。 
このポジションが理解できるようになったり「いいよ」や「よしOK」などの解除のコマンドで自由に動ける時間も自由に与えながらメリハリのあるお散歩を心掛けて下さい。 
基本となるアテンションやアイコンタクトに関しても、飼い主さんが動くのではなくいちごちゃんの姿勢や視線を動かせるようにトレーニングをしていきましょう。 
 
 
今日のぽんず君のレッスンは、中々トイレトレーニングが進まないという事でしたので状況確認と、その他の課題や疑問に対してのレクチャーと新しいコマンドの基礎トレーニングを行いました。 
トイレに関しては、トイレシートでする場合と意図的に失敗をする傾向が増えているようでした。失敗の要因は、色々なパターンが予測されますが、飼い主さんの対応で改善しなければいけないのは、失敗した際の掃除の仕方を改善し、ぽんず君に見られたり、その場でティシュなどで拭く行為は、遊びの助長となる可能性がありますので注意しましょう。また現在のトイレの場所に誘導して行う場合は、必ずコマンドを出してコマンドとの関連付けを強化し、トイレが出来たらサークルから出してあげたり報酬を与えるように根気強いトレーニングを継続して下さい。 
ぽんず君自身の成長の変化による失敗を考えると、マーキングの意識が少しずつ出てきている可能性もありますのでトレーニングを進めながら適切な対応を検討して下さい。 
最近は要求吠えも出ているようですが、オモチャで遊ぶ際の要求やおやつを得る為の要求など・・・飼い主さんも、ぽんず君の要求の意味は理解されているようですので、オモチャなどに関しては環境整備で遊びのルールを作ることを考え、オヤツなどのトレーニングの報酬に関して、正しい位置で正しいタイミングを考えながら与えましょう。当然、要求行動を止める為のオヤツは正しい与え方ではありません。 
前回のレッスンで行ったアテンションでの呼戻しは、とても良く出来るようになり飼い主さんの誉めるタイミングや誉め方も上手です。今日は、お散歩での枝拾いの改善に使えるように「ヒールポジション」の基礎トレーニングを行いました。これも「ヒール」のコマンドと報酬の出る場所の関連付けが大切ですので丁寧に行うようにしてください。またお散歩中の頻度の高い臭い嗅ぎや拾い食いの動作は、飼い主さんにワクワク感が少ない事やお散歩中のアイコンタクトを評価できていないためですので、楽しいお散歩を心掛けて下さい。性質や学習能力は相変らず高く安定していますので、ぽんず君の成長に負けないように飼い主さんも成長してください。  
 
 

2017. 9. 23. Sat
      with sarada Lodging training in MONTANA。

雨の予報でしたが、何とか夕方までは曇りのお天気でモンターニャの森の9月は、とても涼しく秋が深まってきているのを感じさせてくれる空気が漂っていた1泊2日の 
「with sarada Lodging training in MONTANA」を 
ペンションMONTANAさんにてを開催いたしました。 
参加頂いたのは、ローキーちゃん・ブルース君&リンゴスターちゃん・モコちゃん&プーちゃん・リノ君&クイールちゃんの4組7頭です。 
 
午前中は、コミュニケーションタイムやペアごとの課題に取り組み、午後からはスポーツ公園にてオビディエンストレーニングやコマンドの基礎トレーニングを行いました。後半はノーズワークのセッションをペアごとのレベルで行い、トライアルゲームに挑戦して頂きました。 
2日目は、前日のコマンドの基礎トレーニングの復習と、アテンションコントロールの実践トレーニングやノーズワークセッションを行い2日間のトレーニングを過ごして頂きました。 
 
ローキーちゃんは、今回日帰りでの参加でしたが、現在の日常での課題にもなっている呼戻しに関して、とてもタイムリーな兆候が見られましたので飼い主さんの気持ちの強さを表現し、コマンドを無視するという選択肢を学習させない為の実践トレーニングを行いました。最初は遊び半分だったローキーちゃんも飼い主さんの真剣な眼差しに、どうするべきか?を理解していましたので、100%呼びきることは今後も必要ですので成長と共に対応を考えて一貫したフィードバックを行いましょう。 
ノーズワークは、初めてのセッションでしたので1回目の動きには、不安感や飼い主さんから離れられない動きでした。しかし、ブリタニーの嗅覚の潜在能力の高さは、すぐに発揮され、徐々に動きもスムーズになりステップアップも経験できましたので、これからも楽しんでいきましょう。コマンドの基礎トレーニングを進めながらのトライアルゲームでは、課題の1つである「待て」の強化がすぐに結果として表れました。特に距離が延びる事や飼い主さんが走って立ち去るなどの刺激レベルが加わる中、非常に良く理解してクリアできていましたので、今後も楽しみです。 
 
ブルース君は、最近の飼い主さんのアイコンタクトやアテンションに対しての強化トレーニイングの成果が動きや表情に表れてきています。オビディエンストレーニングでも誉める事が伝わるようになりつつありますので今後も継続してください。ただ、まだ飼い主さんの意識の中で、ブルース君と一緒に動くという感覚が安定していませんので何かをする場合は、人間だけが動くのではなく犬と一緒に動く意識を習慣化してください。 
ノーズワークは、インテリアサーチの設定でしたが、ハンドラーがブルース君の動きを見落としてしまいハイドカウントの答えが正解でないことが多くあります。スタートをする時のブルース君の反応を良く観察してナチュラルアラートを読めるようにハンドラーのスキルアップを目指して下さい。トライアルは、結果ではなく、如何にコマンドを確実に行えたか?が重要です。2日目のアテンションコントロールでは、とても集中できていましたのでコントロールできていました。今後も日常の観察力を高めて充実させましょう。 
 
リンゴスターちゃんのオビディエンストレーニングは、ひも付き脚側行進の基礎を丁寧に行いながら左屈折の動きを確認しながら進めて頂きました。伏臥と立止の動きも前回よりも安定していますのでコマンドの出し方やサポートの仕方を確実に行えるようにしてください。ノーズワークは、集中力もあり、とても良い動きでした。難易度が高いハイドでも集中力と捜索意欲が安定していますので確実に到達できていました。 
トライアルゲームは、分かっているのに動かない傾向は以前から見られ始めています。報酬が出るか?出ないか?を先読みしている事もありますが、飼い主さんからのコマンドへの不服従傾向がでています。その反応が、朝食時の他のお客様の犬に対しての吠えなどに表れています。ブルース君とは違う意味で難しさのあるタイプですので安心して見ているのではなくコントロール下に置いておく事は常に考えて下さい。 
 
モコちゃんのオビディエンストレーニングは環境の変化から少しテンションが上がり脚側行進のポジションが先行気味でしたが、これも経験の積み重ねですので根気強く修正しながら適応能力を高めて生きましょう。 
ノーズワークに関しては、苦手な隙間のあるフローリングでしたので、動きに大胆さがありませんでしたが、良く動けるようになりました。ハイドに対しての反応は見られますが、環境に対しての不安感の方が強かったようで、いつもよりも精度が落ちていました。しかし、環境を克服する事が出来ていることはノーズワークによる成長です。トライアルは、小型犬ですがとてもスピーディーな呼戻しで上位に入賞できていました。アテンションコントロールは、まだ待ち続ける姿勢が維持できない場面もありましたが理解力は深まっているようですので今後も楽しく続けて下さい。 
 
プーちゃんのオビディエンストレーニングは、新しい環境での集中力が試されるケースでしたが、良く集中できていましたし修正しなければいけない箇所も理解できていました。ノーズワークに関しては、意欲とスピードが高いレベルで安定していますし、セントコーンへの反応も正確です。全てのセッションで非常に良い動きを見せてくれました。トライアルも、2位と相変らず安定しています。 
ディナーの際の他の犬への吠えに関しては、飼い主さんの対応が以前よりも早くなりましたので、コマンドを無視する事はなくなりましたが今後も注意しながら事前反応を読めるようにして下さい。他の犬とのコミュニケーションも以前のような緊張感は減少していますので今後も良い経験を積ませていきましょう。アテンションのコントロールは、良く理解が出来ています。 
 
リノ君は、「待て」の基礎トレーニングを飼い主さんに理解して頂き、静止姿勢とアイコンタクトを維持する事をトレーニングの中で強化して頂きました。どうしても、よそ見をしてしまう傾向がありますので臭い嗅ぎの癖と共に集中した「待て」ができるようにしていきましょう。 
トライアルは、中々「待て」が安定していませんでしたが、次回に期待します。 
ノーズワークは、環境が変わっていることで周りの臭いに気をとられがちでしたが、ハイバリュートリーツの選択も、まだ十分ではありませんので集中力や意欲の高いサーチの為に、再確認してみて下さい。他の犬とのコミュニケーション能力の高さと陽気さ相変らずですが、コントロールをする飼い主さんの判断もポイントですし、食事中の待機の姿勢も少しずつ教えてみて下さい。 
「つけ」の脚側停座のコマンドトレーニングは、飼い主さんが動かずにリノ君だけを動かすようにして正しいポジションを教えて下さい。 
 
クイールちゃんのノーズワークは、今回は気温も低く集中力もありましたので、とても効率の良いサーチが出来ていました。全てのセッションでクリアできていましたので、また環境を変化させながらステップアップしてみて下さい。 
トライアルは、基本的なコマンドの理解度が高いですから、成績もトップでした。ディナーでの待機姿勢も安定していますが、待ちきれない時もありますので、その際は自発的に元の姿勢も戻る事を評価し、あまりコマンドを出さない方がお互いにストレスも少なくなります。 
 
参加された皆様も、本当にお疲れさまでした。 
次回のwith sarada Lodging training in MONTANAは 
2017年11月13日(月)・14日(火)を予定しております。 
皆様のご参加を心よりお待ちしております。 
 
-I speak Dog too!!-with sarada  
 
 

2017. 9. 21. Thu
      P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウロス君。

 
今日のもぐろふくぞう君&ケンタウロス君のレッスンは、お散歩トレーニングです。 
まずは現状のお散歩のスタイルを見させて頂き、改善点に関して実践トレーニングを行いました。 
他の犬に対しての吠えに関しては、もぐろふくぞう君の方が少しアグレッシブな傾向はありますが、経験を積ませる事で冷静な判断ができるようになる要素は持っていますので、飼い主さんの声掛けやコマンドが、シッカリと届くようにトレーニングをしていきましょう。 
臭い嗅ぎに関しては、未虚勢の♂ですので本能的に電柱や植え込みに対して引いて行こうとします。現状は、この動きを容認していますので、2頭で違う方向に引っ張られてしまうと歩道を歩く方にも迷惑なりますので、1頭ずつ安定したお散歩ができるようにトレーニングをしながら、お散歩の中でのルールの確立を考えていきましょう。 
ヒールポジションも丁寧に教えていくとアイコンタクト共に強化されスムーズなストレスの無いお散歩になります。 
臭い嗅ぎは、最高のご褒美にもなりますので、場所を決めずに飼い主さんの任意の場所で解除のコマンドで開放するルール作りにしてみて下さい。 
ケンタウロス君は、他の犬に対しては極端な反応も無く、相手がフレンドリーであれば特に問題はありませんが、もぐろふくぞう君との群れの意識が強くなると気持ちも少し大きくなるようです。お散歩のルールは、同じですが、ケンタウロス君の方が飼い主さんを意識できますのでタイミング良く誉めて正しい行動や反応を引き出してあげましょう。飼い主さんの屋外での表現力も、トレーニングには欠かせない重要な要素ですので2頭に、何を求めているか?をちゃんと伝えられるようにフィードバックして下さい。  
 
 

2017. 9. 20. Wed
      P/L:ぼたんちゃん。

 
カウンセリングでお伺いしたぼたんちゃん(甲斐犬2ヵ月半♀)に関しては、現在のところ物怖じをせずに人懐っこさもありますし、モチベーターに対する集中力もあります。 
最近は、運動量も多くなりご自宅での動きも激しくなっているようですので、ワクチンプログラムを平行させながらも屋外での社会化の促進を積極的に進めながらストレスの発散と適切な運動を与えながら環境への適応能力も育んでいきましょう。 
アテンションコマンドに対しての反応は、少し弱いようですので、名前に対しての反応は常に良い結果を与えるようにして下さい。 
成長と共に、室内でも悪戯や目を離した隙に進入禁止の場所に移動したりする事もあるようですが、まだ教えていない事を叱っても理解できませんし、今の時期は叱る事よりも誉める機会と確立を向上させる為の観察をしていくようにして下さい。また名前と叱る行為を関連付けるとアテンションへの反応は低下しますし、これから屋外での行動が多くなった時に、尚更反応が低下してコントロールできなくなりますので注意して下さい。 
現在の月齢で教えるコマンドは、基本的な事ですので、あまり高いレベルを求めると良い関係性を構築できなくなりますので中長期のスパンで考えてあげて下さい。 
日常の対応の中にも、間違った対応や学習の切っ掛けになるような対応が目立ちますので、再確認をして一貫した対応で大切な時期を楽しく有意義に過ごさせて下さい。  
 
 

2017. 9. 19. Tue
      オビディエンスグループレッスン・カウンセリング:あずきちゃん・P/L:権三君&一二三ちゃん。

 
今朝のオビディエンスグループレッスンは、ブルース君&リンゴスターちゃん・モコちゃん&プーちゃんの個別課題に対しての修正や強化トレーニングです。 
ブルース君は、コマンドの前のアテンションとアイコンタクトの持続など指導手が理解しておかなければいけない点のチェックと、それに対してのブルース君の理解度や実行性を確認させて頂きました。 
アイコンタクトの集中力の持続に関しては、前回よりも理解してきていますが、指導手のトレーニング方法がワンパターンになる為に、技術的な方法で教えようとすると先を読まれてしまします。現在のブルース君と指導手の間に今よりも必要な事は「誉める」という表現なのですが、どうしても「良くできたね」という最終的な誉めばかりで、行動や気持ちが持続している段階の誉めである「良くできているね」という気持ちの誉めが少なすぎな点です。 
またリードを外したり自分の肩にかけたり、トレーニングの中の動きの中でも、常に犬の動きを観察し、正しい行動を評価できるように感覚のスイッチを切り替えていきましょう。但し、この観察力は、レッスンの時だけではなく日常が一番大切です。 
この感覚が無意識にできるようになれば、コマンドの実行性は自ずと向上します。 
リンゴスターちゃんの課題を指導手の質問すると「真っ直ぐ伏せる事」と「真っ直ぐ立つこと」ですとの答えが返ってきましたが、現状から正しい動きに改善する為のポイントが、脚側停座である事を理解しながら修正を進めていかないとリンゴスターちゃんが混乱をし理解できなくなりますので注意しましょう。 
伏臥の際は、確実に視符をリンゴスターちゃんが理解しやすいように出して、真っ直ぐ伏臥をさせ、姿勢を維持させます。 
立止も、サポートをしながら真っ直ぐ立つことを理解させられるようにする事と、室内でも様々な環境を利用して真っ直ぐ立つ為の意識改革はできますので工夫をしてみて下さい。 
脚側行進での左反転は、反転でありUターンではありませんので指導手の動き方を再確認して、リンゴスターちゃんには、何を求めているのか?を表現できるようにしていきましょう。 
モコちゃんは、脚側行進の先行癖に関しての修正は、段階的に進めていますが、今日の段階の歩速は、前回の速めの歩速よりも更に速くしてポジションの確認をしました。当初の頃よりも、ポジションが少し前でも斜めの脚側行進にはならず指導手と平行して一定の距離間で脚側行進ができている点は成長した部分です。左屈折も綺麗に曲がれていますので最後の脚側停座は、視符を出してポジションを再認識させて下さい。 
立止の姿勢は、まだ立ちきれていない状態ですので自信を持って立てるようにトレーニングをしてみて下さい。 
プーちゃんは、冷静で集中力のある脚側行進を目指してのトレーニングを中心に行い、課目終了時の脚側停座のポジションも重点的にトレーニングしました。この脚側停座は、課目終了時だけではなく右回りでの脚側停座になる為に、以前から指導手との距離間の課題があったプーちゃんの場合は、外に広がる傾向が強くなります。この動きをコンパクトで俊敏に行う事が安定した評価に結びつきますので今後も継続していきましょう。 
行進中の3姿勢の実行性は安定していますので、自由選択科目の中にも伏臥からの招呼と立止からの招呼を選択できるように確実性を向上させていきましょう。 
 
カウンセリングで現状の確認をさせて頂いたのはあずきちゃん(柴犬2歳♀)です。 
特に大きな問題はないようでしたが、飼い主さんからのコマンドに対しての期待感が、やや少なく実行性や集中力に安定感がありません。 
アテンションに対しても、良いイメージを持っていないようですし、飼い主さんの誉め言葉に対しても反応が弱いようでしたので、基本的なコマンドの意味やコマンドの出し方と誉め方を改善して頂き、今まで屋外では実行しなかった「伏せ」を実行できるまでにステップアップができました。 
今までの飼い主さんとの関係性の中では、名前を呼ばれると何かをやらさるという学習が成立しており、そのコマンドを無視するとご褒美が出てくる事も学習しています。 
とても理解力もあり、人懐っこい性質ですので、もう少しあずきちゃんの性格や性質を理解して擬人化せずに、あずきちゃんの立場に立って日常のマナーとレーニングを楽しく進めてみて下さい。 
 

今日の権三君&一二三ちゃんのレッスンは屋外でのお散歩や基本的なコマンドの実行性の確認などです。 
権三君の今までトレーニングをしてきて理解しているコマンドの実行性も一二三ちゃんのパピー期のトレーニングとの併用を行う事で、少し曖昧になりつつあります。 
それにより、目の届かない時間が生まれる事で今まではやらなかった事もやるようになりますのでシッカリと1頭ずつを確認しながら育てるように考えていきましょう。権三君の「待て」や「来い」のコマンドの精度は、今よりも高めていく必要がありますし、周りの環境刺激が高まっても実行性を安定させるようにしていきましょう。 
一二三ちゃんの、お散歩は臭い嗅ぎが強く、広場ではミミズ探しに余念が無く飼い主さんのコマンドは耳に届かないようです。この習慣も、ここ最近の飼い主さんの広場での、他の飼い主さんとの会話に夢中になり、犬を見ていない為に一二三ちゃんが自然に覚えた習慣です。この行動を、また飼い主さんの都合で禁止する際に、口に入れたモノを手で取るような対応をすると、余計にゲームとして楽しむ事になりますので、良く観察して改善していくと共に一緒に歩くコマンドをタイミング良く出して誉め、下を向く事ではなく飼い主さんを見上げたり意識したりできるように行動を修正していきましょう。  
 
 

2017. 9. 18. Mon
      ***お知らせ***。

 
下半期からのスクール再開のお知らせです。 
 
with sarada 106th Yokohama-School 
 
♦2017年10月7日(土) 
 
♦開催場所 
ドックラン G’sg 
横浜市泉区和泉町3200-1 
пF(080)5035-9159 
相鉄線「ゆめが丘」駅 徒歩3分。 
 
♦予定スケジュール 
AM7:00〜PM1:00頃まで(時間はご都合に合わせてお越し下さい。) 
・実践トレーニングと個別の課題別トレーニング 
・ノーズワークゲームの導入とフードステージのステップアップトレーニング 
屋外でのコンテナ及びオブジェクトサーチ 
ボディーランゲージetc 
・コマンドトレーニングの為のトライアルゲーム(景品あり) 
 
 
◆参加費用 
トレーニング料金&ゲーム参加費:6,000円/1頭 
(多頭で参加の場合は多頭割引をいたします。) 
ドックラン貸しきり料金:1,500円/1頭・2頭以上からは+1,000円 
 
 
※お車の方は、駐車場を完備しておりますのでご利用ください。 
 
 
皆様のご参加を心よりお待ちしております。 
参加のお申し込みは、電話かメールにてお願い申し上げます。 
 
 
-I speak Dog too!!-with sarada 
  
 
 

2017. 9. 17. Sun
      ***お知らせ***。

 
本日は台風による悪天候のため 
 
レッスン予約及び「レッスン日記」 
 
「黒い親子のドタバタ日記」はお休みさせて頂きます。 
 
尚、明日以降のレッスンは通常通りとなります。 
 
ご迷惑をお掛けいたしますが、宜しくお願いいたします。 
 
-I speak Dog too!!-with sarada 
 
  
 

<< 新しい日記へ    過去の日記へ >>



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | 

++ Powered By 21style ++