2017年 9月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

**レッスン日記**
2017. 9. 30. Sat P/L:いちごちゃん。
2017. 9. 29. Fri ***お知らせ***。
2017. 9. 28. Thu P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウロス君。
2017. 9. 27. Wed オビディエンスグループレッスン。
2017. 9. 26. Tue P/L:権三君&一二三ちゃん。
2017. 9. 25. Mon ノーズワークグループレッスン。
2017. 9. 24. Sun P/L:いちごちゃん・ぽんず君。
2017. 9. 23. Sat with sarada Lodging training in MONTANA。
2017. 9. 21. Thu P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウロス君。
2017. 9. 20. Wed P/L:ぼたんちゃん。

 

2017. 9. 24. Sun
      P/L:いちごちゃん・ぽんず君。

 
今朝のいちごちゃんのレッスンは最近の課題に対しての対応とお散歩トレーニングです。 
お散歩へ行こうとする際の首輪の装着に関しては、飼い主さんの動きを面白がっている面も見られますが、追いかけずに待つことも必要です。首輪に対しては極端な嫌悪感を持っている訳ではありませんがお散歩中のリードへの噛みつきなども含めてコントロールされる事に対しての抵抗感の表れですので、コマンドにに従う事に対しての達成感や自発行動につながるような対応が必要です。首輪に良いイメージを与える為のご褒美も、与えるタイミングが違うと、報酬では無くワイロにしかなりませんのでタイミングを考慮して進めてみて下さい。 
食欲の波に関しては、食事の内容を考えてあげる事はとても重要ですし実践されていますので問題はありませんが、ハウスのコマンドとの関連付けが課題の要因になっているようにも感じられますので、食餌の前のコマンドのトレーニングも成長と共に工夫をしてみて下さい。 
お散歩に関しては、飼い主さんはゆっくり歩きたいのに、いちごちゃんが引張り気味です。その行為に対して「ゆっくり」とコマンドを出して引っ張る行為を続けると「ゆっくり」は引っ張る行為と関連付けられますので、「ゆっくり」のポジションでコントロールしながらリードが緩んでいる瞬間をタイミング良く誉めたりアイコンタクトが持続したら報酬を与えるなどして、「ゆっくり」のポジションを理解させましょう。 
このポジションが理解できるようになったり「いいよ」や「よしOK」などの解除のコマンドで自由に動ける時間も自由に与えながらメリハリのあるお散歩を心掛けて下さい。 
基本となるアテンションやアイコンタクトに関しても、飼い主さんが動くのではなくいちごちゃんの姿勢や視線を動かせるようにトレーニングをしていきましょう。 
 
 
今日のぽんず君のレッスンは、中々トイレトレーニングが進まないという事でしたので状況確認と、その他の課題や疑問に対してのレクチャーと新しいコマンドの基礎トレーニングを行いました。 
トイレに関しては、トイレシートでする場合と意図的に失敗をする傾向が増えているようでした。失敗の要因は、色々なパターンが予測されますが、飼い主さんの対応で改善しなければいけないのは、失敗した際の掃除の仕方を改善し、ぽんず君に見られたり、その場でティシュなどで拭く行為は、遊びの助長となる可能性がありますので注意しましょう。また現在のトイレの場所に誘導して行う場合は、必ずコマンドを出してコマンドとの関連付けを強化し、トイレが出来たらサークルから出してあげたり報酬を与えるように根気強いトレーニングを継続して下さい。 
ぽんず君自身の成長の変化による失敗を考えると、マーキングの意識が少しずつ出てきている可能性もありますのでトレーニングを進めながら適切な対応を検討して下さい。 
最近は要求吠えも出ているようですが、オモチャで遊ぶ際の要求やおやつを得る為の要求など・・・飼い主さんも、ぽんず君の要求の意味は理解されているようですので、オモチャなどに関しては環境整備で遊びのルールを作ることを考え、オヤツなどのトレーニングの報酬に関して、正しい位置で正しいタイミングを考えながら与えましょう。当然、要求行動を止める為のオヤツは正しい与え方ではありません。 
前回のレッスンで行ったアテンションでの呼戻しは、とても良く出来るようになり飼い主さんの誉めるタイミングや誉め方も上手です。今日は、お散歩での枝拾いの改善に使えるように「ヒールポジション」の基礎トレーニングを行いました。これも「ヒール」のコマンドと報酬の出る場所の関連付けが大切ですので丁寧に行うようにしてください。またお散歩中の頻度の高い臭い嗅ぎや拾い食いの動作は、飼い主さんにワクワク感が少ない事やお散歩中のアイコンタクトを評価できていないためですので、楽しいお散歩を心掛けて下さい。性質や学習能力は相変らず高く安定していますので、ぽんず君の成長に負けないように飼い主さんも成長してください。  
 

<<BACK 23日 with sarada Lodging training in MONTANA。

NEXT>> 25日 ノーズワークグループレッスン。


| 携帯用 | | RSS | | 検索 | 

++ Powered By 21style ++