OKADA DESIGN WORLD DIARY

OKADA DESIGN WORLD へようこそ! ここはダイアリーというより<独り言><お知らせ>を兼ねております。趣味の写真や車談義、パソコン系やオーディオ。そしてサウンド・ビジネスから政局論争。友人との雑談で考えた事や閃きを書きとめています。目からウロコの雑学として読んでいただければ嬉しく思います。2003年から構築して来ましたので資料としても膨大な量になりました。お時間が許す限り、ごゆっくりと閲覧ください!

※ このダイアリの内容・写真等すべては管理者である<OKADA>の「アイディア」であり「著作物」です。許可なくリンクを作成したり、文章等の複製・転用・二次利用、他のHPや文献等で掲載使用する事は <著作権法上認められておりません!> 常識ある行動をお願いします!

なお、音響施工に関しては「プロ向け」として記載しております。現場経験の少ない、またはやった事の無い素人の方は " 決して真似ないでください "
どうしても施行したい方はメッセージにて連絡を。個人対応させていただきます。

The information on this page is not available there is a copyright.
  Copyright(C) 2003-2017 OKADA DESIGN WORLD, All rights Reserved.

★OKADA DESIGN Top★

★FaceBook Top★

2017年 1月
SunMonTueWedThu FriSat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

2017. 1. 08. Sun アマチュア無線用の外部アンテナ装着
2017. 1. 06. Fri 皆さん、初夢・覚えてますか〜?
2017. 1. 02. Mon N H K 紅白歌合戦、全部観ました。しかし・・
2017. 1. 01. Sun ・・謹・賀・新・年・・

 

2017. 1. 8. Sun
      アマチュア無線用の外部アンテナ装着

ダイアモンド社「Z10M」144 / 430MHz 帯2バンド・アンテナです。助手席後側はラジオアンテナで、これも純正ではなくFM周波数に合わせた自作のロングタイプ。そのアンテナと違和感がないよう運転席側の同じ位置・角度で装着しました。基台は粘着式でボディに直接貼付けています。基台とアンテナは樹脂製で新車両保安基準適合品。軽量で自由な角度で装着可能なアンテナが欲しかったのです。 
 
本来ならアンテナが交換可能な基台にしたかったのですが、Z嬢もELANと同じ F R P やアルミ材を多用しており、ステンレス製の基台はボディに傷が付いたり強度不足になります。それにソフトトップが収納式なので、安全な配線ルートを探すのに苦労しました。カメラはレンズで決まりますが、無線は「アンテナで決まる!」。外部に装着した事で受信感度も格段にアップ。これで送信出力もそれなり・・に上げられます! \(^o^)/ 
 
大きな災害が発生すると携帯電話は全く機能しません! これは皆さんも経験されてますね〜。家族・友人の安否確認が出来ないのは不安です。とは言え・・家族全員がアマ無線の従事者ではないので、幾ら無線機を準備しても法令上は交信出来ません。まあ、そんな有事の際はお上も穏便な判断をすると思いますが・・ 法律は法律! 
 
そんな緊急時に・・と、デジタル登録局のハンディ機を2台購入しました。免許不要の小電力機と違い外部アンテナが使えるし、1〜5W運用が可能なので交信可能距離もまあまあかな〜と。但し、その距離は精々数Kmなので気休めでしょう。やはり利得の高いアンテナの設置は不可欠ですね! 登録局は351MHz なので、5エレ八木を取付けようと考えてます。因に、Z嬢は40cm程度のホイップアンテナとクリップ式基台を準備しています。 
 
昨今はタワーマンションの高層階(地上高40m等・・)でオンエアしているアマチュア局も多く、都内の何処に居てもフルスケールで入感します。今回外部アンテナを装着した事で、江東区の局(直線で約12km)と59のレポートを交わしました。ロングアンテナには及びませんが・・先ず先ずかな〜と! 
 
ところで・・ 携帯電話がここまで普及したのは、連絡や会話という個人同士のコミュニケーションが世の中を動かしているからと考えます。大声が届く距離は精々百メートル程度だけど、無線機を使えば一気に10倍100倍と相手が見えない距離でも会話が可能になる! 誰だって使いたくなります。 
 
私の兄が学生の頃から無線を趣味にしていた影響もありますが、自分はオーディオがメインで無線はいいや〜と免許もとりませんでした。テイウカ・・当時は違法のCB無線機が秋葉原で買えたので、それを車に搭載して遊んでいました。法律違反なのは分っていましたが・・ それで捕まったという噂は無かったです。トラック野郎:一番星が流行っていた無法時代のお話。(^_^; ) 
 
友人の車にもその無線機を取付け、走りながらの会話は当時とすれば超斬新だったのです。深夜に「チャンネルチェック〜!」と彼の声が聞こえると「お〜聞いてるよ〜! ラーメンでも食いに行こうか?」てな感じで、今の携帯のように使っていました。その後、会社仲間とスキーへ行く機会が増えたのを切っ掛けに、やっとこアマチュア無線の免許を取得。ハンディー機(IC-2N)にスピーカーマイクを装着。スキー場の何処に居ても連絡が可能でした。 
 
きっとそんな我々の姿を見た人は「うわぁ〜無線って便利だな〜」と羨ましかったと考えます。国内で携帯電話が普及する80年代後半まで、アマチュア無線による通話というか会話を楽しんでいました。車通勤が多かったので、朝と夕方はお馴染み局との会話をしている内に「現着〜!」となっていました。 
 
無線って何が楽しいの?とよく聞かれますが・・ 無線に関連する全てが楽しいのです。会話する事はもちろん、無線機の性能を最大限に発揮させるアンテナや設置法に様々なテクニックを酷使したり、マイクの形状や音質に拘ったり・・ 既製品を購入するのではなく自分で造る楽しみも発揮出来ます。きっとそういうモノへの拘りが「音響:PA」という特殊な仕事の側面を支えていたように感じます。ワイアレスマイクも無線機、WiFi や DMX リンクだって無線機ですから・・  
 

<<BACK 6日 皆さん、初夢・覚えてますか〜?




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++