OKADA DESIGN WORLD DIARY

OKADA DESIGN WORLD へようこそ! ここはダイアリーというより<独り言><お知らせ>を兼ねております。趣味の写真や車談義、パソコン系やオーディオ。そしてサウンド・ビジネスから政局論争。友人との雑談で考えた事や閃きを書きとめています。目からウロコの雑学として読んでいただければ嬉しく思います。2003年から構築して来ましたので資料としても膨大な量になりました。お時間が許す限り、ごゆっくりと閲覧ください!

※ このダイアリの内容・写真等すべては管理者である<OKADA>の「アイディア」であり「著作物」です。許可なくリンクを作成したり、文章等の複製・転用・二次利用、他のHPや文献等で掲載使用する事は <著作権法上認められておりません!> 常識ある行動をお願いします!

なお、音響施工に関しては「プロ向け」として記載しております。現場経験の少ない、またはやった事の無い素人の方は " 決して真似ないでください "
どうしても施行したい方はメッセージにて連絡を。個人対応させていただきます。

The information on this page is not available there is a copyright.
  Copyright(C) 2003-2017 OKADA DESIGN WORLD, All rights Reserved.

★OKADA DESIGN Top★

★FaceBook Top★

2017年 4月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

2017. 4. 19. Wed 大 問 題 発 生 !
2017. 4. 16. Sun 孫のお宮参り
2017. 4. 15. Sat シュアー製マイクプリ&ヘッドホンモニター「 F P 1 2 」
2017. 4. 11. Tue 手運び専用ラック・・?
2017. 4. 03. Mon やっと掲載された〜!

 

2017. 4. 19. Wed
      大 問 題 発 生 !

 横浜にぎわい座公演へ持ち込む周辺機器のラックを整備しようと、機材をリビングへ運ぶ際、イタタ…~(>_<。=)ゝ 何とかギックリ腰になる寸前で持つのを止めましたが、腰の痛みは残っており、これ以上の負担は危険。さぁ〜て、どうやってZ嬢へ積み込むか!?! 何とか息子に頼むしかない・・ 
 
      あぁ… 年寄りの冷や水〜・・.: *・(*≧▽≦)о.:゚ 
 
 幸いかなギックリまで行かない・・ギッ腰?(笑) 椅子から立った時とか、大股で歩いたり腰の左側を押すと痛い。普段はなんともないので、これ以上悪化させないよう細心の注意が必要です! 日常生活に支障がある訳ではないので大丈夫だけど、暫く機材を運ぶ際は要注意! だけど遊びは問題ないだろう (・∀・; ) 
 
  腰痛の原因となった5Uラックの重さは約15kg。軽くはないけど重くもない微妙な重量ですね〜 片手で持ち上げ運びながらパネル面を上にしようと左手を添えて置こうとしたのです。その時のバランスが悪く左側の腰に負担がかかったようです。 
 
 そう言えば2年程前・・ ある現場で音場調整中に客席を歩き回っていたのですが、暗がりで段差に気付かず目一杯転倒した事があります。一瞬何が起きたのか?自分が転んだと気付くのに数秒掛かった程の衝撃。その時に左臀部を強打しています。数週間は鈍い痛みが続きましたが、大事には至らずそのまま放置したのが影響しているかも・・ 40数年PAの仕事をして来ましたが、実は荷物を持っての腰痛は初めてなんです。加齢と運動不足・筋力低下。早急にパワーアシストを発注!? ※写真参照 
http://www.yuasa.co.jp/assistsuit/ 
 
  ナンチャッテ (´・ω・`)ゞ 未だ相当高額製品なので、取り合えず腰を守る「腰ベルト:コルセット」を購入しました。 ※写真参照2 
 
 早速装着してみたら・・ なるほど!! これは随分と楽になります! 10分程度装着してみて外した瞬間、身体がふにゃふにゃ〜となりました。うぉ〜これがコルセットの効能か〜! 同時に自分の背筋・腹筋が弱っていると自覚。ちょっとバランスを崩した程度で腰痛に至った理由も分りました。今後は仕込みバラシに必着です! 
 
 
 ところで・・ なぜ左腰なのか? こういう怪我をするといろんな記憶というか過去が蘇って来ます。前述した左臀部の強打事故・・ それ以来ELANで走行中も左足や腰に違和感を抱く事が多くなりました。自分ではそれほど重いと感じていなかったクラッチ操作でしたが、車検整備中に代車で借りた軽トラのクラッチが滅茶軽く感じたので、ELANは普通車より相当重かったと考えます。しかし慣れてしまえば何とも思わなかったけどな〜・・ 48歳から15年の長きに渡り乗っていた事も、左足や腰に負担がかかっていたのでしょう。本来なら鍛練になって良いのに、どうもそうではなかったようです。一時期スポーツジムカー?と言った事もあったし・・ 
 
 2年前、ELANのフロントウィンドウに亀裂が入ってしまった事でオートマのZ嬢に乗換えたのですが、実は左足や腰の違和感を懸念した車種選定でもあったのです。こう考えるとやはり予兆は在ったのです! それを意識していれば怪我に至らなかった。自分のミスが悔しくもあり残念でなりません。 
 
 そんな私が言うのも何だかな〜ですが・・ 皆さんも日々「意識」をお忘れなく! 好みの機材が運べないと業務の出来映えにも影響するポジション。怪我・病気が一番恐く「死活問題」となります。 マジな話題でした! 
 
      ファイトーー! ( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ ) イッパーーツ!!  
 

<<BACK 16日 孫のお宮参り




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++