今日のRick Rack(^−^)
 
2016. 11. 29. Tue ラン
2016. 11. 28. Mon ムスコのこと
2016. 11. 21. Mon いちょう並木
2016. 11. 18. Fri やられてます。
2016. 11. 07. Mon 寒くなりました。

2016年 11月
SunMonTueWedThu FriSat
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - -


 
 2016. 11. 28. Mon
  ムスコのこと
大学生になったムスコのことを 
ここで書いたら怒られちゃうのですが 
どうしても嬉しかったので。 
(今日の記事は完全にプライベート情報です。 
商品のことなど一切有益情報なしです、ごめんなさい。) 
 
昨日は大学ラグビー対抗戦の最終試合でした。 
1年生で入部した年、息子の大学はAグループへの昇格を決めました。 
 
がしかし。昨年再びBグループへ降格。 
最終学年である今年1年間を対抗戦Bグループで過ごすことに 
なってしまいました。 
 
Aグループへ昇格。 
 
それだけを目標に、みんな厳しい練習を続けてきたのだと思います。 
その甲斐あって今シーズンはここまで全勝。 
悲願の昇格を掛けた最終試合は応援にも力が入ります。 
 
 
 
相手チームが先制トライを奪い、ゴールキックを決める。 
小さなミスからボールを奪われ追加点が加わり0-14。 
 
小雨の降る寒い中の試合でしたが 
熱い選手たちの大きな背中からは湯気が上っていました。 
 
その背中からはこれ以上の点差は絶対許さないという気迫を感じました。 
すぐさまトライを取り返し、ラッキーも手伝って点を重ね逆転。 
前半26-21で折り返す。 
 
でもわずか4点差。 
1トライで簡単に再逆転を許してしまう。 
 
わたしがプレーしているわけでもないのに 
ドキドキしならがらハーフタイムを過ごしました。 
 
 
後半には雨も激しくなり、 
スリップする選手、ボールを落とす選手・・・。 
 
相手チームにとっても昇格をかけた大一番なので 
ピリピリと張りつめた空気がスタンドにも伝わってきました。 
 
ノーサイドの笛が鳴る瞬間まで手に汗握っていましたが 
最後にドロップゴールが決まり試合終了。 
44-26で勝利を収めることができました。 
 
勝っても負けても泣き崩れる選手たち。 
辛い練習に耐えて今日ここまで来たのでしょう。 
 
嗚呼!青春! 
 
と、その時息子の姿がふいに視界に入る。 
 
雨に濡れてドロッ泥のボロキレみたいなジャージ姿で 
ビシッとスーツを着た監督に抱きつく。ガッシリ。 
 
 
ぎゃ-----監督!汚れちゃう! 
 
と思ったのはきっとわたしだけじゃなかろうと思うんですが 
監督は涙を流しながらドロッ泥の選手たちと次々にハグ。 
 
監督素晴らしいなあと思いました。(監督の奥さん大変だなとも!) 
 
 
一通りの挨拶が終わり、最後にグランドを去る時、 
息子の手にはわたしが大学入学の時に頼まれてつくったシューズバッグが。 
 
何気なく頼まれて、何も考えず、適当に、ぱぱっとつくって渡したバッグ。 
あれをまさか今日まで使っていてくれたなんて(T_T) 
 
まあきっと。 
 
そんな母の気持ちなんて息子には全然関係なくて 
たまたま便利で、 
たまたま他に代わりになるものがなくて、 
たまたま使い続けたんだと思う。 
 
それだけのことなんだと思うのですが 
あのバッグを手にしている息子を見たときに 
なんだかジーンとしてしまいました。 
 
16年間応援してきた学生ラグビーも残すは最後の入れ替え戦1戦のみ。 
 
これで終わりと思う寂しさ半分。 
これでやっと怪我の心配から解放される安心感半分。 
 
最終戦も全力で応援したいと思っています。 
 
 

  




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | 


++ Powered By 21style ++