2012年 5月
SunMonTueWedThu FriSat
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

2012年 5月 16日 (Wed) 沖縄復帰40周年
2012年 5月 14日 (Mon) そろそろシュウカツしなければ
2012年 5月 13日 (Sun) 忠ならんと欲すれば孝ならず
2012年 5月 11日 (Fri) 変な記録を作りました
2012年 5月 10日 (Thu) 耳の聞こえはすっきりしました


 
忠ならんと欲すれば孝ならず
 
 突発性難聴を治療するためにはステロイドを服用しなければなりません。ステロイドとは副腎皮質ホルモンのことを言うようです。かつて20代半ばの頃、亜急性膝関節炎を患ったときこれを注射したことがあります。完治までに3ヶ月近くかかったことがあります。 
 ステロイドを使用すると血糖値が高くなります。私は糖尿病と診断されてから10年以上になります。糖尿病にとってはステロイドは治療薬ではなく推進薬になってしまいます。病院では毎食直前に血糖値を測定しました。その値が高いと食後にインシュリンを注射することになります。数値によってインシュリンの量も増減されます。 
 入院中の測定値は、朝食前では110以下が多く低いときは60でした。全て正常値の範囲です。しかし、昼食や夕食前では最高で330でした。摂った食事の内容で血糖値の上昇値が大きく違ってしまいます。何を食べるかによって相当の開きがあります。 
 それにしても難聴を治すのにステロイドを使い、ステロイドによって血糖値が上がり、血糖値を下げるためにインシュリンを注射するという、ある意味では矛盾した治療をしなければなりません。まさに「忠ならんと欲すれば孝ならず、孝ならんと欲すれば忠ならず」です。 
 5月10日に新しい抗がん剤の点滴を受けました。1回が1時間半ですみます。今後は入院しての抗がん剤点滴はなくなるようです。ただし、副作用がきついようです。12日はかなりくたばってしまいました。
..2012年 5月 13日 (Sun)





| 携帯用 | | RSS | | 検索 | 

++ Powered By 21style ++