ここの場合の「ノーガキ」は、
「ノーガキばっかりタレてないで、とっとと体を動かせ!」
なんて時に言うところの「ノーガキ・・・。」です。(笑)

特にジャンルに関係なく、思った事や出来事をポツポツと書いていきます。
まぁ、お暇な方は、ほんのお目汚しに・・・。

〜〜 おぎちゃんの日曜日 (MainWebSite)放課後の原っぱ (MainBBS)mail 〜〜


2018年 6月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30



〜〜「ノーガキ・・・。」一覧〜〜
6/09(土) くら〜っしゅ(泣)
5/13(日) 須賀川カブフェス
4/08(日) 2018・白河関通行手形
8/28(月) 東北行♪・その三
8/27(日) 東北行♪・その二
8/26(土) 東北行♪・その一
6/11(日) クマ〜。(汗)

* 「ちょいとノーガキ・・・。」Topへ

くら〜っしゅ(泣) 2018/6/9(土)

この日の目的地は福島の布引高原。 
よく猪苗代湖方面からの帰り道で、294号線で湖南町あたりから南に進んでいると、 
西側に見える場所です。 
なぜ、ここが目につくかと言うと、風力発電設備が沢山建っているから。 
 
猪苗代湖の西には、背あぶり高原という所があって、ここの風車も良く見えます。 
山の上に見える布引高原は、更に規模が大きい気配があり、気になっていました。 
 
先週もV7で福島ツーをやってまして、帰りにアタックしてみましたが、 
その時のルートは、結局オフロードへ突入してしまい林道の入口で撤退・・・。 
今週は布引高原そのものを目的地として、リベンジの再アタックです。 
 
新しいルートを開拓したくて、前回の北からのルートでは無く、 
南の羽鳥湖側から現地を目指してみます。 
事前にグーグル先生と相談した結果から、 
このルートも途中でオフになってしまう見込みでした。 
 
慣れないV7では、未知のオフロードは苦しいですが、 
馴染みのGBならソコソコと所までは行けるハズ・・・。 
 
 
見込み通り、最後の4〜5キロ区間でオフに突入。 
一応、最近補修が入ったらしく、少しぬかるんでいる場所もありますが、フラットな状態です。 
 
 
エッチラオッチラと走り、 
やっと布引高原へ到達。 
突然、視界が開けて幻想的な風景が広がりました。 
 
さて、次。 
先週、勇気ある撤収(笑)をした後、 
帰りがけに、どうやらバスも通れる正規ルートらしき道の入口は発見出来ました。 
 
 
っで・・・、既に発見済のルートなので、なんとなくそこに出るのは、気に入らない。(笑) 
 
スタンプラリーの都合で、出来ればこのまま西会津を目指したい事もあり、 
地図を眺めて、邪な考えが湧きました。 
もう4〜5キロがんばってオフを走り抜ければ、猪苗代湖方面では無く、 
山一つ分西の、東山温泉方面にでられそうだなぁ・・・、と。 
 
 
来た道を少し戻り、途中の別れ道で北へ向かえば、 
おそらくは先週V7で諦めた林道に続いているはず・・・。 
そもそも、今日はオフ走行を覚悟して出て来てますので・・・、アタック再開。 
 
オフロードを戻り、分岐点までたどり着くと、KTMの大型のオフ車が一台停まっていました。 
このルートの常連さんのようです。 
聞けば、布引高原を目指していたが、仲間が道を間違えて進んでしまい、 
別の仲間が呼びに行っているとの事。 
 
わざわざ、林道アタックのオフ車が駆け上がってくる事が分かっていて、 
そこに突っ込む必要はありません。 
この分岐から眺めた道の入口は、水が流れた跡で大きく掘れています。 
情報収集も兼ねて、KTMの方とおしゃべりしながら、仲間の方達の到着を待ちます。 
 
やがて、遠くからバイクのエンジン音・・・。 
「けっこう攻めてるなぁ・・・、ありゃ?静かになった・・・。」 
などとやっていると、1台のオフ車がやってきました。 
「いや〜調子にのって飛ばしたらコケた〜。ミラーがどっかいっちゃった♪」 
なんとも勇ましい・・・。(笑) 
 
どうやら仲間の方達は、そこそこ先まで走ってしまい、引き返さない事になったようです。 
 
先の様子を聞いてみました。 
一番荒れてるのは、今見えている場所で、この先も掘れている場所は結構ある物の、 
ゆっくり行けばGBでも抜けられそうとのお話。 
 
お二人を見送り、走り始めます。 
GBの上で、ガッチャンガッチャンと揺すられながら、荷重抜重を繰り返します。 
「なんかトライアルやってるみたい・・・。」 
 
途中、何度かオフ車のグループとすれ違ったり先に行かせたりしながら、 
やっと舗装路へ出ました。 
予想通り、出た場所は先週V7でたどり着いた場所。 
このルートは、地元のオフ屋さんの大好物ルートだったようですね。 
 
「ハゲしかったなぁ・・・。」と一服。この先の作戦を考えます。 
スタンプラリーのシートを取り出そうとすると・・・、無い。 
そう言えば先週のツーリング中、ちょっと邪魔になって、いつもと違う場所にしまったような・・・。 
どうも、痛恨の忘れ物したようです。 
 
「疲れちゃったし、布引高原訪問は達成したし・・・。」 
今日はスタンプを諦め、ラーメンを食べて、エアプランツさんを目指した目指す事にしました。 
エアプランツさんは、オフが大好物。「スゲー道だった!」の報告に向かう作戦に変更。 
 
東山温泉まで出てから、南下を開始。 
まずは、再訪問の「ばんげやさん」で遅いお昼です。 
 
ラーメンとチャーシューメンしかメニューがないのですが、 
また食べたくなる美味しさのお店です。 
 
帰路に着きます。 
甲子トンネルを抜け、白河中央から東北道へ。 
南下を続けていると、ナビのルートが少しいつもと違う事に気が付きました。 
矢板で高速を降りろと言っている気配・・・。 
 
自宅では無くエアプランツさんを目的地にしているから、あってると言えばあっている気もする・・・。 
給油のタイミングと合わせて一度ルートを確認したいところですが、タイミングが合わず、 
GSの無い矢板北PAで一度停まる事にしました。 
 
本線で減速。流出車線へ入り更に減速・・・。 
最後に駐車スペースに向かおうと、左にバイクをふったら・・・、 
いきなりフロントが「グリップねっ!」 
あっつう間に、ひっくり返りました。 
 
 
原因は・・・、 
スポーク折れによるエアー漏れからの、ビート落ち。 
チューブレス化の思わぬ弱点。 
 
 
危ね〜。 
もし本線をあと500m走ってたら、時速100キロで転倒です。 
 
 
 
あっ、自走不可だったので、エアプランツさんにレスキューしてもらいましたが、 
速度が遅かったので、体もバイクも大したダメージはありませんでした。 
買ったばかりのクシタニのメッシュパンツは・・・、たった二回のツーリングで元とっちゃった♪ 
 
さてと・・・、修理だな。 
 
 
【不思議な後日考?】 
スタンプラリーのシート、実はこの時も持っていて、いつもと違うポケットに入ってました。 
シートが見つからなくて早く帰る気になったから、 
エアプランツさんを目指す事になって、 
いつもならもう少し走ちゃう(GSがあるSAまで)ところを、違うPAに寄る気になりました・・・。 
 
ありゃりゃ?なにかが護ってくれたのかもしれませんね〜。 
たぶん、激しいオフを突破した時点で、トラブルのタネは発生してたんでしょう・・・。 
 
皆さんも、いつもと違う事があった時はご注意を♪ 
 
 
| Comments(0) |

須賀川カブフェス 2018/5/13(日)

カブ乗りではありませんが・・・。 
スタンプラリーの縁で、ちょこっと覗きに行ってみました♪ 
GBの状態にも少し良さそうな手が打てたので、テストランです。 
 
カブのミーティングを見るのは初めてなのですが、 
カブってルール無用なノリで楽しかったです。 
私的には、まったく別の生き物になっちゃってる系に興味が湧きました。 
 
 
お気に入りはコレ♪ 
ミニチュアのトラですね〜。 
駐車場で行き逢あって、 
思わずパチリ♪ 
 
私よりずっと先輩格の年齢の方でしたが、このいっこ前の全身画像では、 
「もう本物の乗れないしね〜。」 
と胸を張った満面の笑み♪ 
 
なんか良いなぁ♪ 
いつか、V7ルックのカブなんか作っちゃおうかしらん♪ 
 
 
っで、GBの方は・・・。 
結局のところ、イマヒトツ。ちょっと年齢が目立ってきているような・・・。 
なんだか天候で電装がご機嫌ななめになる傾向。 
 
大好きなバイクなんだけどなぁ・・・。 
 
 
| Comments(0) |

2018・白河関通行手形 2018/4/8(日)

今シーズンも通行手形が始まりました。 
エントリーせねばなりません♪ 
白河関の関守亭さんへ向かって、ゆっくり目の出発です。 
 
ずっとV7に乗ってばかりだったので、今日は気分を変えてGBを引っ張り出してみます。 
一度原点回帰して、違いを実感してみようという作戦です。 
 
久々にGBにまたがってみると・・・、ちっちゃ。(笑) 
V7って、見た目はコンパクトですが、実はそこそこ大きい事が良く分かります。 
 
走り出します。東北道に乗って北上開始。 
感じるのは、「ノンビリしててイイなぁ〜。」という事。 
GBは、シングルエンジンとしては高回転型なエンジンを搭載していますが、 
それでもシングル独特の鼓動感があります。 
なにより、バイクが軽い♪ 
 
佐野で軽食を済ませ、さらに北上。 
宇都宮を過ぎたところで・・・、最初のトラブルに見舞われます。 
 
それまで良い天気だったのに、進むにつれ、曇りはじめ、ついに大粒の雨が・・・。 
そしてそれは、まさかの雪に変化。 
 
本日の天気予報は・・・。 
「晴れ。気温は低く、風が強い。東北地方は山間部の雪に注意。」でした。 
 
確かに、宇都宮以北の一部は、 
ピンポイントで荒れた天気(夏なら大夕立)になりやすいのですが、ここで既に雪って・・・。 
 
慌てて上河内SAに逃げ込みます。 
体が冷えてしまいそうなので、まずはカッパを着込んでから一服プカリ・・・。 
「あ〜、ウグイスが鳴いてる〜。」と現実逃避して過ごします。(笑) 
30分くらいで、雨が小降りになってきました。 
 
福島側に入ってしまえば再びお日さまにあえそうなので、 
気を取り直して頑張ってみる事にします。 
 
 
ここで二つ目のトラブルが発生します。 
「ありゃ?セルが回らん・・・。」 
ちょうど昨日、バッテリーを新品にしたばかりです。追充電もしてあるんだけど・・・。 
セルスイッチをおしたら、「カチ」といったきり静かになっちゃいました。 
電圧計を見ると、電圧自体には問題ありません。 
 
バッテリーを交換したくなるくらいですから・・・。 
実は、ここのところキック始動練習はたっぷりしてありました。(笑) 
キックで始動にトライ。成功♪ 
「う〜ん・・・。今日は通行手形のエントリーだけにするか・・・。」 
と再出発。 
 
那須高原SAのETCゲートでおりて、下道をトコトコ。 
久々のGBは、やっぱ癒されますな〜。 
 
白河関では、かたくり祭りが開催されており、そこそこの人出。 
 
 
ちょうど桜が満開♪ 
 
 
喫煙スペースから見える桜が綺麗で、またまたプカリとやりながら、 
しばしボケ〜っとします。 
 
 
 
 
 
 
ここまで来ると、もう少し走りたくなります。 
少し、スタンプ集めをする事にしました。 
 
須賀川へ向かい、牡丹園〜ベスパンとめぐります。 
ベスパンさんに着くと、ちょうどご主人がいて、声をかけてくれました。 
お店の横にガレージが建っていて、中に入れて貰いました。 
 
このガレージ、お店の駐車場に面してまして・・・。 
ウチと違って、人に見せられるガレージです。 
キャンプが趣味のようで、壁際には、コレクションのランタンが並んでいます。 
格納されている車両の中には、V7も発見♪ 
 
この日は残念ながら風が強く、山は大荒れ。 
「羽鳥湖くらいまでは行きたいんですけど・・・。」 
と話すと、「今日は天栄までくらいにしといた方がいいよ」と 
アドバイスを貰い、本日の最終目的地決定。 
 
 
道の駅「天栄」で本日のシメのスタンプをゲット。 
 
東北道に乗り、 
南下を開始します。 
 
 
 
 
 
 
 
ここから、最後のトラブルが始まっちゃいます。 
途中、休憩に寄った那須高原SAで、早速始動困難・・・。 
何度かキックをしたり、スターターリレーを叩いたりしていたら、 
テスターを差し出してくれた方もいました。ご自身もバイク乗りなのだそうです。 
ありがたや・・・。 
 
幸い、次のキックで始動に成功。再び出発・・・。 
 
 
イマイチに不安もあるので、渋滞を交わして佐野でおり事にしました。 
「そう言えば、クラッチワイヤーが切れた時もここで降りたっけ。」 
と思って走っていると、更に重症化・・・。 
 
最終的に、バッテリーが切り離されて、 
発電した分だけで走ってるような状態になっちゃいました。(泣) 
 
 
ともあれ、 
今シーズンのGBは、 
この距離からスタート。 
 
 
 
う〜ん・・・、電装か・・・。 
今シーズン中に、 
無事復活できるのか〜。(涙)
| Comments(0) |

東北行♪・その三 2017/8/28(月)

秋田をたち、少し北へ向かいます。 
目指すは、かつてイーハートーブトライアルで走ったエリア。 
簡単に言うと・・・、っま、ワタシ自身が楽しかったエリアを好き勝手に走らせて貰う算段。(笑) 
同行の方が取ってくれた今夜の宿も、偶然にも「国民宿舎くろさき荘」。 
イーハートーブトライアルゆかりの宿です。 
 
狙うルートは、秋田〜八幡平〜葛巻。 
ちょうど昨日まで、イーハートーブトライアルが開催されていました。 
景色が良いエリアなのですが、 
残念なのは、どうやら今日は天気がよろしくないってところでしょうかね〜。 
 
 
八幡平アスピーテラインを 
通り、東北道を横切って、 
七時雨山荘へ。 
 
 
ここからは 
ツートラルートを参考に 
葛巻へ向かいます。 
 
 
 
 
 
葛巻に入り、ツートラ指定であったGSで給油・・・。 
本当はツートラ通りの「レストハウス袖山高原」でカレーにしたかったのですが・・・。 
葛巻到着時点で腹が減ってしまい、近所の食堂を物色します。(笑) 
飛び込んだのは、「松山食堂」さん。 
 
 
頂いたのは、ラーメンとカツ丼のセット。 
 
どうやら地元の方が 
よく利用する食堂らしく、 
安心のおいしさ♪ 
 
 
 
 
 
 
レストハウス袖山高原で小休止。 
ここは、風力発電施設もあり、景色の良い場所なのですが・・・、 
やっぱり今日は、残念な天気です。 
 
ここからは、海まであと少し。 
さすがにスペシャル林道を通る訳にはいきませんから、国道340号へ降ります。 
 
455号へ移り、ちょっと曲がる所を間違えて・・・、 
ついでに「ここが龍泉洞か〜。」とかやって道を戻ります。 
 
県道173号〜国道45と繋ぎ、普代村へ到着。走行距離約300キロ。 
温泉と、美味しい食事で夜が更ける・・・。 
 
| Comments(0) |

東北行♪・その二 2017/8/27(日)

山形の夜が明け・・・。 
本日は、月山〜鳥海山〜海沿いに秋田を目指す作戦。 
今回はビジネスホテル主体なので、 
去年の健康ランド作戦に比べると、なんだか余裕がある気がします。 
 
宿を後にして、朝飯探しから一日が始まります。 
まあ、これも去年のお約束ですが、吉野家を探してウロウロ。(笑) 
朝定もいいが、お腹に優しそうな牛丼で今日を開始します。 
っま、昨夜もたくさん呑んだって話しです。(笑) 
 
最初の目的地は月山。夏スキーの有名どころです。 
若かりし日に毎週スキーな状態になった事もある身としては、ちょっと興味がある場所です。 
 
月山の最上部の駐車場へ。登山客が沢山いました。 
駐車スペースを探してウロウロ・・・。 
 
車は停められない状況でしたが、バイクならなんとか停められそうです。 
2台が別々の場所へ停める形で一休み・・・。 
 
私がバイクを停めた場所は、他のバイクが停まっていたすき間でした。 
停まっていたのは、宇都宮ナンバー・・・。およ、こりゃあ私の地元みたいなエリアから来てますね〜。 
っと、そこに登山の恰好をした方が近づいてきました。 
 
言葉を交わすと、夏休みを利用してバイク+登山を楽しんでいるとの事。 
バイク旅しながら、登山も楽しんでいるそうです。 
今日も朝一で山頂まで行ってきたんだそうで・・・、いろいろな楽しみ方がありますね♪ 
 
夏スキーのメッカだけあって、スキー板を担いで登っていく方の姿もありますが・・・。 
残念、駐車場からは滑れるエリアは見えませんでした。 
 
 
続いての目的地は鳥海山。こちらも有名処です。 
国道112号へ出て、県道44号へ。 
庄内こばえちゃラインを走り、秋田方面へ。 
このこばえちゃライン、田んぼの中を、延々直進な感じで鳥海山に向かいます。なかなか気持ちの良い道でした。 
 
 
鳥海山に登る峠に入ります。 
走りやすい道を気持ちよく登っていくと、80年代のバイクが3台。 
どうやら仲間でツーリング中のようです。 
 
ちょうど車に引っ掛かった形のまま、ノロノロと走っています。 
追い越し可の道路でしたので、1台がしびれを切らして前にでます。 
・・・もーれつな白煙とともに。2stでした。(笑) 
物が1KTでしたので、明らかにオイル吹き過ぎ。 
 
後の2台は・・・、車の前に行く気がないようです。 
一台はメットの前で手を振って、1KTの排気煙に対して「ケム〜」アピール・・・。 
 
困った。グループツーリングで、この動きでは、迷惑なだけですねぇ。 
行くのか行かないのか、ハッキリして貰わないと・・・。 
車の後ろに残った2台が道を譲ってくれれば、こちらも車を抜けるのですが、 
車を挟んで仲間のバイクと別れ別れでは、たぶんそれも無いでしょう・・・。 
 
後ろの私達を気をかけている風もありませんし、走りも半端で、後ろについていても、ヒジョーに走りづらい・・・。 
たまらず、駐車場見つけて小休止。 
時々使う手なのですが、前が詰まってしまってイライラしながら走るくらいなら、 
いっそ休憩してしまおう作戦です。 
 
 
 
っと・・・、突然、爆音とともにヘリが登場。 
 
 
頭の上を異様な低さで飛び、 
尾根の向こうへ消えていきます。 
 
 
なんだ、なんだと先へ進んでみると、 
もう一段上の駐車場で、ホバリングしながら、 
何度も建設資材を吊り上げては、 
山の上へ飛んでいきます。 
 
 
今回のツーリングは、 
なんか乗り物に縁があるかも〜。 
 
 
 
 
 
 
 
最上部の駐車場にたどり着くと・・・。 
そこは絶景でした♪ 
 
 
画像では伝わりにくいのが 
残念ですが、 
寒風山以来の 
眺めの良さです。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
海沿いへ出て北上。 
途中の道の駅でイカ焼きに舌鼓をうってから秋田市内へ到着♪ 
 
二日目の宴は、居酒屋でナマハゲと秋田弁をつまみに一献。 
隣の席の夫婦と盛り上がりながら夜が更けていきました。
| Comments(0) |

東北行♪・その一 2017/8/26(土)

夏休みです♪ 
 
昨年の東北行のメンバーのお一人から企画が持ち上がり、早い時期からお誘いがありました。 
去年の珍道中トリオでのツーリングを目指したのですが、 
お一人だけスケジュールが合わなかった為、今年は二人で珍道中アタックです。 
 
今年の珍道中は・・・、栃木〜福島〜山形〜秋田〜岩手のルート。 
今回の日程で青森をターゲットにしなかったのは・・・。 
 
ワタシメにも、去年、一味をヘロヘロにしながら帰ってきた経験を、 
少しは反省出来る分別が残っている証しかも。(笑) 
 
さて、今年のワタシメのバイクはGBです。 
「なぜ、ホネで行かない?」と聞かれそうですが・・・。 
長距離ではとても頼りになるホネ助ですが、今回はノンビリ旅をしてみたくなったって話しです♪ 
 
 
「せっかくだから、出来るだけ下道をノンビリ行きましょう♪」とお伝えしていたので、 
東北道・佐野SAで待ち合わせたのに、宇都宮ICで高速を降りちゃいます。 
 
ここから、まずは鬼怒川温泉を目指してGO! 
・・・は、良かったのですが、旅の始まりで、早速、雨の洗礼を受けました・・・。 
残念ながら、早くもカッパを着込みます。 
 
鬼怒川温泉〜いかり湖と抜けて、福島県へ突入。 
私の都合でスタンプラリーのCPへ寄らせて貰い、西会津を抜けて喜多方へ向かいます。 
 
 
磐越西線沿いに山都町に入ったところで、踏切に引っ掛かりました。 
すぐそこに、ちょうど駅があるようです。 
 
「なかなか開かないなぁ・・・。」 
っと思いつつ、辺りを見回すと、カメラを構えている方がいます。 
 
っと、突然「ボォー!!」と汽笛の音が。 
そう言えば、この辺にも人気のSLが走っていると聞いた事がある気が♪ 
「おっ?」と思い、バイクの上でカメラを取り出すと・・・。 
 
 
現れたのが、こちら♪ 
「SLばんえつ物語」号です。 
 
C57。 
Cで始まる機関車は、 
確か、動輪の大きくて 
スピードが出るタイプ。 
旅客用の機関車です。 
 
綺麗な車両でした♪ 
 
 
メカ好きとしては「イイモン見れた♪」とか思いつつ・・・。 
踏切が開いちゃったモンで、慌ててカメラのストラップを口に咥えて再スタート。(笑) 
走りながらベルトポーチに放り込みます。 
 
 
喜多方では、もちろんラーメン。 
同行の方ともかつて行った事のある「赤レンガ」さんへ。 
 
 
食事を済ませ、国道459号線を走り、檜原湖へ。桧原湖の湖畔で北上を開始します。 
 
 
檜原湖の北端からは、県道2号へ入ります。 
ここから北は、 
いよいよ日帰りツーリングでは到達困難な、 
未知のエリアになってきます。 
 
 
県道2号は走りやすい道でした。 
良いペースで、登っていきます。 
 
画像は県道2号線途中の 
東鉢山七曲りと言う場所です。 
景色の良い場所でしたよ♪ 
バイクを撮る都合で、 
見下ろす景色に背中を向けて 
シャッターを押しちゃいましたけどね。(笑) 
 
 
 
 
 
 
 
今回は連泊ツーリングですので、さほど急がなくて済みます。 
大きな市街地をよけて走ってみようと米沢市街は迂回。 
微妙に地元の抜け道のような所を走ります。 
 
山形市に到着。 
走ってみての印象は・・・、山形、良さそうですね〜。 
峠でも道が広く、アップダウンも適度な所が多いので、気持ちの良い道が多かったです。 
 
ウチから日帰りだと、山形に入るのは南側のみになりがちです。 
「着いた〜。さて帰るぞ。」 
になってしまうので、いまいちピンと来ていませんでした。 
どうやら、じっくり走ると楽しそうですね〜。 
 
今夜のお宿はビジネスホテル。 
本日の走行距離は400km強でした。 
 
ちょうどホテルの前に居酒屋があり、軽く宴で、第一日目終了です。 
 
| Comments(0) |

クマ〜。(汗) 2017/6/11(日)

白河関通行手形な旅で、福島を走っておりました。 
なんとなく天気に恵まれず、転進を繰り返して、東側から背あぶり山へ突入。 
 
 
頂上付近に差し掛かったところで、行く先の路上に動物を発見。 
「猿・・・、にしちゃあ太いか?犬・・・、にしちゃあ黒いなあ?」 
「うひゃ〜、子熊ときたか〜。(汗)」 
 
ツーリングで、しかも普通の舗装路の上で、子熊に遭遇するとは思いませんでした。 
 
 
子熊がいるって事は、近くに親熊がいるって事で・・・。 
いつ「ワレ〜、うちの子になにしとんじゃあ!!」と、ボスキャラ出現となるか分かりません。 
 
幸い、私に気が付いた子熊は、トコトコと路外に去って行きましたが、 
こちらは一旦停止すらできません。 
そお〜っと、その場を通り過ぎてきました。(汗) 
 
 
コワイコワイ。 
 
 
| Comments(0) |
>> NEXT
Search  Phone Master