ここの場合の「ノーガキ」は、
「ノーガキばっかりタレてないで、とっとと体を動かせ!」
なんて時に言うところの「ノーガキ・・・。」です。(笑)

特にジャンルに関係なく、思った事や出来事をポツポツと書いていきます。
まぁ、お暇な方は、ほんのお目汚しに・・・。

〜〜 おぎちゃんの日曜日 (MainWebSite)放課後の原っぱ (MainBBS)mail 〜〜


2018年 6月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30



〜〜「ノーガキ・・・。」一覧〜〜
8/11(土) 夏休みキャンプ♪(....
8/10(金) 夏休みキャンプ♪(....
7/29(日) 積んでみた♪
7/16(月) 親戚サービス?
6/24(日) 白河関通行手形
6/09(土) くら〜っしゅ(泣)
5/13(日) 須賀川カブフェス

* 「ちょいとノーガキ・・・。」Topへ

夏休みキャンプ♪(その2) 2018/8/11(土)
| etc |

キャンプ二日目。 
何故か、キャンプの日は不思議といつも日が出る頃に目が覚めます。 
昨夜は寝不足ギミのハズなのですが、この日も早く目が覚めました。 
・・・、遠足効果?(笑) 
 
 
天気は夜間のうちに回復して、東古屋湖は幻想的な雰囲気。 
 
どうやら、今日は天気がよくなりそうです。 
 
炭火を起こして、早朝からうつらうつら。 
やっぱキャンプベットが欲しいなぁ・・・。 
 
 
 
 
少し日がさしてきました。 
 
こちらは、本日のキャンプサイトの様子。 
 
 
すっかり様変わり。(笑) 
 
 
 
 
 
 
久々に、タープが雨避けに役立った訳ですが・・・。 
ウィングタープ、確かに四隅で立ち上げる昔ながらのタープより雨風には強いのですが、 
やっぱり、それなりにフォローがいるのを思い出させられました。 
 
かっこや重さはともかく、やっぱり自立型は強いなぁ・・・。 
なんせ、寝るときに、溜まった雨の重さに潰される心配をする必要がない。 
今時なら、軽くてかっこ良い自立型なんてのもってあるんじゃないかしらん・・・。 
 
 
お昼すぎ頃、友人が到着しました。 
偶然にも、この方もハンモックスタイル。装備がすごく良く似ています。 
違いは、言ってみれば滞在型キャンプなのか、移動型キャンプなのかと言うところ。 
 
この友人の場合、就寝場所としてハンモックを吊ってタープを張った後、 
タープの前に焚火台やらイスを出してお店を広げます。 
タープ下は就寝スペースで、宴会場はタープの外。 
 
こすげさんの場合は、ハンモックはイス兼用。 
小さな自作の炭コンロを用意して、全てタープ下で過ごします。 
バイクがSDRだからってのもあるのですが、移動型なので装備が極端に少ない。 
翌朝には、サッと片づけて走り始める為の装備。 
 
グループキャンプだと、一番大きなタープが集会場になるので、 
昨日はついこすげさんの前にタープを張ったんだけど・・・、悪い事しちゃったかな。 
 
友人と宴開始・・・。 
ダラダラと過ごし・・・、この日もTLは降ろさず。(笑) 
 
 
| Comments(0) |

夏休みキャンプ♪(その1) 2018/8/10(金)
| etc |

え〜、キャンプに行ってきました。 
まずは、改めて日記にしようと思ったら驚いた事が一つ。 
ウチのカテゴリー分けに、キャンプがない・・・。。 
タハハ、どんだけ純キャンプってしてないんでしょう。(笑) 
 
 
久々に、GWにキャンプしてみた結果・・・。 
四輪キャンプの楽しさを再発見した物の、なんだか、自分の道具の状態にはがっかり・・・。 
 
長年に渡り・・・。 
ちょっと引っ張り出して使っては、ちょこっと干して仕舞うなんて運用を繰り返していました。 
まぁ、仕舞方はおさえていたのでコンディションは悪くないのですが・・・。 
とにかく徹底的に整理が出来てない。(汗) 
 
かつては大きめのクリアBOXを二つほど車に放り込めば、 
いつでもキャンプに出掛けられたんですけどねぇ・・・。 
 
要るモンだけ引っ張り出しては、 
乾かしてテキトーにクリアBOXに放り込む運用を繰り返していたので、 
何がどこに入っているか、見当もつかない状態です。(笑) 
 
一度道具の整理をしてみようかと思い・・・。 
とにかく使わないであろう物や二種類持っている物まで、手当たり次第に車に放り込んで出発。 
そうそう、二泊のキャンプなので、おもちゃも必要です。TLと毛鉤巻きセットも搭載♪ 
 
 
場所は初訪問の東古屋湖キャンプ場。 
とにかく近くて、あまり混まなそうな場所を選んでみました。 
近いのでノンビリ現地を目指します。まぁ、リハビリですから♪ 
 
今回は、二人の方をお誘いしています 
お一人は、エアプランツのこすげさん。 
いつもSDRでお世話になっている方で、 
「いつか子供逹が無事に巣だったら、SDRで旅に出るんだ♪」と着々と装備を吟味中。 
デイキャンプで、お付きあいしてくれます。 
 
もうひと方は、古くからの友人。 
二泊目に合流し、ワタシとは一日ずれて二泊の予定です。 
 
現地近くで買出しを済ませて走り出すと、こすげさん「着いたよ〜。」との一報。 
いかん、出遅れたか・・・。いそいそとキャンプ場へ向かいます。 
 
キャンプ場到着。 
管理棟で受け付けを済ませ、キャンプサイトへ向かうと、ちょうどこすげさんが歩いてきました。 
着いた時には、管理棟が開いておらず、設営を済ませてから受付にきたとの事・・・。 
 
こすげさんのサイトは、超シンプルスタイルでなかなかの逸品です。 
2本の木の間に、小さなタープを張って、ハンモックを吊り、基本的には以上で完成。 
カスタム得意のエアプランツさんらしく小技を利かせ、 
バイクその物をポールの一部として使えるようにしてあります。 
このポールでタープの全面を持ち上げて視界も良好。 
これで一通りのキャンプ道具を積んで、SDRで来ちゃうんだから・・・、流石ですな。(笑) 
興味のある方は、エアプランツさんのサイトへどうぞ♪ 
 
対して、今回のワタシメは、道具整理キャンプなので、装備満載。 
ざっと、ほぼ、すべての道具が2セットあります。 
いや〜、車が重い重い。(笑) 
 
 
設営完了。天気快晴♪まったりタイム開始です。 
しばし、だべった後、こすげさんはお昼寝・・・、ハンモックが気持ちよさそう♪ 
私の方は、ビールをチビチビやりながらマッタリ過ごします。 
 
キャンプでのお昼寝・・・。意外とハンモックでも吊ってないとなかなか出来ないんです。 
イスで寝てもいいんだけど、完全には横になれない。 
マットで横になるにしても、 
テントの中は灼熱地獄になるし日の下で寝れば、後の日焼け地獄が待ってます。 
うむ、近々、お昼寝装備も考えよう♪ 
 
 
夕方・・・。雲行きが怪しくなってきました。どうやら一雨きそうです。 
こすげさん、撤収・・・。 
 
やがて・・・、雨が降り始めました。大雷雨となって。(汗) 
 
 
東古屋湖キャンプ場は、 
ダム湖のほとりです。 
 
地形は谷のような作り。 
両側の山の頂上付近に、 
バシバシ雷が落ち始めます。 
 
 
「こりゃイカン。」と車に避難・・・。 
 
 
 
幸い、谷形状の地形が味方してくれて風はありません。 
今回は、テントもダンロップなので、雨はなんとかなるのですが・・・。 
 
 
雷はアカ〜ン。 
車を木から離して 
そのまま車中待機・・・。 
 
 
あっと言う間に、 
タープ下も浸水・・・。 
 
ありゃまぁ・・・。 
 
 
 
あたりは、段々と薄暗くなってきました・・・。 
しばらくして、雨は降っているものの、雷は落ち着いてきました。 
「チャンスか?」と重い腰を上げ、一気にキャンプサイトのレイアウト変更・・・。 
 
っま、今回はそれこそ装備が約2セットありますので・・・、 
タープ2号機を設置して、荷物を移動。タープ1号機は90度振ってテントの雨避けに・・・。 
 
ソロキャンプで雨の夜間にコレをやったんだから・・・。 
まぁ、キャンプ勘を取り戻すにはいいリハビリになったかな?(笑) 
 
この後・・・、結局、夜間の雨はちょっと怖い感じで降ってました・・・。 
雷は収まって、風も無いのですが、「ダー」っと音が鳴り続ける状況。 
「災害」って言葉が頭に浮かぶほど・・・。 
 
時折の雨が弱ったスキを見て、 
タープ2号機下で炭を御こして、ちゃっちゃとメシと晩酌を済ませ・・・。 
結局、安全策をとって車中泊で終了。 
 
 
いや〜個人的キャンプ泊史上、最強の雨だったかも〜。(汗) 
怖い怖い。(笑) 
 
 
| Comments(0) |

積んでみた♪ 2018/7/29(日)
| TL125 |

 
久々に・・・、このスタイル♪ 
って、言っても、 
まぁ、キャンプに行きたくなって、 
浮かれてオモチャを積んでみたって話なんですけどね。 
 
 
そろそろ夏休みシーズン。 
 
今週末はSUGOの2stミーティング。 
そして、来週末は夏休みを分割取得しての、 
三連休からのキャンプです♪ 
 
これから、SDRのロンツーと、 
ダラダラキャンプが待ってま〜す♪ 
 
 
 
楽しみだ〜♪ 
なんだか夏休み前の小学生のよう浮かれております♪ 
 
 
| Comments(0) |

親戚サービス? 2018/7/16(月)
| etc |

3連休はキャンプへ行ってきました。 
妹夫婦に誘われて、群馬の川場方面へ2泊のキャンプ♪ 
 
あまり親戚付き合いが無いワタシメですが、ここには唯一の甥っ子一味がおりまして、 
中学生が一人と小学生が一人。 
 
上の子は、そろそろ大人とは遊んでくれないお年頃に突入します。 
「最後だよ〜。」的な意味もあって誘ってくれたんでしょう。 
 
っで、妹夫婦+友人家族の構成になりまして、 
これで中学生1名の小学生3名の部隊編成に拡張。 
・・・、ちょっとした遠足ですな♪(笑) 
 
引率(笑)をやり切れるか、一抹の不安を感じていました・・・。 
無事、任務終了♪ 
 
 
宴会キャンプではない、まともなキャンプは久しぶり。いろいろと再発見もありました。 
 
その一 
これは想像通りですが、ランタンはどこのテントもLED。 
最近のLEDランタンは、どうやら虫があまり寄ってこないみたいね〜。 
 
その二 
水タンクは使わない。 
「その三」で理由は書きますが、水場が完備されているので、 
なにかにつけて炊事場に移動します。 
タンクに水を汲んでおいておいたら、これだけで、夏の思い出ができちゃったみたい。(笑) 
 
その三 
「ウチの子も、いつかはキャンプデビューさせなきゃ・・・。」 
ってのが、最近の親たちの課題の一つらしいです。 
っで、妹夫婦は、経験者なのでまだ良いですが、 
親が未経験だとかなりハードルが高いようです。そりゃそうだわな・・・。 
っで、炊事場はもちろん、 
「携帯圏内・電源あり・シャワー(or風呂)あり」ってなキャンプ場が増えると・・・。 
だから、水道みたいな蛇口の付いた水タンクなんか、子供達は見た事が無いっと・・・。(笑) 
あっ、空振りは命取りなので、事前予約が出来る事も重要なポイントなのだそうです。 
ちなみに、今回は、あえて携帯圏外を選択したとの事・・・。 
 
 
番外編一 
中学生の甥っ子が、大の魚喰い。 
今回のリクエストの「釣りに行きた〜い♪」要望は、これが原因でした。 
管理釣り場に併設された子供釣り堀に行って、釣った魚を焼いて貰ったら、 
自分の分はもとより、他の子が残した魚の頭まで、ペロリと平らげておりました。 
 
キャンプ場へ持ち帰った分も・・・。 
炭火を用意してやったら、じっくりキレイに焼いておりました。 
自分では火も起こせないクセに。(笑) 
っま、まともな釣りをしたいとイイだしたら、フライフィッシィングでも教えてやりますかね。 
 
番外編二 
両家族とも、目方売り方式の釣り堀を知りませんでした。 
「釣るぞ〜。あれ?兄貴はやんないの?」 
「オレが一緒に釣ったら、釣れすぎてエライ事になる・・・。」 
「え〜、釣ってなんぼでしょう〜。」 
「いや、子供を見張ってるよ。」 
 
目方売りの仕組み・・・。 
軽く説明したつもりだったんですが、もっとちゃんと言ってやれば良かったかも。 
「釣りを楽しんで貰って、買い取ってもらう」事で商売が成り立っていますので、 
開始5分で両家のお母さんの悲鳴(?)が聞こえ始めました。 
あたりはあるけど、エサをとられやすいイワナ池に移動。 
管理釣り場併設だけあって、ちゃんとそういう池が用意してあるのが良心的。 
ギリギリセーフ♪ 
 
 
っま、一応、楽しんで貰えたかな? 
 
私自身も、車載のキャンプは久々でした。 
便利道具をいっぱい積んでのキャンプ、たまには悪くないですね♪ 
っま、一人じゃ、出来ないけどね〜。(笑) 
 
 
| Comments(0) |

白河関通行手形 2018/6/24(日)
| SDR |

GBで涙のくらっしゅに終わった先のツーリング・・・。 
心のキズは大きい(笑)ですが、気を取り直してツーリングへ出る事にしました。 
バイクは順番的にSDR。 
 
まずは、東北道・宇都宮ICへ。 
そこから下道に降りて、北上開始。 
目的地は、スタンプラリーのCPの「いわなの里」です。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
五十里湖を通り、会津田島へ。R289を通って只見町へ。 
ノンビリと走れて、癒され感満載のルートです。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コチラは、「いわなの里」で頂いたいわなのカラアゲ。 
ここは、数年前に水害にあい、今はまだ再建途中です。 
ファミリー釣り堀メインになっていますが、元々は養殖業が主体のようです。 
頂けるのは、ここの施設で育てた完全養殖のいわな。 
この為、普通は寄生虫が心配で食べられない、刺身なんてメニューもあります。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
っで、この後は・・・。田子倉湖を抜けて、新潟へ。 
見えているのは、たぶん、八海山。けっこう走りました♪ 
 
 
このルート。逆回りしたのは初めてだけど、こっちもイイなぁ。 
最後に新潟に抜けるのは、時間的に勇気がいりますけどね〜。 
| Comments(0) |

くら〜っしゅ(泣) 2018/6/9(土)

この日の目的地は福島の布引高原。 
よく猪苗代湖方面からの帰り道で、294号線で湖南町あたりから南に進んでいると、 
西側に見える場所です。 
なぜ、ここが目につくかと言うと、風力発電設備が沢山建っているから。 
 
猪苗代湖の西には、背あぶり高原という所があって、ここの風車も良く見えます。 
山の上に見える布引高原は、更に規模が大きい気配があり、気になっていました。 
 
先週もV7で福島ツーをやってまして、帰りにアタックしてみましたが、 
その時のルートは、結局オフロードへ突入してしまい林道の入口で撤退・・・。 
今週は布引高原そのものを目的地として、リベンジの再アタックです。 
 
新しいルートを開拓したくて、前回の北からのルートでは無く、 
南の羽鳥湖側から現地を目指してみます。 
事前にグーグル先生と相談した結果から、 
このルートも途中でオフになってしまう見込みでした。 
 
慣れないV7では、未知のオフロードは苦しいですが、 
馴染みのGBならソコソコと所までは行けるハズ・・・。 
 
 
見込み通り、最後の4〜5キロ区間でオフに突入。 
一応、最近補修が入ったらしく、少しぬかるんでいる場所もありますが、フラットな状態です。 
 
 
エッチラオッチラと走り、 
やっと布引高原へ到達。 
突然、視界が開けて幻想的な風景が広がりました。 
 
さて、次。 
先週、勇気ある撤収(笑)をした後、 
帰りがけに、どうやらバスも通れる正規ルートらしき道の入口は発見出来ました。 
 
 
っで・・・、既に発見済のルートなので、なんとなくそこに出るのは、気に入らない。(笑) 
 
スタンプラリーの都合で、出来ればこのまま西会津を目指したい事もあり、 
地図を眺めて、邪な考えが湧きました。 
もう4〜5キロがんばってオフを走り抜ければ、猪苗代湖方面では無く、 
山一つ分西の、東山温泉方面にでられそうだなぁ・・・、と。 
 
 
来た道を少し戻り、途中の別れ道で北へ向かえば、 
おそらくは先週V7で諦めた林道に続いているはず・・・。 
そもそも、今日はオフ走行を覚悟して出て来てますので・・・、アタック再開。 
 
オフロードを戻り、分岐点までたどり着くと、KTMの大型のオフ車が一台停まっていました。 
このルートの常連さんのようです。 
聞けば、布引高原を目指していたが、仲間が道を間違えて進んでしまい、 
別の仲間が呼びに行っているとの事。 
 
わざわざ、林道アタックのオフ車が駆け上がってくる事が分かっていて、 
そこに突っ込む必要はありません。 
この分岐から眺めた道の入口は、水が流れた跡で大きく掘れています。 
情報収集も兼ねて、KTMの方とおしゃべりしながら、仲間の方達の到着を待ちます。 
 
やがて、遠くからバイクのエンジン音・・・。 
「けっこう攻めてるなぁ・・・、ありゃ?静かになった・・・。」 
などとやっていると、1台のオフ車がやってきました。 
「いや〜調子にのって飛ばしたらコケた〜。ミラーがどっかいっちゃった♪」 
なんとも勇ましい・・・。(笑) 
 
どうやら仲間の方達は、そこそこ先まで走ってしまい、引き返さない事になったようです。 
 
先の様子を聞いてみました。 
一番荒れてるのは、今見えている場所で、この先も掘れている場所は結構ある物の、 
ゆっくり行けばGBでも抜けられそうとのお話。 
 
お二人を見送り、走り始めます。 
GBの上で、ガッチャンガッチャンと揺すられながら、荷重抜重を繰り返します。 
「なんかトライアルやってるみたい・・・。」 
 
途中、何度かオフ車のグループとすれ違ったり先に行かせたりしながら、 
やっと舗装路へ出ました。 
予想通り、出た場所は先週V7でたどり着いた場所。 
このルートは、地元のオフ屋さんの大好物ルートだったようですね。 
 
「ハゲしかったなぁ・・・。」と一服。この先の作戦を考えます。 
スタンプラリーのシートを取り出そうとすると・・・、無い。 
そう言えば先週のツーリング中、ちょっと邪魔になって、いつもと違う場所にしまったような・・・。 
どうも、痛恨の忘れ物したようです。 
 
「疲れちゃったし、布引高原訪問は達成したし・・・。」 
今日はスタンプを諦め、ラーメンを食べて、エアプランツさんを目指した目指す事にしました。 
エアプランツさんは、オフが大好物。「スゲー道だった!」の報告に向かう作戦に変更。 
 
東山温泉まで出てから、南下を開始。 
まずは、再訪問の「ばんげやさん」で遅いお昼です。 
 
ラーメンとチャーシューメンしかメニューがないのですが、 
また食べたくなる美味しさのお店です。 
 
帰路に着きます。 
甲子トンネルを抜け、白河中央から東北道へ。 
南下を続けていると、ナビのルートが少しいつもと違う事に気が付きました。 
矢板で高速を降りろと言っている気配・・・。 
 
自宅では無くエアプランツさんを目的地にしているから、あってると言えばあっている気もする・・・。 
給油のタイミングと合わせて一度ルートを確認したいところですが、タイミングが合わず、 
GSの無い矢板北PAで一度停まる事にしました。 
 
本線で減速。流出車線へ入り更に減速・・・。 
最後に駐車スペースに向かおうと、左にバイクをふったら・・・、 
いきなりフロントが「グリップねっ!」 
あっつう間に、ひっくり返りました。 
 
 
原因は・・・、 
スポーク折れによるエアー漏れからの、ビート落ち。 
チューブレス化の思わぬ弱点。 
 
 
危ね〜。 
もし本線をあと500m走ってたら、時速100キロで転倒です。 
 
 
 
あっ、自走不可だったので、エアプランツさんにレスキューしてもらいましたが、 
速度が遅かったので、体もバイクも大したダメージはありませんでした。 
買ったばかりのクシタニのメッシュパンツは・・・、たった二回のツーリングで元とっちゃった♪ 
 
さてと・・・、修理だな。 
 
 
【不思議な後日考?】 
スタンプラリーのシート、実はこの時も持っていて、いつもと違うポケットに入ってました。 
シートが見つからなくて早く帰る気になったから、 
エアプランツさんを目指す事になって、 
いつもならもう少し走ちゃう(GSがあるSAまで)ところを、違うPAに寄る気になりました・・・。 
 
ありゃりゃ?なにかが護ってくれたのかもしれませんね〜。 
たぶん、激しいオフを突破した時点で、トラブルのタネは発生してたんでしょう・・・。 
 
皆さんも、いつもと違う事があった時はご注意を♪ 
 
 
| Comments(0) |

須賀川カブフェス 2018/5/13(日)

カブ乗りではありませんが・・・。 
スタンプラリーの縁で、ちょこっと覗きに行ってみました♪ 
GBの状態にも少し良さそうな手が打てたので、テストランです。 
 
カブのミーティングを見るのは初めてなのですが、 
カブってルール無用なノリで楽しかったです。 
私的には、まったく別の生き物になっちゃってる系に興味が湧きました。 
 
 
お気に入りはコレ♪ 
ミニチュアのトラですね〜。 
駐車場で行き逢あって、 
思わずパチリ♪ 
 
私よりずっと先輩格の年齢の方でしたが、このいっこ前の全身画像では、 
「もう本物の乗れないしね〜。」 
と胸を張った満面の笑み♪ 
 
なんか良いなぁ♪ 
いつか、V7ルックのカブなんか作っちゃおうかしらん♪ 
 
 
っで、GBの方は・・・。 
結局のところ、イマヒトツ。ちょっと年齢が目立ってきているような・・・。 
なんだか天候で電装がご機嫌ななめになる傾向。 
 
大好きなバイクなんだけどなぁ・・・。 
 
 
| Comments(0) |
>> NEXT
Search  Phone Master