ここの場合の「ノーガキ」は、
「ノーガキばっかりタレてないで、とっとと体を動かせ!」
なんて時に言うところの「ノーガキ・・・。」です。(笑)

特にジャンルに関係なく、思った事や出来事をポツポツと書いていきます。
まぁ、お暇な方は、ほんのお目汚しに・・・。

〜〜 おぎちゃんの日曜日 (MainWebSite)放課後の原っぱ (MainBBS)mail 〜〜


2018年 6月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30



〜〜「ノーガキ・・・。」一覧〜〜
12/22(土) 今シーズン最後♪(その一)
12/09(日) 耐寒キャンプ?
12/08(土) 耐寒キャンプ?
12/03(月) 着任
11/30(金) 特殊部隊勤務、しゅう〜りょ〜。
11/24(土) 耐寒キャンプ!
10/28(日) 1万キロ点検

* 「ちょいとノーガキ・・・。」Topへ

今シーズン最後♪(その一) 2018/12/22(土)

さすがにすっかり寒くなりましたので、 
「どうしようかな〜。」とおもったのですが・・・、とどめ♪ 
今シーズン、最後のキャンプです。 
 
ちょうど三連休ですし、「ボ〜」っとしたいと思ったのが理由の一つ目。 
 
 
もう一つはこちら。 
タープ買いました♪ 
 
 
DODの、 
ちょっと不思議な形をした 
タープです。 
 
 
 
 
 
 
元々持っていたウィングタープは、ざっと20年以上たった物。 
今シーズン使って見たら、一発でシールテープが剥がれまして・・・。(笑) 
 
タープをどうするか迷っていたのですが、面白い構造の物があったので、コレにしてみました。 
「ライダーズコンフォートタープ 」という言う製品です。 
 
このタープ、ヘキサのウィングタープを2/3で切った形です。 
結果、5角形になっていて、底辺部分にはポールが入っています。 
 
このポールの効果で、横方向の天井が丸いドーム状になるタイプ。 
この為、画像のようにサブポールで前を持ち上げると、天井の有効高を高く設置できます。 
 
なかなか良く出来てます。 
個人的には、ウィングの欠点は、両側が下がってしまって視界が悪い事だと思ってました。 
これなら視界良好。DODなのでお値段もお手頃♪ 
 
メーカーのサイトの設置例では、前後を逆に張ってるんですけどね。 
焚火スペースの事も考えるとこっち向きかな。 
 
 
この画像には、後ろの方にDODの二つのテントも写っています。 
これ、購入候補になっていたテントです。 
「ライダーズタンデムテント」と「ライダーズバイクインテント」。 
 
ワンタッチ方式で、心が動いていたテントなのですが、 
ビックリするほど設置が早い印象は受けませんでした。 
もしかしたら、ワンタッチ型は撤収の時に効くのかもしれないなぁ・・・。 
 
ともあれ、これで新タープのデビュー戦も終了♪ 
 
 
| Comments(0) |

耐寒キャンプ? 2018/12/9(日)

なかなかの・・・、寒さでした。(笑) 
 
 
ちゃんと凍っちゃったねぇ・・・。 
 
温度計は-3.5度を記録。 
なかなかの寒さです。 
 
 
 
 
 
 
 
今回は、前回の耐寒キャンプの教訓からいくつか装備を追加しています。 
湯たんぽ、カセット暖、ピーク1・・・。 
 
んでもって、かつてはバカにしていたハリケーンランタン。(笑) 
前回、友人が使っていたのを見て、マネっこしてみました。 
使っているのをみたら、風に強く、気温に影響されず、燃焼時間が長い・・・。 
良さそうです♪ 
 
今回のハリケーンランタン・・、高級品ではなく実用品メーカー品の物です。 
とってもお安い♪ 
 
っま、明るさは、所詮、炎一つ分ですが・・・。(笑) 
これに焚火とガスノクターンくらいで、良い気もしてきました。 
 
 
なんだか、キャンプリハビリをしていて、 
やっぱり、あまり明るい(鋭い?)灯りは使いたくないなぁと感じているんです。 
特にLED・・・。 
 
使ってる本人は明るくて良いのでしょうが、光を浴びる方は眩しいのよ・・・。 
最近のLEDランタンなんかは光量がすさまじいので、 
近くを通られるだけで周りが白い光の昼間になっちゃうしね・・・。 
ただ、ファミリーキャンパーの場合は子供の安全上、仕方ないかなぁと思いますけど。 
 
もちろん自分も電気の灯りは使いますが、 
出来ればこまめに消して雰囲気重視で行きたいかなぁ、などと♪ 
 
 
 
一夜明け・・・。 
 
カセット暖を炊きながら 
しばし前室から外を眺める♪ 
 
 
 
 
 
 
 
 
(いや、寒くて動く気にならないだけですけど・・・。) 
 
 
 
これも 
前回の友人のマネッこ。 
 
鍋焼きうどん、美味かった〜。(笑) 
 
 
 
 
 
 
 
 
| Comments(0) |

耐寒キャンプ? 2018/12/8(土)

「寒い時期キャンプ」はやったのに、、 
ちょっとリフレッシュしたくて、突発的にキャンプ決行。 
特殊部隊勤務の後遺症か?(笑) 
 
なんだか焚火がしたくてねぇ・・。 
若干、焚火台から溢れてますけど。(笑) 
 
っま、なんつったってリハビリ中ですから♪ 
 
 
| Comments(0) |

着任 2018/12/3(月)
| etc |

古巣に帰還です♪ 
っま、リハビリから・・・。(笑)
| Comments(0) |

特殊部隊勤務、しゅう〜りょ〜。 2018/11/30(金)
| etc |

くたびれた〜。 
とりあえず、休憩♪
| Comments(0) |

耐寒キャンプ! 2018/11/24(土)
| etc |

三連休は二泊でキャンプ。 
今シーズンお馴染みになっている東古屋湖キャンプ場です。 
 
今シーズンはキャンパーリハビリにいそしんでおりますが・・・。 
とどめは、耐寒キャンプです。 
流石に雪中キャンプはしないけどね。(笑) 
 
今回も、前に東古屋でご一緒した友人が参戦。 
キャンプ場に着いてみると・・・、やっぱりハンモックスタイルでした。(笑) 
 
 
さて、ワタシメも設営開始。 
新投入のテント、ステイシーネストの実力はいかに〜。 
 
 
大きな前室付きのテントは始めてですが、なかなか良く出来ています。 
 
特に時間がかかる感じもせず、さらっとお家が完成。 
 
 
なかなか良いね〜。 
2〜3人用のテントなのですが、前室に荷物が置けるので、就寝スペースは充分広く感じます。 
 
実はその〜・・・。 
ワタシメ、ツーリング用や山用の小さくなる1人用テントは、選択肢から除外しています。 
狭いのが苦手なわけではなく、雨の日対策です。 
中で着替えられないサイズは除外。 
 
そうなると、3〜5人用テントは、もうどれもパッキングサイズにそんなに大きな差がありません。 
特に、ワタシみたいに背負う気が無い場合、 
重さは問題視しないので、今までは中に荷物を置いても着替えられるサイズを選んでました。 
 
前室重視タイプは、インナーテントそのものの広さが気になってたんですけどね。 
天井が高いので、もし二人だとしても、充分な広さが確保されています。 
 
「前室付きは、風に弱かったりするかな〜。」などとも思っていたんですが・・・。 
インナーテントは単純なポール2本を交叉させて使うタイプですし、 
前室付きのフライの形状も良さそうな感じです。 
 
前室の広さは・・・、もしかしたら、SDRなら入っちゃうかも? 
 
うん、気に入りました。 
来シーズンの福島行は、数回はコイツを積んでキャンプツーしよう♪ 
 
 
さて、キャンプそのものの様子・・・。 
初日の夜を越した朝・・・、微かに霜が降りていました。いや〜寒かった〜。 
初日の宴は、焚火台二基がけに炭火台が大小。練炭七輪が一個の有様です。 
 
二日目も・・・、月がとってもきれいでした。 
・・・つまり、とっても寒かったって事ね。(笑) 
 
風が少しあったので、大きなウィングタープを二つ折りにして車の間に張り、 
壁を作って風よけにしてみました。 
視界が悪くなるのがイマイチですが、これが効果絶大・・・。 
 
寒さが寒さですので・・・、うちのガスノクターンに元気がありませんでした。 
友人は、ハリケーンランタンやアルコールバーナーを持参。 
そう言えば、寒い時にはこういう工夫も必要でしたね〜。 
次回の課題ですな。  
 
周りのサイトでは、煙突が建っているテントがちょいちょいあります。 
テント内用の薪ストーブですね。 
 
まぁ、暖かいだろうなぁ・・・。 
ショップでもちらほら見かけるアイテムですが、雪中キャンプするなら欲しいかな? 
・・・たぶん、しないけど。(笑) 
 
今回一緒だったのは、例の大雨の日の翌日に合流した友人です。 
この友人の場合、雨露さえしのげれば、 
そこそこ寒さでも寝袋+コットくらいで寝られてしまう体質(笑)なので参考になりませんが、 
他にも何人かハンモックスタイルの人がいました。 
 
疑問に思って友人に聞いてみたら、今は、上から・・・。 
・タープ 
・ハンモック用の寝袋生地クラスのハンモックに繋げるとシェルター状になる物? 
・寝袋に入った人 
・断熱マット 
・地面側に断熱シートを入れられる袋の付いたハンモックに断熱シートを収納 
ってな事まで出来るようです。 
 
こっちも、寝袋の性能さえ確保してれば、そりゃあ、暖かいだろうなぁ・・・。 
 
 
ともあれ、これでだいたいキャンプリハビリ終了♪ 
 
 
| Comments(0) |

1万キロ点検 2018/10/28(日)

V7III Racerが1万キロを越えてしまいました。 
 
モト・ラボロさんに1万キロ点検の相談のメールを送ったら、 
「ウチではまだV7IIでも1万キロに達した方はいません(笑」 
と誉めて(?)貰いました。 
 
GBが動かなくなってしまったとは言え・・・。 
今シーズンは、ちょっと、はしゃぎ過ぎましたかね〜。(笑) 
 
 
っで、打ち合わせのやりとりの中で・・・。 
「え〜っと、けっこう時間がかかりますけど、日帰り点検にします?」とのお言葉・・・。 
 
 
 
なぬ? 
代車が借りられるって事?? 
 
もしかして、 
代車もモトグッチ??? 
 
 
じゃあ〜ん♪ 
代車はルマン1000でした。 
 
 
 
 
モト・ラボロさんは横浜にありますので、 
そこまで行くだけでも小ツーリングだったりしますが・・・。 
帰りは、宮ケ瀬〜相模湖〜奥多摩周遊〜奥多摩湖と周ってきました♪ 
 
 
奥多摩周遊。 
なかなか良い道でした♪ 
 
残念だったのは、 
紅葉時期には一歩早かった感じだった所。 
 
来週末なら、 
ちょうど見頃かな〜。 
 
 
 
 
さて、ルマン1000の感想・・・。 
これ、なかなかイイですね〜。ファンがいるのも納得できます♪ 
 
とても重いバイクなのですが、走り出してしまうとそれを感じません。 
乗っていて、重さで破綻させられる事がないんです。 
 
峠も、そりゃあ実測値では速くないかもしれないけど、 
ちゃんと気持ちよく速い気分にさせてくれます。 
 
縦置きエンジンの「寝かし込みが素直。」という利点が効いているのかもしれません。 
 
 
ブレーキは、攻めている時の使い勝手としては少しプアな印象です。 
ですが、そのつもりでいればちゃんと効いてくれますから、 
峠に入って最初のうちだけ 
「あ〜、重いのを停めるのは、それなりに大変なのねぇ。」と感じる程度。 
 
あっ、そうそう、本来は前後連動ブレーキ装備のようですが、 
コイツはあえて解除してあるそうです。 
 
 
高速も走ってみました。 
どこまでも、矢の様に(ライフルの弾の様に?)走り続けられる印象です。 
 
こちらもバカみたいに速い訳ではありませんが、 
「ドンドン行こう♪」と誘われているような感じです。 
ツアラー力が高いバイクだな〜。 
 
 
ちょうどこのバイクが昔のビックVと言う事になると思います。 
以前、少し書いた、半トルクの挙動の件は・・・、やっぱ強めに出ますね。 
 
V7の感想で書いたのは、「飛行機っぽい。」でした。 
対してこちらの印象が「ライフルの弾?」です。 
 
「縦に回ってる物が積まれている。」と、 
「縦に回っている物に乗っている。」の印象の違いがあります。 
 
「ダイレクト感がある。」「荒々しい。」「暴れる。」等々・・・。 
たぶん、乗り手の印象は様々に分かれるかと。 
 
 
ワタシ的には、これも、なかなか楽しいです〜。 
「楽しい」と感じないタイプの方がこれで遠くに行こうとすると、 
疲れる方向に出ちゃうかもしれませんけどね。 
 
それこそ縦置きエンジンで1万キロ走った後のワタシの印象がコレですから・・・。 
初めて乗った方にとっては、強烈な印象になりそうです。 
 
 
これで80年代終わり頃のバイクです・・・。 
日本では、レーサーレプリカ戦争最盛期ですし、 
当時は「大型バイク免許なんぞ、取らせてやるもんか!」制度の時代です。 
 
まぁ、海外戦略もありますので、 
国内メーカーの海外モデルも急速に高性能化するんですけど・・・。 
当時の外車のツアラー力、スゴイわ〜。 
 
機会があったら、他のメーカーのバイクにも乗ってみたいところです♪ 
・・・、古いヤツね。(笑) 
 
 
しかし・・・、ワタシメ、1台に寄せてみると年間1万キロ弱は走ってるんだな・・・。 
やっぱ、しっかりメンテせんとイカンですね。 
 
 
| Comments(0) |
>> NEXT
Search  Phone Master