| RSS | 携帯用 |

小春の伝言板 


名前  
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル  
添付  >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー       削除キー 



 アビラ(2)  [返信] [引用]
.jpg / 201.7KB

この日のホテルは、城壁に隣接した古い宮殿の建物を改装した
アビラのパラドールです。

 
TH  ++.. 2020/04/04(土) 15:51 [22490]

 
.jpg / 158.3KB

スペイン国内共通のパラドールのエンブレムです。
TH  ++.. 2020/04/04(土) 15:53 [22491] [引用]

 
.jpg / 192.6KB

パラドール全景です。石積みの外壁でした。
(参考画像)

TH  ++.. 2020/04/04(土) 16:22 [22493] [引用]

 
.jpg / 177.2KB

フロントへの途中の壁に掛かる聖女テレサの絵画が印象的でした。
TH  ++.. 2020/04/04(土) 16:24 [22494] [引用]

 
.jpg / 112.7KB

丈夫な木製デスクとテラコッタの床が暖かい感じの客室。
TH  ++.. 2020/04/04(土) 16:31 [22495] [引用]

 
.jpg / 138.0KB

廊下の壁の模様が素敵です。
TH  ++.. 2020/04/04(土) 16:33 [22496] [引用]

 
.jpg / 136.4KB

ホテルの夕食風景。
思わず撮ってしまいました。スペインで見かけた綺麗な方。

TH  ++.. 2020/04/04(土) 16:40 [22497] [引用]

 
.jpg / 109.3KB

アビラ牛のステーキがおすすめとのことでした。
パラドールの宿泊は夕食付きも選択でき、
料理は好きなだけ、お酒のみ別会計というリーゾナブルな
仕組みになっていました。国営だからでしょうか。

食後に城壁の夜景を見に行きましょう。

TH  ++.. 2020/04/04(土) 16:43 [22498] [引用]

 
> 思わず撮ってしまいました。スペインで見かけた綺麗な方。

THさんのほうが綺麗

でも、今このホテル、どうなってるだろうね?
深刻

Franzl  ++.. 2020/04/05(日) 16:48 [22502] [引用]

 
> 廊下の壁の模様が素敵です。

 今日は訳あって外出しました。公共交通機関には乗らず、行った先は人があまり集まるところではないのですが、それでも緊張を強いられます。
 自室に戻ってTHさんのレポートを見るのは心が和みます。壁の模様はヨーロッパで度々似たものを見ますが、スペイン王家と関係がある何かですか、フランスでよく見るような気もするので、スペイン・ブルボン家の何かでしょうか?


Franzl  ++.. 2020/04/05(日) 22:29 [22504] [引用]

 
.jpg / 35.4KB

今回の10月のスペイン旅行から帰って6ヶ月で、こんな事態に
なるとは本当に信じられない気持ちです。
今パラドールは全部休業中みたいです。
宿泊した人に休業を知らせるニュースレターが来ています。

おっしゃる通り、壁の模様は、古くからヨーロッパの紋章や旗に
見られるアイリスの花で、特にフランス王家との関係が深いようです。

Wikiによりますと、城壁を造ったのは、イスラム勢力から
アビラを奪還したカスティーリャ王国のアルフォンソ6世の娘の
ウラカと結婚した、フランスのブルゴーニュ伯ギョーム1世の息子
レイモンドだったということです。
想像ですが、もしかしてアビラのパラドールの壁の模様は、レイモンドが
フランスから来てカスティーリャ王室の一員となり、城壁を造った事と
関係があるのかもしれませんね。

因みに後年ウラカとレイモンドの間の息子は、カスティーリャの王位を
継承し、ボルゴーニャ家アルフォンソ7世となったそうです。

呑気にスペイン旅行記を投稿をしている場合ではない昨今ですが
以前のスペインに早く戻ってもらうよう祈りながら、キリの良い
ところまで続けようかと思っています。

TH  ++.. 2020/04/07(火) 00:04 [22505] [引用]





 新型コロナウイルスは空気感染の可能性も?  [返信] [引用]
飛沫感染だから距離を置けば大丈夫、つばきがかからなければ大丈夫と思っていたのに、そのことに充分に留意しているはずの医療関係者の感染が多く出ることに疑問を感じていたら、感染者から発せられた咳や唾の中のウイルスが空気中に一定時間浮遊することがネットで報告されているではないですか。
https://news.yahoo.co.jp/byline/sakamotofumie/20200318-00168478/

ペストや天然痘ほどひどい空気感染ではないでしょうが、これは絶対に密集空間に行くことは避けた方がよいと思います。

 
リワキーノ  ++.. 2020/04/03(金) 23:35 [22489]

 
.jpg / 124.4KB

リワキーノさん

   仰る通りですね

おうち族  ++.. 2020/04/04(土) 16:22 [22492] [引用]

 
.jpg / 38.5KB

先だってまで「飛沫より小さな粒による、新型コロナのエアロゾル感染は、
医療現場で患者に気管内挿管を行うときなど、とても特殊な環境で
発生するもので、通常の生活空間で起きるものではなく、感染予防は
飛沫感染や接触感染に注意して対策すれば良い」とのガイドラインを
目にしていました。

リワキーノさんが紹介されたサイトで、いわゆる3密の条件がそろう空間では、空気中にエアロゾルが発生しやすく、感染リスクが生じる恐れがあることが
実験で裏付けられたと知り、東京などオーバーシュート寸前でもありますので
STAY HOMEを心がけようと思っています。

また、普通医療現場ではN95と呼ばれるフィルター性能の高いマスクを着用するなど、空気感染を防ぐ対策を講じているとのこと、今後の日本の現場にぜひ
この特殊マスクが行き渡るように祈らずにいられません。

TH  ++.. 2020/04/04(土) 21:40 [22499] [引用]

 
私が救急車で運ばれた近くの総合病院が、
コロナ患者の発生で外来が閉鎖されました。
私は平素は別の内科にかかっているのですが、
2週間に1回薬を貰いに行っています。
この総合病院に通院している患者さんは
薬などはどこでもらうのでしょうか。
コロナがひたひたと迫っているようで
気になっています。

月末には定例の読書会がありますが、三密の条件に
ぴったりですので迷っているところです。
https://nvuedi93pz1y.blog.fc2.com/をアップしました。
k.mitiko  ++.. 2020/04/05(日) 08:33 [22500] [引用]

 
おうち族さん、THさん、k.mitikoさん

コメントをありがとうございます。

新たにエアロゾル感染のキーワードで調べがところ、下記のページを見つけました。
https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=14278

この中の3が重要です。

「飛沫感染は2m離れると感染しないとされている。戸外では2mまで到達する前に、種々の大きさのaerosol(エアロゾル、微小な空気中で浮遊できる粒子)は乾燥する。
60〜100μmの大きな粒子でさえ、乾燥して飛沫核になり、インフルエンザウイルスを含む多くのウイルスは乾燥して感染性を失う。
したがって、コロナウイルスはインフルエンザ同様、エアロゾルが乾燥する距離である2m離れたら感染しないと思われる。
しかし、湿気のある密室では空中に浮遊するエアロゾル中のウイルスは乾燥を免れるため、驚くことに秒単位から1分ではなく、数分から30分程度、感染性を保持する。」

つまり、屋外のような湿気がこもらないところでは空気感染は起きにくいが、湿度が高く、密閉された空間ではウイルスは30分もの間、感染性を保持するため、空気感染の可能性が生じるというわけのようで、屋外だったら2mの間隔をあければ大丈夫のようですね。

k.mitikoさん

> 月末には定例の読書会がありますが、三密の条件に
> ぴったりですので迷っているところです。

迷っているどころではないですよ。
お歳を考えれば絶対に行くべきでは無いです。

私の方ではダンス教室や歴史講座、近畿修猷会・音楽を楽しむ会、ロンドの会などの集まりはすべて無期延期。
ブーケの会、萱島ジャズライブなどの飲み会には不参加を決めています。

リワキーノ  ++.. 2020/04/05(日) 15:04 [22501] [引用]

 
リワさん

アドバイスをありがとうございました。
福岡は日に日に患者が増えているようですが、
私を含めて私の周りは危機感が薄いようです。
前代未聞の現状は、なにかの警告のような気持ち
がします。

k.motiko  ++.. 2020/04/05(日) 19:47 [22503] [引用]





 STAY HOME  [返信] [引用]
.jpg / 148.2KB

おうちで過ごそう




 
おうち族  ++.. 2020/04/02(木) 20:14 [22484]

 
.jpg / 192.8KB

今は耐えよう
おうち族  ++.. 2020/04/02(木) 20:17 [22485] [引用]

 
.jpg / 48.8KB

我慢できずに
  
     ちょっとだけ外に・・・

ちょい外派  ++.. 2020/04/03(金) 11:03 [22487] [引用]

 
.jpg / 152.2KB

だめ だめ 

  我慢 我慢・・でしょ〜

おうち族  ++.. 2020/04/03(金) 18:26 [22488] [引用]





 woodmanさん、お元気ですか?  [返信] [引用]
二週間前にフロリダに飛行しようとしたのは成功しましたか?

医療崩壊の可能性まで言われているニューヨーク州。
今は飛行機に乗るどころの話では無いと思いますが、如何お過ごしでしょうか。

むやみやたらに恐れるのもどうかと思いますが、くれぐれもご用心はしてください。

 
リワキーノ  ++.. 2020/03/27(金) 21:38 [22468]

 
リワキーノさん

ご心配おかけしましたが、老兵は死なず、消え去りもせず、NY に生息しています、家族の反対を受けても、頼まれて13日から20日までフロリダの2歳馬オークションに出掛けていました。
帰路1便キャンセルを受けましたが、3時間後の便で無事NYに戻り、自宅で14日間の自己検疫中です。移動の航空機は前方窓側で機内のエアコン調整を最大にして消毒ワイプでしっかり座席周辺を拭き取りました。

ドライブスルーの検査まで実施して1日10000件の検査するニューヨークと医者経由で少ない検査数の日本とでは感染者数の差が出ていますが、状況は変わらないのではと思います。
小生は毎年の流感予防接種に加えて5年毎に肺炎の予防注射受けており、昨年帰国前にCDC(感染予防センター)の薦める生涯有効な肺炎予防接種受けていますので多分?鉄壁の備えができていると思いますが、バクテリア系肺炎対応でコロナのようなウイルス性肺炎に効くのかは未確認。

バカトラ(大統領)は東部3州の閉鎖まで検討したようですが、ニューヨーク州知事の反対もあり旅行自粛で収まっています。郵便、ゴミ収集、飲料水の配達も従来通り、毎日が日曜日の午後のような静寂。さすがのマグロ人間もしばらくは動けそうにありません。本日予定のフロリダ出張予定はキャンセル、来月末の春休み休暇で孫たちとのフロリダ旅行もキャンセルしました。
あと2週間は蟄居閉門状態になりそうですが幸い食糧、紙製品、消毒洗剤等の備蓄は十分ありますので、自己検疫中ながら早朝の生鮮食糧調達が仕事になっています。通勤はしておらず、仕事はテレワーク主体でしたからそれ程の違和感はないのですが、年に10ー12回の出張が出来なくなり、今後支障が出て来ます。

日本の皆さんも1日も早いコロナウイルスの終息まで頑張ってください。

Woodman in NY  ++.. 2020/03/30(月) 04:16 [22469] [引用]

 




お元気そうでよかったです!
しかも肺炎については幾重にも予防策を採っておられるから、バクテリア系であろうと新型コロナウイルスに感染しても、予防策を採っていない人に比べたら重症化するのをかなり防いでくれるのではないでしょうか。

日常生活の必需品も相当蓄えがあるようで用意周到なことです。
貴兄は元々用心深いですね。
20数年前、福岡から来阪されたとき、爆弾テロに無防備な新幹線に乗るのを恐れて飛行機を利用されたことを印象深く覚えております。

私の方は公民館や市民会館の部屋が借りられなくなったために週3日通っていたダンス教室が無くなり、あっと言う間に体重が3キロ増えてしまいました。
狭い我が家の部屋でも踊れるルンバを家内と二人で毎日踊っていますが、一曲3分を3回ほど踊ると結構身体が暖まるくらい運動になります。

Woodmanさんも家の中でやれる運動をされてください。

リワキーノ  ++.. 2020/04/03(金) 08:23 [22486] [引用]





 アビラ(1)  [返信] [引用]
.jpg / 169.6KB

10月4日夕方近く、セゴビアを後にしてアビラへやって来ました。
この街はスペインでも最も標高が高く(1127m)、岩山の上にあります。

街を見下ろす「クワトロ・ポステス」という展望台に行ってみました。
小高い丘の上にギリシャ様式の4本の石柱(1566年建造)と、
十字架が立っていました。

 
TH  ++.. 2020/03/31(火) 11:23 [22470]

 
.jpg / 168.4KB

11世紀に築かれた城壁に囲まれた、アビラの旧市街です。
中世の物語の挿絵そのままの、信じられない光景です!

アビラはローマ帝国の植民都市アベラが町の起源で、
8世紀にイスラム教徒の占領下に置かれましたが
11世紀にカトリック勢力のカスティーリャが奪還し、
その後の防衛のため、ローマ帝国時代に建造された石塀の跡に沿って
城壁が建設され、10年の歳月をかけて1091年に完成しました。

旧市街は東西約900m、南北約450mの城壁内にあり、
花崗岩の壁の高さは12m、厚さ3m、全長2.5kmだそうです。

時が過ぎ、中世の城壁を壊して再開発をした街が多い中で
アビラが城壁を残したのは、壊すお金がなかったからとのこと。
本当に何が幸いするかわかりません。
城壁と教会群は1985年に世界遺産に登録されました。

TH  ++.. 2020/03/31(火) 11:26 [22471] [引用]

 
.jpg / 193.3KB

この日のアビラ観光は後になって旅程に追加したため、
大変な強行軍になりましたが、これが見れて本当に良かったです。
スペイン旅行中最も心に残った景色のひとつです。

TH  ++.. 2020/03/31(火) 11:28 [22472] [引用]

 
.jpg / 169.5KB

こちらは城壁内に立つアビラ大聖堂です。
12世紀から14世紀にかけて建てられ、
ロマネスクとゴシックの両方の特徴を備えているそうです。
建物の一部が城壁と一体となっており、要塞のような堅固な印象も
受けました。

TH  ++.. 2020/03/31(火) 11:29 [22473] [引用]

 
.jpg / 178.6KB

サン・ビセンテ門を通って城壁外に出ました。
アビラで一番重厚感があるとされる巨大な城門です。

TH  ++.. 2020/03/31(火) 11:31 [22474] [引用]

 
.jpg / 187.8KB

門を出てすぐの所に立つサン・ビセンテ教会です。
丸いアーチの列柱が特徴的なロマネスク様式で、12世紀に
建てられました。

4世紀始め、アビラがローマの支配下にあった頃、
この門の前の広場で処刑されて殉教した、
キリスト教徒の聖ビセンテとその姉妹が祀られています。

TH  ++.. 2020/03/31(火) 11:35 [22475] [引用]

 
.jpg / 227.3KB

サン・ビセンテ教会の内部です。
この地方特産の褐色の石柱の濃淡が、聖堂にあたたかみを
感じさせてくれました。

TH  ++.. 2020/03/31(火) 11:45 [22476] [引用]

 
.jpg / 238.2KB

城壁に沿って歩き始めると聖女サンタ・テレサ(1515〜1582)の像が
ありました。
アビラに生まれ、数々の宗教的な神秘体験を得て修道院改革を行い、
禁欲的な「裸足のカルメル会」を設立したことで知られています。
聖テレサの活動により、町はカトリック信仰の拠点となり
死後、1636年に旧市街の中にサンタ・テレサ修道院が建てられました。

TH  ++.. 2020/03/31(火) 11:51 [22477] [引用]

 
.jpg / 178.1KB

自然の岩盤の上に城壁が立っている部分もありました。
大変な工事だったことでしょう。
現存する中世の城壁の中でもこれほど保存状態がよい城壁はないと
言われているそうです。

途中の料金所から城壁に上がって、見張り用の通路を
歩けるようになっていたのですが、今回は残念ながら時間がなく
地上から堪能しました。

TH  ++.. 2020/03/31(火) 11:55 [22478] [引用]

 
.jpg / 191.2KB

夕日が当たり、黄色に映える城壁に沿って歩き続けました。
円塔の連なりが大変素敵でした。

TH  ++.. 2020/03/31(火) 11:57 [22479] [引用]

 
> 禁欲的な「裸足のカルメル会」を設立したことで知られています。

裸足のカルメル会の名を久しぶりに耳にして感慨を覚えます。本拠地はスペインのアビラなのですか。私の病院から4km、徒歩1時間の山あいに「カトリック女子跣足カルメル修道会・山の聖母修道院」 というのがあります。修道女さんが十数人いらっしゃるようです。あるきっかけでこの修道院を知ることになりました。ここのフルーツケーキとハーブティーは評判が良くてネット販売もしています。

Franzl  ++.. 2020/03/31(火) 22:28 [22480] [引用]

 
> 門を出てすぐの所に立つサン・ビセンテ教会です。
> 丸いアーチの列柱が特徴的なロマネスク様式で、12世紀に

この教会は左手前、尖形アーチ型入り口の左側に塔が立っているのが、おそらく西側ポータル(ファサード)ではないでしょうか?そこから真っ直ぐ礼拝堂中央部分(ドイツ語では長屋というのですが、他の用語を知りません)が東前方の低い塔に向かって伸びています。外観はバシリカ構造のロマネスク様式ですね。しかし道路に面したグレイの部分は後年付け加えたものでしょう。構造を担う部分ではないようです。

Franzl  ++.. 2020/03/31(火) 22:42 [22481] [引用]

 
> サン・ビセンテ教会の内部です。
> この地方特産の褐色の石柱の濃淡が、聖堂にあたたかみを感じさせてくれました。

教会内部はなかばゴシックですね。列柱の太さと、多様な形の組み合わせはロマネスクよりゴシックです。色合いが素敵ですね。11世紀というとまだまだロマネスク全盛の時代と思いますが、進取の気取りがあったのでしょうね。

Franzl  ++.. 2020/03/31(火) 22:50 [22482] [引用]

 
.jpg / 50.1KB

>この教会は左手前、尖形アーチ型入り口の左側に塔が立っているのが、
>おそらく西側ポータル(ファサード)ではないでしょうか?

入り口側を撮った画像(参考画像)です。
気がつかずに入ってしまいましたが、こんな感じです。
入り口側の柱にもロマネスクらしい素晴らしい立像彫刻が
あったらしいのですが・・・。今回はロマネスクおよび
初期ゴシック教会入門の旅になりました。

TH  ++.. 2020/04/01(水) 22:54 [22483] [引用]





 イタリア人の底力  [返信] [引用]
新型コロナウィルスで6000人以上の死者を出したイタリアですが、その暗いニュースの中で毎日新聞が報じたボローニャ滞在の客員編集委員の記事に感動を覚え、勇気づけられました。
その抜粋を載せます。

誰が言い出したのか、「13日午後6時になったら、みんな自宅の窓を開けて、何でもいいから歌をうたって、家にある楽器を奏でてほしい。この国を元気づけよう」という呼びかけがネットで流れた。イタリア国家や詩人レナード・コーエンの「ハレルヤ」などを歌う人々の姿が報道された。翌日は「正午に窓を開け、拍手をしよう。最前線にいて、きょうも奮闘する医療関係者を励ますんだ」と流れ、各地で拍手が鳴り響いた。
ありふれた日常を侵されたくないと願うイタリア人の意地と底力を見た思いだ。

 
リワキーノ  ++.. 2020/03/25(水) 12:18 [22466]

 
.jpg / 56.3KB

リワさん

この記事、私も目にしました。さすがカンツオーネの
お国柄、私も感動しました。日本も余裕がなく
なりそうですが、この精神でのりこえたいですね。

k.mitiko  ++.. 2020/03/25(水) 22:05 [22467] [引用]





 三日月山  [返信] [引用]
元編集長殿

昨日の毎日新聞に三日月山のことが紹介されてました。
標高270メートルと私が家内とよく行く交野市の星田山とあまり変わらない低山であり、自然林が残っているような雰囲気にとても親近感を感じました。
Googlemapで調べたら立花城のすぐそばなので立花山の連山の一つなのですかね。

ここに記者を案内したのは厳冬期のアラスカ連山を何度も踏破した山の猛者なのが印象深かったです。
標高、たたずまいにかかわらず、山好きな人間はどこでも山の魅力を堪能できるものなのですね。

添付の毎日新聞の記事、見にくいかも知れませんが拡大して見てください。
http://viewer.mainichi.jp/es_hv/index_viewer.html?pkg=com.mainichi.papers.pc.html5&mcd=MOM&npd=20200323&pid=14509&pn=14

 
リワキーノ  ++.. 2020/03/24(火) 10:13 [22458]

 
>添付の毎日新聞の記事、見にくいかも知れませんが・・・

どうやら契約読者でないと閲覧不可ですね。

三日月山はすぐお隣の立花山とセットで登るハイカーが多いようです。
植林の多い山にあって、此処は自然林の広葉樹に恵まれたお気に入りのスポット!

山頂から見下ろす博多の街並み見ながらの弁当はなかなかのもんですよ・・・

元編集長  ++.. 2020/03/24(火) 17:12 [22459] [引用]

 
> どうやら契約読者でないと閲覧不可ですね。

そうみたいですね。
iPhoneで見ようとしたら見られませんでした。
何らかの方法で見られるようにします。

> 三日月山はすぐお隣の立花山とセットで登るハイカーが多いようです。
> 植林の多い山にあって、此処は自然林の広葉樹に恵まれたお気に入りのスポット!

やはり自然林の山なのですね。

> 山頂から見下ろす博多の街並み見ながらの弁当はなかなかのもんですよ・・・

そうでしょう!

コロナウイルス騒ぎで映画館にも行けない私たち夫婦はこの一週間に2回、星田山に行ってランチを取っています。
ランチと言ってもスーパーで買ったおにぎりと鳥の唐揚げだけなのですが、山林の美しさを眺めていたらそれだけでも美味しいのです。


リワキーノ  ++.. 2020/03/24(火) 17:40 [22460] [引用]

 
.jpg / 193.8KB

記事のすべてを一度にコピーできなかったので分けて掲載します。

リワキーノ  ++.. 2020/03/24(火) 17:49 [22461] [引用]

 
.jpg / 151.1KB

二つ目です。

リワキーノ  ++.. 2020/03/24(火) 17:50 [22462] [引用]

 
.jpg / 88.2KB

三つ目です。


リワキーノ  ++.. 2020/03/24(火) 17:51 [22463] [引用]

 
リワキーノさん

三日月山と立花山は連なっています。
山頂の形状は対照的で三日月山は広場みたいな山頂で福岡市街の見晴らしがとてもいいです。
ファミリーピクニックに最適です。
立花山山頂には立花城址の石垣が少し残って山頂直下は急な登りになっています。(20年くらい前には鎖もありました)
山頂は、以前は高い木々に囲まれて市街地の景色がまったく見えなかったのですが、今は木々も伐採されて見晴らしも良くなり、案内板なども整備されています。
この二つの山はすぐ近くなので一緒に登る人も多いようです。
栗秋さんは修猷館高校卒業で、リアカーを引いて徒歩でアラスカを
横断したことがあって、僕は以前、そのときの体験談の講演を聴いたことがあります。


はる  ++.. 2020/03/24(火) 21:46 [22464] [引用]

 
はるさん

コメントをありがとうございます。
猛将、立花宗茂が島津の大軍に囲まれながらも籠城を成功させた立花山に連なる山なのですね。

三日月山の名の由来は何なのでしょうか。
実は私は三日月の名前に強く惹かれるものがあり、そのこともこの新聞記事に強く関心を持ったのです。

栗秋さんが修猷館高校の卒業生ということを知ってすぐに思い出しました。
何ヶ月か前に修猷館卒の登山家のことがマスコミの話題になったのですが、今、調べてみたら栗秋さんのことでした。

彼のことをネットで調べてたら下記の記事が出てきました。
奥様とのラブロマンスが素敵ですね。

http://www.oct-net.ne.jp/w-hasama/oyu-news/NEWS-3-1.HTM

リワキーノ  ++.. 2020/03/24(火) 23:04 [22465] [引用]





 セゴビア(4)  [返信] [引用]
JPEG画像(185.3KB)
引き続きセゴビア城内の見学です。

「ガレー船の間」

細長い広間の天井が、ガレー船の船底のようにくぼみ、
豪華な幾何学模様の細工が施されています。

 
TH  ++.. 2020/03/21(土) 09:16 [22438]

 
JPEG画像(249.0KB)
突き当たりの壁に描かれた壁画は、前出のステンドグラスを
デザインしたセゴビアの現代作家によるものだそうです。

異母兄エンリケ4世の死の直後、サン・ミゲル教会へ急行して
カスティーリャの王位継承を宣言し、戴冠を終えた白い喪服の
イサベルの前で、宮廷の貴族や騎士たちが次々と忠誠を誓う
場面が描かれています。

新しい女王の誕生を見守るセゴビアの人々の表情がなぜか
暗く沈んでいるのは、当時の王国の世相を表現しているとの
ことです。長い戦いの歴史や、14世紀のペストの大流行など
この地方の暮らしは決して楽なものではなかったのでしょう。

そうした多難な時代、夫との統治を目指すイサベルの王位継承の
緊迫した雰囲気が伝わる壁画でした。

TH  ++.. 2020/03/21(土) 09:18 [22439] [引用]

 
JPEG画像(18.0KB)
こちらはイサベルの晩年の肖像(参考画像)です。以前ご紹介した、
次女ファナと四女カタリーナの肖像を描いたフランドルの画家による
もので、多分こちらもイサベルをリアルに伝えているのではないかと
思われます。

イサベルの王位継承に至るまでには、異母兄エンリケ4世との
長い確執があったことにも触れておきましょう。

イサベルは、カスティーリャ王国のファン2世の長女として、
ポルトガル王家から後妻として迎えた王妃を母に、1451年、
アビラ近くのマドリガルの居城で生まれ、続いて2年後には弟が
生まれました。

イサベルが3歳の時父王が死ぬと、王位を継いだ26歳上の
エンリケ4世は、父の後妻とイサベルと弟を、近くのアレバロの
荒野の小さな城に追放します。イサベルの母はそのために発狂し、
幼い2人はそこで母方の祖母に育てられます。

イサベルが10歳の時、ようやく後継が生まれることになった
エンリケ4世は、王位継承権のある2人を手元で監視するため、
母親から引き離し、セゴビアへ呼び戻します。
やがてエンリケ4世に王女が誕生しますが、王の娘であることを
疑う貴族たちの一派によって、イサベルの弟はエンリケに対抗する
新王に擁立され、王位をめぐる長い抗争の果てに、15歳で変死を
遂げます。

次にエンリケ4世はイサベルをポルトガル王の後妻として結婚
させようとしますが、イサベルはそれを断り、カスティーリャの
将来を考え、隣国アラゴンのフェルナンドとの結婚を強行します。

その後もエンリケ4世に不満を持つ貴族たちがイサベルに接近
しますが、聡明なイサベルは「兄エンリケ4世が正当な国王である。
しかし、もしその嫡子の正当性に問題がある場合は次の王位継承権は
自分にある」とだけ表明して、ひたすら時を待ち、エンリケの死後、
直ちに行動を起こし、女王の座に就いたのでした。

TH  ++.. 2020/03/21(土) 10:23 [22440] [引用]

 
JPEG画像(240.2KB)
「王の寝室」

こちらでは15世紀の王の寝室が再現されていました。
壁を贅沢に覆うタペストリーや、樫のベッドの天蓋にかかる
赤一色のカーテンなど、当時の伝統的な織物が飾られていました。

TH  ++.. 2020/03/21(土) 10:26 [22441] [引用]

 
JPEG画像(176.6KB)
イサベルとフェルナンド両王と5人の子供たちの生活を描いた
壁掛けもありました。

TH  ++.. 2020/03/21(土) 10:27 [22442] [引用]

 
JPEG画像(48.8KB)
「諸王の間」

絢爛豪華な天井装飾です。
壁の上部にはカスティーリャの歴代の諸王の像が高く掲げられ、
天井を取り巻いています。王族の長い歴史が感じられました。

レコンキスタの開始者であるアストゥリアス王国のペラーヨ
(?〜737年)から、イサベル女王の娘フアナ女王までの
カスティーリャの歴代王の彫像が並びます。オリジナルは1862年の
火災で全焼してしまったため、今見られるのは複製です。

壁の中央の額に入った肖像はフェリペ2世で、その右の白いアーチの中の
坐像は11世紀のカスティーリャの英雄エル・シドだそうです。

TH  ++.. 2020/03/21(土) 10:30 [22443] [引用]

 
JPEG画像(48.8KB)
ここに並ぶのは、左からエンリケ4世(イサベルの兄)、
フェルナンド王(イサベルの夫)、イサベル女王、
そして、ファナ女王(イサベルの娘)です。

TH  ++.. 2020/03/21(土) 10:32 [22444] [引用]

 
JPEG画像(217.0KB)
「礼拝堂」

豪華な礼拝堂の祭壇には、新約聖書の17場面が描かれていました。
1570年、この場所でフェリペ2世と四番目の妻アナ王妃との
婚礼ミサが挙げられたそうです。

TH  ++.. 2020/03/21(土) 10:34 [22445] [引用]

 
> 聡明なイサベルは
> ひたすら時を待ち、エンリケの死後、
> 直ちに行動を起こし、女王の座に就いたのでした。

耐え抜いて賭に勝った (運も味方した)


Franzl  ++.. 2020/03/21(土) 13:38 [22446] [引用]

 
本当にイサベルの生涯を考えると、

不遇な境遇から王位に就けた事、フェルナンド王と結婚できた事、
レコンキスタを成就してスペインを統一できた事、
苦しい経済状態の中から周囲の反対を押し切って援助した
コロンブスが新大陸を発見し植民地と富を得た事など
運無くしては成し得なかった事ばかりですね。

やはり傑出した女王であり、運も実力のうちだったのでしょうか。
凄いです。

TH  ++.. 2020/03/22(日) 11:47 [22455] [引用]

 
> イサベルとフェルナンド両王と5人の子供たちの生活を描いた
> 壁掛けもありました。

「王の寝室」も壁掛けで飾られてますね。フランドル製でしょうか

Franzl  ++.. 2020/03/22(日) 23:21 [22456] [引用]

 
後で知ったのですが、「王の寝室」の壁には
模様を織り込んだ「タペストリー」と、生地に模様を描いた「サルガス」とが
掛けられていたようです。
だいぶ経年で変色していましたし、その違いには気が付きませんでした。

マドリードの王宮にはフランドル製の豪華なタペストリーが飾ってあり
ましたが、15世紀という設定のセゴビア城のはどうなのでしょうね。

TH  ++.. 2020/03/23(月) 16:28 [22457] [引用]





 セゴビア(5)  [返信] [引用]
JPEG画像(232.9KB)
「武器の間」

剣や槍、大砲といった様々な時代の実戦用武器が展示されています。
壁には様々な紋章が描かれた盾が架けられていました。

 
TH  ++.. 2020/03/21(土) 21:42 [22447]

 
JPEG画像(250.1KB)
次の部屋の大きな窓からは、城の立つ断崖の彼方に広がる
カスティーリャ平原を眺めることができました。

TH  ++.. 2020/03/21(土) 21:46 [22448] [引用]

 
JPEG画像(126.2KB)
「ファン2世の塔」

入り口近くのファン2世の塔まで戻り、上ってみました。
狭い螺旋階段が続いています。窓には鉄格子が入っており
牢獄や幽閉のためにも使用されたのでしょうか。

TH  ++.. 2020/03/21(土) 21:47 [22449] [引用]

 
JPEG画像(201.1KB)
塔の屋上に出ると、眼下にスレート葺きの屋根や塔が見えました。

TH  ++.. 2020/03/21(土) 21:49 [22450] [引用]

 
JPEG画像(199.4KB)
反対側の眺望です。
城に来る時通って来た旧市街が広がっていました。
中央にはセゴビア大聖堂の裏手が見えています。

TH  ++.. 2020/03/21(土) 21:54 [22451] [引用]

 
JPEG画像(184.1KB)
「断崖に立つセゴビア城」

次に城を出て、崖下から城を見上げる撮影スポットまで移動しました。
この位置からの城の全景は素晴らしく、城壁や塔が美しく調和しています。
ディズニーの「白雪姫」の城のモデルにもなったそうです。

TH  ++.. 2020/03/21(土) 21:57 [22452] [引用]

 
PNG画像(48.8KB)
こちらがディズニーの「白雪姫」からのワンカットです。
子供の頃の絵本の記憶が蘇りました。
(参考画像)

TH  ++.. 2020/03/21(土) 22:05 [22453] [引用]

 
JPEG画像(135.5KB)
スペインのお城なのに、なんだかここはメルヘンの世界です。

名残を惜しみながら次の目的地へ急ぎました。

TH  ++.. 2020/03/21(土) 22:13 [22454] [引用]





 最高視聴率!  [返信] [引用]
おめでとう!!!

同時間帯の大河ドラマを凌駕する

  「ポツンと一軒家」驚異の最高視聴率22%オーバー・・・

やろうたって出来るもんじゃありまっせん

P.S. そのうち、吉本からオファー来るんじゃないと?

 
元編集長  ++.. 2020/03/16(月) 13:42 [22425]

 
大河ドラマ「麒麟が来る」を見たために「ポツンと一軒家」は録画して今夜、初めて見ました。

平たい台地ではあったのでしょうが、人の手の入っていない山林を重機を導入しての道路造り、石垣造り、耕作地造り、住居造りの数々を見ていて興平殿はこんなきめの細かい素人とは思えない開拓作業をしてきたのかと驚嘆の思いでした。

規模は違いますが同じような開墾作業をしてきた新宮山彦ぐるーぷやカナダの隼人君のことを連想しました。

ホテルの厨房を任せられていたとき、朝食の用意をし終えたその足でk.mitikoさんところにかけつけ、パソコンの指導をしてくれた日々のことを思い出し、今更のように深い感謝の思いに浸されます。

この番組はブルーレイにダビングして仲間たちに見てもらうつもりです。

でも興平殿の名、タダヒラって呼ぶなんて初めて知りましたぞ。
みんな知ってたの?

リワキーノ  ++.. 2020/03/16(月) 23:38 [22426] [引用]

 
私も知らなかった〜〜〜
鳴滝ファミリー  ++.. 2020/03/17(火) 10:26 [22427] [引用]

 
私もmitikoさん同様、20年ほど前に吉田さんにパソコンの手ほどきを、
福岡ー東京の長距離電話でやって頂き、大変お世話になりました。
飲み込みが悪い私に、手作りの教材で辛抱強く丁寧に、1から教えて
くださり、おかげさまでパソコンに乗り遅れることもなく、今日に
至っております。今の課題はスマホに早く慣れることだと言われました。
これまたmitikoさん同様、ドコモの教室に通っております。

今回画像で農園をつぶさに拝見し、自力でなさったという、山肌の
土木工事や自宅や周辺設備、そして果樹の植樹などの整然とした
仕上がりに驚嘆し、さすが吉田さん一事が万事なのね〜と改めて感心
しました。
これからもご家族、特に可愛いお孫さんと楽しくお過ごしくださいね。

TH  ++.. 2020/03/17(火) 20:16 [22428] [引用]

 
興平の手際の良さは特筆に値するね。浩子さんが番組中で言ってたコメント;
「元々調理師だったから、私達の食事もいいよいいよなんて言いながら自分が作ってくれる。そして食べ終わった頃は洗い物がほとんど終わっている」(二人で鶏の唐揚げ食べてるシーン)

自宅建てる際は壁板を天井に貼ったんだったかな?柔軟な応用力。

Franzl  ++.. 2020/03/18(水) 12:48 [22429] [引用]

 
ポツンと一軒家この20年間の出来事をオーバーラップさせながら楽しく拝見しました。パソコンの偉大なる先生でもありました。美人歯科医、裏技窃盗団、バーベキュー、餅つき大会、熱々の焼きたてピザ、物静かな杉さんのこと次々と心に浮かびます。

いつか突然お尋ねしたとき
浩子さんと二人で黙々と床を張っていらっしゃいましたね。
丁寧に一本1本釘をうちこんで。
仲睦まじく美しいご夫婦の姿が印象的でした。
皆でアンパン食べました。

鍋よし閉店の最後の宴会とき
浩子さん「主人を信じてついていきます」と晴れやかに
宣言されたことあっぱれと感じ入りました。

最後のほうで興平さんが
物事の良い面を見ていくという言葉は
なかなか心に響きました。

元気いただきました。
ありがとうございました。



らんらん  ++.. 2020/03/18(水) 19:23 [22430] [引用]

 
> 美人歯科医
いらっしゃいましたね。私もちょっとだけいい思い出があります、フフフ、、
「フフフ」は美人歯科医の台詞じゃなかったかな?

> 鍋よし閉店の最後の宴会
最後の晩餐とも言ってましたね、懐かしい。2000年だった?寒い頃?

> 最後のほうで興平さんが
> 物事の良い面を見ていくという言葉は
> なかなか心に響きました。
「チェーンソーの使い方が巧くなる」という、あれね。あれ良かった。

もう15年ほど前の話、うちの受付の女の子が「吉田造園さんて、メチャ素敵ですね」と言っていた。咄嗟に顔のことじゃないと思った。

Franzl  ++.. 2020/03/19(木) 00:47 [22433] [引用]

 
JPEG画像(85.0KB)
これいったい誰や?
Franzl  ++.. 2020/03/20(金) 14:33 [22435] [引用]

 
JPEG画像(121.4KB)
> これいったい誰や?

あ、そーだったの! 2008年師走

Franzl  ++.. 2020/03/20(金) 14:35 [22436] [引用]

 
> > これいったい誰や?
>
> あ、そーだったの! 2008年師走
>

割烹着姿のらんらんであります。
後ろの方に松本一喜ちゃんの姿が見えています。
よくこんな写真がありましたね。

らんらん  ++.. 2020/03/20(金) 16:34 [22437] [引用]



 


     + Powered By 21style +