| RSS | 携帯用 | 小春の伝言板 www.koharu-home.jp




名前  
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル  
添付  >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー       削除キー 



 地震  [返信] [引用]
寝屋川は震度6の強い揺れでしたが、私たち夫婦も家も無事でした。
家内と2回のベランダにいたので、家屋が倒壊しても圧死は免れそう、という気持ちだったのでそれほど怖くなかったです。
震度5くらいかなと思ったら速報で6だったので驚きました。

 
リワキーノ  ++.. 2018/06/18(月) 08:16 [21589]

 
案じていたところです。大阪ではこれだけの規模の地震は珍しいのではないでしょうか。無事でなによりでした。
k.mitiko  ++.. 2018/06/18(月) 09:22 [21590] [引用]

 
関西のおっさんたちもそれぞれに無事だったようです。
家の中の物が落ちた程度かな。

はなパパ  ++.. 2018/06/18(月) 11:37 [21591] [引用]

 
関西の皆さん
地震の影響少なくて何よりでした
今後余震のない事を祈り🤲

Woodman in NY  ++.. 2018/06/19(火) 19:36 [21592] [引用]

 
皆さんご無事でなによりです。
よかった、よかった!

Franzl  ++.. 2018/06/20(水) 08:19 [21593] [引用]





 心に残る旅でした  [返信] [引用]
クリックで拡大表示 ( .jpg / 70.4KB )

編集長さん

ミニレポートの掲載を有難うございました。
二泊三日の短い旅でしたが、截金のことや竜安寺のうたなど手ごたえのある旅でしたので手持ちの写真は少ない
なかミニレポートに挑戦しました。

写真は製作中の江里佐代子さんです。

 
k.mitiko  ++.. 2018/06/16(土) 21:05 [21585]

 
おはようございます!

ミニであれロングであれこうやって、旅の記憶を何らかの手段で残すと云う事・・・

いうなれば一つの自分の足跡のようなもの、ネット社会にあってこんな便利な利用法はありません

後になって見返して、あの時のスタイルや見分のコンテンツ、誰と何処で何をした? 一目瞭然です!

編集長  ++.. 2018/06/17(日) 05:30 [21586] [引用]

 
格調高いk.mitikoさんのお墓参りと、龍安寺訪問は、レポートにまとめ残しておく価値大ですね。

優美な仏様のお姿は、きり金の技法が施され、見惚れてしまう素晴らしい美術品でもありますね。

有名な龍安寺の石庭も、小雨降る新緑の中でしっとりと心に染み入るようです。

ご次男のお嫁さん、優しい方ですね、いい旅なさいました。

小春ママ  ++.. 2018/06/17(日) 07:56 [21587] [引用]

 
編集長さん 小春ママさん

コメント有難うございます。編集長さんのおっしゃるようにミニレポートでも自分の歩いた記録が残せますね。

小春ママさん

江里佐代子さんのあまりにも早い旅立ちに私なりに
残念な思いをこうして記録に残し、一人でも多くの
方にその業績を紹介したいと思いました。

k.mitiko  ++.. 2018/06/17(日) 08:31 [21588] [引用]





 有難うございました  [返信] [引用]
クリックで拡大表示 ( .jpg / 284.5KB )

編集長

早速の掲載、有難うございました。
この時期、どっかへ行きたくて、アジサイ寺を拝観した
次第です。
5月中はばたばたしてて、イタリアの編集長の画像、
さすさらさんの投稿など、楽しく拝見していたのですが、知識が「ローマ人の物語」から以降、全くなくて
ただただ、楽しんでばかりおりました。
これからも、繰り返し拝見させていただきますね。

 
はなパパ  ++.. 2018/06/15(金) 17:34 [21583]

 
>これからも、繰り返し拝見させていただきますね。

そんなに云って貰えれば、もうレポーター冥利に尽きると大変嬉しく思います。

旅のパターンがお仕着せでない、勝手気ままの寅さん旅だったのがきっと良かったのでしょう。

同行仲間が個性溢れるパーソナリティーの持ち主、、、運転しながら聴く会話に思わず吹き出しそうになる事しばしばでした。

しかし関西は花の都、、、パリも真っ青!?

編集長  ++.. 2018/06/15(金) 19:07 [21584] [引用]





 夢中になれること  [返信] [引用]
クリックで拡大表示 ( .jpg / 26.9KB )

k.mitikoさん

イスラム、スペイン・・・
またもや大作レポートをありがとうございました。

いつもmitikoさんのレポートには圧倒されています。

幼き頃からの読書、絵画や音楽鑑賞、生のお芝居に触れたり。
永きにわたり熟成されたもの、普通はそのまま内面に留まっているのでしょうが、小春ちゃんページの存在のお蔭あって形あるものになり何よりです。

レポートと簡単に申しますが、画像も探さねばならず
とても気力、体力のいることです。
そのような構成にしようか・・・いろいろ考えておられる時間
至福のときかもしれませぬ。若さの秘訣!
「輝いておられます」と小春ママの書き込みにありましたが
正しくであります。
次はどんなテーマかしら・・・楽しみに。


ジブラルタル。そこを訪れるなんて思ってもみませんでしたが、スペインのコスタデスソル滞在のときに行きました。
ほとんどフリーのツアーでしたが、日帰りでモロッコまで船で行かれたご夫婦がおられました。
後になって思いました。私も行っていればアフリカ大陸制覇だったのにと。残念。

前にも出しましたが画像はジブラルタルです。

因みに私が夢中になっていること。
健康麻将です。
近くのカルチャースクールだけでは飽き足らず
片道一時間かけて銀座の女性だけで打てるスクール
(といっても出来る方々がいらしているので、習って
いる方は滅多にみない)へも行き始めました。
ささっと持参のお弁当を食べる以外は打ちっぱなし。
5時間半近くやって帰ります。
(終わる時間は4時と決まっている)

先日同卓の方々。89歳、88歳、78歳でした。
中高年ばかりのお教室で、みなさんのお元気さに
圧倒されております。




 
Yoko  ++.. 2018/06/14(木) 16:15 [21580]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 54.3KB )

yokoさん

長文のレポートを見てくださって有難うございました。
おっしゃるように小春ホームページがあればこそ、私の
内面にひそんでいたものが陽の目を見ることができました。80歳を超えて自分を表現できる場があることの
幸運を身にしみて感じています。それが私の生き甲斐であり、人一倍忘れっぽい私のぼけ封じになっているかも
知れません。

ジブラルタルまでいらっしゃったのですね。もう目の前
はアフリカ、遠望できる距離でさぞ感動されたことでしょうね。

yokoさんが夢中になっておられる健康麻雀、さぞかし
楽しいことでしょうね。自分が夢中になれるものがあるのはしあわせなことではないでしょうか。羨ましいです。とは言っても私は勝負ごとは全く駄目ですので、
レポートの方に集中します。

何かに夢中になること、何かを感じることは健康あって
のことですから、くれぐれもお気をつけくださいね。

k.mitiko  ++.. 2018/06/15(金) 08:57 [21581] [引用]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 67.1KB )

k.mitikoさん

季節のせいか、いろいろ身体に不調はあるものの
まーじゃんはできることに幸せを感じています。

私は視力が悪く左右差が激しいので、いろんな問題が
ありまして、小春ママにも「まーじゃんは大丈夫なの?」
とご心配いただきましたが、まーじゃん卓との距離が
丁度よいのか大丈夫なのです。
携帯電話の小さい画面をみるのは××ですが。

じんろくパパの理解もあり、まーじゃんを楽しめている
ことに感謝しています。

でもね・・・近くのお教室は嫌な方もいなくて和気藹々
で打てるのですが、銀座の方は人も多くていろんな人が
いて・・・イジワルな人もいるのだよ〜
15卓あるので満卓だと60名のおばちゃんたち。

お昼ご飯を食べながら話していると、同じ人に被害に
あっていることがわかったりします。
まーじゃんが終わった後に、またご一緒したいわね〜
なんて云われると嬉しいものです。

銀座のカルチャースクールは、私にとって修業の場です。

追伸:私のように一人で曜日も決めずに通っていると
午前と午後では卓が替わることがほとんどです。
午後からは何番へ行ってくださーい、なんて云われると
なんだかご指名がはいってテーブル替わる銀座のホステス
さんになった気分です!!

Yoko  ++.. 2018/06/15(金) 16:56 [21582] [引用]





 掲載を有難うございました。  [返信] [引用]
編集長さんレポートの掲載を有難うございました。

画像の処理では大変お世話になり感謝しております。
編集長さんのシシリー行きから刺激を受けまして、私の
関心がスペインに広がり、このレポートをまとめる過程で知りました1000年近く前のスペインやシシリーの
時代の宗教的寛容さに感銘を受けました。

それが現代まで受け継がれなかったことの背景には
大いに興味を覚えましたが、それはまた別の話になり
ます。歴史を知るということは生きることだと実感
しています。つたないレポートですが、発表の場を
与えて頂いて有難うございました。

 
k.mitiko  ++.. 2018/06/10(日) 20:36 [21576]

 
おはようございます!

スペインですかあ? 未だ行った事のない国の一つ、、、シチリア旅の次の候補地になりそうですね?

無理やりではないにしても、ラテン気質満々たるイタリアとスペイン、本来EU枠に閉じ込める事すら困難なのではと思っています。

金融情勢からみてEUの劣等生たるこの2か国、国民は「だから云わんこっちゃない」なる気分でEU本部に対する不満たらたら。

一方、歴史的に見て重要なポジション占めたこの国の魅力には惹かれるのが当然だと、世界からの観光客押し寄せる現状。

レポート見て尚更の気にさせて貰いました。

編集長  ++.. 2018/06/11(月) 07:22 [21577] [引用]

 
シチリアの旅から次へと発展してゆく、k.mitikoさんの活発な頭脳と豊かな心は更に進化し続けておられますね。

美しい写真揃えての、定着した技術にも説得力を感じます。

小春ママ  ++.. 2018/06/11(月) 07:44 [21578] [引用]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 108.3KB )

編集長さん 小春ママさん

コメントを有難うございました。画像の処理がうまく
行かず、落ち込んでいましたが、お二方のコメントに
はげまされ、めげずにこれからもテーマを探して
私なりのレポートをまとめたいと思っているところです。

人と人との交流、国と国の文化を通した交流こそ、未来に希望がもてるのではとシチリアやスペインの例を通して未来に希望が持てますね。


k.mitiko  ++.. 2018/06/11(月) 11:31 [21579] [引用]





 奇跡の旅  [返信] [引用]
クリックで拡大表示 ( .jpg / 176.9KB )

編集長さん さすさらさん

長編の心に残る個性的なシチリアレポートを有難うございました。私もどれだけ心を癒されたかはかりしれません。どの風景もどれだけの言葉もそれを表現された方の
信条がこもり、私の心に響いてきました。

高校の同級生の方々の古希を迎えようとする時期に
これだけ結集されての旅行、奇跡のように思へます。
長期間楽しませていただいて心からお礼申し上げます。

 
k.mitiko  ++.. 2018/06/03(日) 09:00 [21570]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 282.8KB )

私の一番印象に残りました映像は音楽入りの
サジェスト神殿で、あの神殿のカメラワークの良さ。、
あの神殿を眺めていますと、歴史や風土、さまざまな
想念が心をよぎり、見飽きることがありません。

シチリア旅行のことを聞きましたときから、私の中に
別の時間が流れ始め、今も消えることなく私の生きる
原動力になっています。4人組のみなさん有難うございました。

k.mitiko  ++.. 2018/06/03(日) 09:15 [21571] [引用]

 
> 編集長さん さすさらさん
>
> 長編の心に残る個性的なシチリアレポートを有難うございました。私もどれだけ心を癒されたかはかりしれません。どの風景もどれだけの言葉もそれを表現された方の
> 信条がこもり、私の心に響いてきました。
>
> 長期間楽しませていただいて心からお礼申し上げます。


レポートを書いた甲斐がありました。
多大なるお褒めを頂き、恐縮です。

その21まで、続いてしまい、全体がぼやけてしまったかも、しれません。
撮りためた写真を見ながら、旅の記録を描き続けたら、ここまでになってしまいました。

今はやれやれ。
これで、広報担当の役目を無事、終えたのだ。
お疲れ様なのだ。

さすさら  ++.. 2018/06/03(日) 15:15 [21572] [引用]

 
さすさらさん

出発当日は、ご自宅の美しい庭のバラに見送られましたね。

久し振りに我が家で、お話しできた事は嬉しかったです。

同級生4人旅は、イタリア各地でその土地その場面に溶け込んだ様子を伝えて、レポートで見事に完結なさいました。

流石のさすさらさんです!

さすさらさんのレポートは分かり易く楽しいと定評ですが、気力・体力共に充実しておられ今後のご活躍を楽しみにしています!

>我が家はいいなあ・・・

帰宅されてホッとなさいましたね、お疲れ様でした!

小春ママ  ++.. 2018/06/03(日) 19:48 [21573] [引用]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 218.7KB )

さすさらさん 

> 今はやれやれ。
> これで、広報担当の役目を無事、終えたのだ。
> お疲れ様なのだ。

いやー、よく頑張ったなあ。最長不倒回数のレポートでは?またお勉強もしっかりできていましたね。でも退屈せずに楽しみました。シチリアは初めてでしたがあんなにギリシアの影響があるとは!ナポリ、アマルフィ、ローマは懐かしいシーン続出で思い出しながら拝見。

編集長殿
さすさら節に加えて博識の編集長レポート、ドローン画像も加わり、正に百花繚乱でした。

前の日曜日に仁和寺の裏の御室八十八カ所巡りを歩いてきました。適度のアップダウンで二時間程のウオーキングでしたが無事結願出来ました。ご利益は何だろなー。



京都のリンダです  ++.. 2018/06/05(火) 10:41 [21574] [引用]

 
長編にお付き合い頂き thanks for your patience!

>仁和寺の裏の御室八十八カ所巡りを歩いてきました。
>ご利益は何だろなー。

東寺に結願報告しに行ったら

「お宅、煩悩の数知ってまっしゃろ?」 「百と八っつですか?」 「そうです、あと二十廻って結願ですう」

ご利益までには道尚遠し!? ですね?

編集長  ++.. 2018/06/05(火) 13:12 [21575] [引用]





 大きなお土産を頂ました  [返信] [引用]
クリックで拡大表示 ( .jpg / 282.8KB )

編集長さん 小春ママさん

久しぶりの会食は、シチリア旅行のお土産話に時間のたつのも忘れて楽しむことができまして有難うございました。

レポートや動画で楽しんできましただけに、その楽しさは格別で、美味しい料理も上の空で、いつもと違った
時間が過ぎていきました。

今回のみなさんの旅行の迫力あるレポートに、私は追体験をさせて頂きましたことで、長年、こびりついた歴史認識を変えることができました。こんなことは初めてで
これからを考える希望を頂いたように思います。

いつものことながら小春ママさんにはいろいろとお世話
になりました。

MFさん今晩も送っていただき有難うございました。

 
k.mitiko  ++.. 2018/05/28(月) 21:05 [21566]

 
いつもの心地よい空間で美味しいお料理を頂きながら、お土産話を堪能致しました。

ホームページで、シチリア道中をお相伴させて頂き、
今日はまた、編集長の名調子で聞かせて頂く、とっておきの秘話(?)・・・
2度も旅行を楽しめるなんて! 贅沢ですね。

悠かギリシャの時代から営々として続く圧倒的な文化の集積!
人々の笑いや苦しみに満ちた様々な営みが、
わが足元に降り積もるように実感される歴史の重みに、
心を揺さぶられました。

それにしても、海外旅行にドローン持参の編集長のアイデアには、脱帽です。
素晴らしく幸せな時間をありがとうございました。

MF  ++.. 2018/05/28(月) 21:57 [21567] [引用]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 211.3KB )

編集長さん

早速のレポートを有難うございました。ラベンナさんの
心尽しの数々のお料理とともに昨夜の会食の楽しさが
よみがえってきました。

次のレポートの「ローマの休日」は初めて見る古代ローマの遺跡に、2000年前のスケールの巨大さにあらためて驚きました。「パクスロマーナ」と言われた帝国の
実態をツアーでは見れない場所にまでカメラが迫り感銘を受けましたが、観客の多さには考えさせられました。

カエサルの粗末な墓には驚きました

k.mitiko  ++.. 2018/05/29(火) 11:56 [21568] [引用]

 
同級生4人のシチリア行きも、旅の最中から同時進行でコメント下さったりで盛り上げて下さいました。

お陰で愉しみも一層膨らんだ様子・・・

さすさらさんや、五木寛之氏の仰る
「70歳代の黄金期」 のスタート切った訳ですから
これから先も頑張れると思います。

それにしても、k.mitikoさん、輝いておられますね!

小春ママ  ++.. 2018/05/29(火) 15:05 [21569] [引用]





 素晴らしい九重!  [返信] [引用]
素晴らしい九重の動画有難うございます。
因みに、今回はDJI Mavic AIR での空撮とみたが如何ですか?

 
やぎちゃん  ++.. 2018/05/28(月) 08:14 [21564]

 
やぎちゃん

当たり! 良く判りましたね、、、流石ラジコン界先人の知識でしょうか?

CCDが大きい分、Phantom4の画像は鮮明かつ安定感抜群なんですが、海外や山に持参となれば躊躇してしまいます。

たこ足のMavicよりコンパクトで使い勝手の良好なMavicAir、大変重宝しています。

編集長  ++.. 2018/05/28(月) 08:52 [21565] [引用]





 アリタリア  [返信] [引用]
クリックで拡大表示 ( .jpg / 60.6KB )

「パレルモからローマへはアリタリア航空」ということですが、
このアリタリア、ALITALIA、以前はオールイタリア、All Italia とばかり思っていたら、Ali は翼(複数形)で、「イタリアの翼」と、なんとなんと洒落た名前!

 
Franzl  ++.. 2018/05/26(土) 23:21 [21562]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 96.6KB )

面白い視点からの解説
では釈迦に説法!?

"Luft Hansa" GermanAirlineは私の解説で・・・

Luftは空、Hansaはかの有名なハンザ同盟に由来の商業組織
でもって「空のハンザ同盟」⇒「空駆ける商人」洒落ちゃいませんが、しっかりと儲かっている感じですね

Panamも Jalも BOACもAirFranceも、無論Alitaliaもそう、ナショナルフラッグキャリアでありながら全て倒産の憂き目にあった会社

そんな中、Lufthansaはしっかりと機体整備に金掛けて、「おたくの中古機だったら是非譲って欲しい」なるLCC多数の人気者!

編集長  ++.. 2018/05/27(日) 04:54 [21563] [引用]





 パレルモ大聖堂の威容  [返信] [引用]
クリックで拡大表示 ( .jpg / 176.9KB )

編集長さん

フリードリヒ二世の眠るパレルモ大聖堂を紹介して頂き
有難うございました。

その後継者を攻め滅ぼし、シチリアに圧政を敷いたフランスの支配者にシチリアの人々の反乱の「シチリアの晩祷」はベルデイのオペラとして有名で、「世界の驚異」と言われたフリードリヒ二世の亡き後は、シチリアから寛容の精神が失われ、苦難の歴史が続いていったと言われています。

レポートで紹介される現代のシチリアの活気からは想像
できませんね。パレルモ大聖堂の威容はそのシンボルのように思はれ印象に残りました。

素敵な四人組みです。

 
k.mitiko  ++.. 2018/05/26(土) 08:20 [21560]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 226.4KB )

>パレルモ大聖堂の威容はそのシンボルのように思はれ印象に残りました。

そんな歴史には無縁の4人組、宿への帰路たまたま通って 「何やこれ? デッカイなあ!」 教養の問題でしょうか?

レポート楽しみにしている v.k.
「なんだかシチリアへ行きたくなったなあ」

ブームが起きて貧しいシチリアへの微々たる貢献できれば云う事なしなんですが・・・

編集長  ++.. 2018/05/26(土) 10:28 [21561] [引用]



 


     + Powered By 21style +