Freshwater Goby Museum の もくじ へ | この掲示板について | RSS | 昇進状態 | 携帯用 | 過去ログ/検索 |



Freshwater Goby Museum BBS




Freshwater Goby Museum の写真掲示板です。皆さんの撮影されたハゼやいろんな生き物の写真と一緒に、あるいは添付なしでもかまいません。気軽に投稿してください。画像はクリックして拡大できます。


Please show your pictures and shall we talk about gobies in the world !!
But...The author Taro's English is very poor...



※添付ファイルのサイズは 100KB 以内、画像にお絵かきをしてから投稿される場合は投稿画面の「お絵かき」を始めにクリックしてから画像を参照してください。


 
新規投稿 ] 
  バリ島のボウズハゼ+@  活士 2017/02/06(月) 19:41 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  活士2017/02/06(月) 19:44 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  活士2017/02/06(月) 19:45 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  活士2017/02/06(月) 19:55 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  活士2017/02/06(月) 19:56 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  活士2017/02/06(月) 19:57 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  活士2017/02/06(月) 20:01 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  たろう [URL]2017/02/06(月) 23:51 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  活士2017/02/09(木) 00:20 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  おでっせい2017/02/09(木) 01:22 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  おでっせい2017/02/09(木) 22:39 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  活士2017/02/09(木) 23:57 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  活士2017/02/11(土) 14:44 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  活士2017/02/12(日) 00:13 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  活士2017/02/12(日) 00:15 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  たろう [URL]2017/02/13(月) 23:27 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  活士2017/02/16(木) 12:59 
  モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい 2017/01/22(日) 22:12 
モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/22(日) 22:16 
モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/22(日) 22:17 
モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/22(日) 22:19 
モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/22(日) 22:21 
モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/22(日) 22:26 
モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/22(日) 22:31 
モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/22(日) 22:34 
モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/22(日) 22:38 
モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/22(日) 22:44 
モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/22(日) 22:47 
モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/22(日) 22:50 
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  たろう [URL]2017/01/23(月) 23:33 
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/25(水) 00:03 
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/25(水) 00:07 
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/25(水) 00:10 
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/25(水) 00:12 
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/25(水) 00:13 
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/25(水) 00:14 
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/25(水) 00:16 
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/01/25(水) 00:18 
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  たろう2017/01/26(木) 21:08 
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/02/09(木) 01:07 
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  おでっせい2017/02/11(土) 23:44 
  ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  おでっせい 2016/07/24(日) 20:39 
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼA  おでっせい2016/07/24(日) 20:41 
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼB  おでっせい2016/07/24(日) 20:45 
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼC  おでっせい2016/07/24(日) 20:47 
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼD  おでっせい2016/07/24(日) 20:50 
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼE  おでっせい2016/07/24(日) 20:52 
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼF  おでっせい2016/07/24(日) 20:56 
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼG  おでっせい2016/07/24(日) 20:58 
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼG  おでっせい2016/07/24(日) 21:06 
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼH  おでっせい2016/07/24(日) 21:10 
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼI  おでっせい2016/07/24(日) 21:14 
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼJ  おでっせい2016/07/24(日) 21:20 
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼK  おでっせい2016/07/24(日) 21:25 
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼL  おでっせい2016/07/24(日) 21:29 
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼM  おでっせい2016/07/24(日) 21:43 
Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  たろう [URL]2016/07/26(火) 20:57 
Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  おでっせい2016/07/28(木) 19:06 
Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  おでっせい2016/07/28(木) 19:09 
Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  おでっせい2016/07/28(木) 19:13 
Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  おでっせい2016/07/28(木) 19:16 
Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  おでっせい2016/07/28(木) 19:17 
Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  おでっせい2016/07/28(木) 19:25 
Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  たろう [URL]2016/08/01(月) 02:33 
  GW奄美大島01  おでっせい 2016/05/16(月) 22:56 
GW奄美大島02  おでっせい2016/05/16(月) 22:57 
GW奄美大島03  おでっせい2016/05/16(月) 23:01 
GW奄美大島04  おでっせい2016/05/16(月) 23:04 
GW奄美大島05  おでっせい2016/05/16(月) 23:05 
GW奄美大島06  おでっせい2016/05/16(月) 23:08 
GW奄美大島07  おでっせい2016/05/16(月) 23:10 
GW奄美大島08  おでっせい2016/05/16(月) 23:12 
GW奄美大島09  おでっせい2016/05/16(月) 23:13 
GW奄美大島10  おでっせい2016/05/16(月) 23:17 
Re:GW奄美大島01  たろう [URL]2016/05/18(水) 01:23 
  小型水槽でのカワヨシノボリの飼育数について  fkdj 2016/01/30(土) 02:30 
Re:小型水槽でのカワヨシノボリの飼育数について  たろう [URL]2016/01/31(日) 00:49 
返信ありがとうございます  fkdj2016/02/01(月) 08:13 
Re:返信ありがとうございます  たろう [URL]2016/02/05(金) 00:00 
  オーストラリアのナンヨウ類@  おでっせい 2015/05/28(木) 21:23 
オーストラリアのナンヨウ類A  おでっせい2015/05/28(木) 21:27 
オーストラリアのナンヨウ類C  おでっせい2015/05/28(木) 21:31 
オーストラリアのナンヨウ類D  おでっせい2015/05/28(木) 21:35 
オーストラリアのナンヨウ類E  おでっせい2015/05/28(木) 21:37 
オーストラリアのナンヨウ類F  おでっせい2015/05/28(木) 21:40 
オーストラリアのナンヨウ類G  おでっせい2015/05/28(木) 21:42 
オーストラリアのナンヨウ類H  おでっせい2015/05/28(木) 21:45 
オーストラリアのナンヨウ類I  おでっせい2015/05/28(木) 21:47 
オーストラリアのナンヨウ類J  おでっせい2015/05/28(木) 21:48 
オーストラリアのナンヨウ類K  おでっせい2015/05/28(木) 21:50 
オーストラリアのナンヨウ類L  おでっせい2015/05/28(木) 21:52 
オーストラリアのナンヨウ類M  おでっせい2015/05/28(木) 21:54 
Re:オーストラリアのナンヨウ類@  たろう [URL]2015/05/28(木) 23:53 
Re:オーストラリアのナンヨウ類@  おでっせい2015/05/31(日) 00:07 
Re:オーストラリアのナンヨウ類@  おでっせい2015/05/31(日) 00:13 
Re:オーストラリアのナンヨウ類@  おでっせい2015/05/31(日) 00:15 
Re:オーストラリアのナンヨウ類@  おでっせい2015/05/31(日) 00:18 
Re:オーストラリアのナンヨウ類@  たろう [URL]2015/06/06(土) 00:35 






[ 返信 引用 一覧 ]
バリ島のボウズハゼ+@
   投稿者: 活士  ..ゴマハゼ級(12平方メートル)  
2017/02/06(月) 19:41
No. 4552
 
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 143.1KB ) 初めまして、活士と申します。
つい先日バリ島へ旅行に行ってきました。
ヨロイボウズハゼ、ナンヨウボウズハゼ、アカボウズハゼ、ルリボウズハゼの仲間を確認して、捕獲できたハゼを晴らせて頂きます。
まずはヨロイボウズハゼ、Lentipes whittenorumでしょうか?

12平方メートル のエサ場を確保しました。
 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: 活士  ..ヒナハゼ級(19平方メートル)  ..2017/02/06(月) 19:44  No.4553
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 150.4KB ) 続いてナンヨウボウズハゼ属です。コンテリボウズハゼに似てますが雰囲気が違います。調べてもわからないのでStiphodon spとします。
7平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: 活士  ..ヒナハゼ級(29平方メートル)  ..2017/02/06(月) 19:45  No.4554
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 143.5KB ) 別アングルから。大きめの川の上流域にある程度の密度で見られました。
10平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: 活士  ..ピーコックガジョン級(38平方メートル)  ..2017/02/06(月) 19:55  No.4555
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 133.7KB ) 現在の水槽内では青みが引いて真っ黒な姿になっています。第一背鰭の一部と第二背鰭、尾鰭の縁が青くなるなどコンテリっぽいところはあります。
9平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: 活士  ..ピーコックガジョン級(44平方メートル)  ..2017/02/06(月) 19:56  No.4556
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 136.0KB ) こちらもナンヨウボウズハゼ属ですが、この魚もネットでは全くみたことがない魚です。
6平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: 活士  ..ピーコックガジョン級(51平方メートル)  ..2017/02/06(月) 19:57  No.4557
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 148.1KB ) 別アングルから。このナンヨウボウズハゼ属はどちらかというと流れの緩い淵や平瀬で見られました。
7平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: 活士  ..ナンヨウボウズ級(75平方メートル)  ..2017/02/06(月) 20:01  No.4558
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 147.7KB ) こちらはアカボウズハゼ属です。雌雄と種類の判別が難しい大きさです・・・。
この川では、ひとつのエリアに複数のボウズハゼ類がいて、アカボウズハゼは2種類見られました。多分Sicyopus auxilimentusとSicyopus cebuensisと思うのですが未確認です。
24平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: たろう [URL]    ..2017/02/06(月) 23:51  No.4559
  活士さん、はじめまして、こんばんは〜。
これはまた興味深い写真をありがとうございます!

まずはヨロイボウズハゼ属、僕も以前一度バリの川に行ったことがあり、そのときに出会ったヨロイボウズがこれでした。とても懐かしいです。印象深い魚だったのでサイトのトップページのFrashにも載せています。
http://www17.tok2.com/home2/tarogoby/
http://www17.tok2.com/home2/tarogoby/river/river_bali.htm

おでっせいさんが以前撮られたヨロイボウズとはちょっと違っていたので島内に複数種いるのかも、と思っていますが、私も見たこの魚の特徴は胸びれ基底部付近に横に2つ並ぶ黒い斑紋、尾びれ基底部中央付近にある黒い斑紋ですね。
個人的にはLentipes Kaaea ではないかな、と思っています。

ナンヨウボウズハゼ属の1つめは、第1背びれを開いている写真はありますでしょうか?コンテリボウズハゼよりちょっと第1背びれが長そうに見えますね。
胸びれに点列がないところもコンテリボウズハゼに似ていますが、ケース内などの環境下では点列が消える種類もいるのでなんとも難しいですね。
フラッシュなしで撮影した写真で見ると印象がおそらく違うのだと思いますが、現段階ではStiphodon sp.ですね。

2つ目の方は、確かにあまり見ない斑紋パターンですね。
印象的にはハヤセボウズハゼの若い個体に似ている感じもしますが、尾びれの斑紋がハヤセとも少し違いますね。ニジイロボウズハゼ系の1亜種っぽい感じかもですね。

アカボウズハゼ属は難しいですね〜。
Sicyopus cebuensis だと体の前半部の鱗に特徴があると思いますが、このサイズだと難解ですね・・・。

こういう写真を拝見すると、東南アジア諸国の川にまた行きたくなります。
実は仕事でシンガポールやマレーシアに行ったときに、空き時間でいくつか川には行っているのですが、
都市部からあまり遠くに行けないこともあり、これまでに出会えたハゼは移入ゴクラクハゼだけです。
日本のゴクラクハゼとは違っていて、それはそれで興味深い出会いではあったのですが、
東南アジアならやっぱりボウズハゼ類ですよね!

また何か発見がありましたら教えてくださいませ〜! 
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: 活士  ..ヨロイボウズ級(121平方メートル)  ..2017/02/09(木) 00:20  No.4560
  返信ありがとうございます!
バリ島へ行くきっかけのひとつが、このサイトのそのページとおでっせいさんの動画なのでなんだか感慨深いです。僕が捕まえたヨロイボウズハゼは島の東側なので、川によって棲み分けてたりするのかな、とか思いました。

暫定的に黒いコンテリと呼びます。背鰭を開いた写真はまた時間があるときに撮ります。
各背鰭はそこそこ大きくて、他種の雄にフィンスプしているのを一瞬だけ見ましたがかなりの迫力で、綺麗で見ごたえがあってかなり魅力的な姿でした。

このボウズハゼ達を捕まえたエリアではもう一種類のナンヨウボウズハゼを確認してるのですが、雨季なのもあって水量が多く、かなりとり逃がしたのが悔やまれます。

他にも是非みていただきたいものがありますので、また今度よろしくお願いしますね!
46平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,583平方メートル)  ..2017/02/09(木) 01:22  No.4562
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 84.5KB ) 活士さん、こんばんは〜

バリ島でStiphodn見られましたかー!うらやましい。
私もStiphodon探したんですが見れずじまいでした。
そもそも年に4回も米が収穫できる島なので、どこかの田んぼが代搔き状態で、殆どの川が濁ってまして....
ん〜ん、残念。
活士さんの写真を見たらリベンジしたくなりました。

ちなみに私が見たヨロイボウズ属は、当初Lentipes whittenorum1種だと思っていましたが実は2種で、ド派手なオスは、Lentipes ikeaeだったようです。

ところで一昨年のゴリ研に参加されていたようですが、お話しましたでしょうか...

今夕(2/9)撮れたての写真を貼ります。
ニジイロとコンテリがフィン・ディスプレイ合戦してました。
48平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,572平方メートル)  ..2017/02/09(木) 22:39  No.4563
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 86.4KB ) 追加で、以前にバリ島産:Lentipes whittenorumと紹介したオスの内 Lentipes ikeae と思われるオスの写真も貼ります。
11平方メートル のエサ場を奪われてしまいました。
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: 活士  ..ヨロイボウズ級(154平方メートル)  ..2017/02/09(木) 23:57  No.4564
  おでっせいさんも返信ありがとうございます!
川の透明度はおでっせいさんが投稿されていた、バリ島のヨロイボウズハゼの動画と同じぐらいだと思います。
見かけたStiphodonはおそらく3種で、下流側か別の川へいけばS semoni
にも会えたと思います。

一昨年のゴリ研では、おでっせいさんの姿は認識していました。僕の友人がおでっせいさんとヒナハゼの話をしたそうです。
33平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: 活士  ..アヤヨシノボリ級(196平方メートル)  ..2017/02/11(土) 14:44  No.4565
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 138.2KB ) 写真を追加します。背鰭尾鰭の縁はコンテリっぽさがあるのですが、やはり全体的に黒いです。実際水中で見たときも、ニジイロボウズハゼ系の何かかな、と思いました
Lucky !!  42平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: 活士  ..アヤヨシノボリ級(188平方メートル)  ..2017/02/12(日) 00:13  No.4567
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 140.2KB ) もう少し鮮明なものを。コンテリと言われればコンテリに見える。でもやっぱ黒い・・・。
8平方メートル のエサ場を奪われてしまいました。
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: 活士  ..アヤヨシノボリ級(196平方メートル)  ..2017/02/12(日) 00:15  No.4568
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 142.7KB ) 背鰭も開いてくれました。また今度ガラス面は綺麗にしておきます(汗)
8平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: たろう [URL]    ..2017/02/13(月) 23:27  No.4569
  どうも、こんばんは〜

写真ありがとうございます。
なるほど〜、第1背びれの端部と第2背びれの前端部に入る赤の感じなど、これはコンテりボウズハゼっぽいですね。
日本のものに比べて背びれが少し大きく見え、胸びれも軟条の分岐の先で長めに伸びているような感じがしますね。
生息地の環境の影響で後天的にこう育つのか、地域的な特徴なのか、
あるいは日本でも個体差でこういう個体もいるのか、いずれにしても興味深いですね。

僕もバリで黒っぽいStiphodonを目撃したのですが、
水が少し濁っていたこともあってきちんと特徴を見ることはできなかったのですが、
ひれが大きい印象からニジイロボウズハゼ系と思い込んでいました。
もしかしたら、このコンテりボウズハゼだったのかもしれませんね。

ご存知のとおり、この仲間は体調や気分で体色が大きく変わりますので、
もしかしたらコンテリボウズハゼとは全然違う体色に化けるかもしれませんけどね〜
Re:バリ島のボウズハゼ+@  返信 引用
  投稿者: 活士  ..アヤヨシノボリ級(217平方メートル)  ..2017/02/16(木) 12:59  No.4570
  ありがとうございます。落ち着いて見てみるとコンテリボウズハゼの特徴がよくありますね。

しかし、南西諸島などに分布するコンテリボウズハゼとバリ島のコンテリボウズハゼとどれだけ遺伝子的に交流があるのかとか色々と興味深いですね。
実際に捕まえた時は動画などでよく見るコンテリボウズハゼとは明らかに違って見えたので、コンテリボウズハゼの地域個体群であれば面白いです。
21平方メートル のエサ場を確保しました。





[ 返信 引用 一覧 ]
モルッカ諸島産のStiphodon
   投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,333平方メートル)  
2017/01/22(日) 22:12
No. 4530
 
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 128.3KB ) お久しぶりです。

昨年12月に日本を含む各国のアクアショップにインドネシアのモルッカ諸島産のStiphodon4種が流通しました。

私もたいまい叩いて4種をゲットしましたのでお披露目します。
まずは、おなじみ Stiphodon semoni





18平方メートル のエサ場を確保しました。
 
モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,340平方メートル)  ..2017/01/22(日) 22:16  No.4531
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 133.7KB ) お次は、Stiphodon pelewenis となっていましたが...
やがて水槽のニジイロ達と区別できなくなりそうな予感。
7平方メートル のエサ場を確保しました。
モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,346平方メートル)  ..2017/01/22(日) 22:17  No.4532
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 125.0KB ) 胸鰭の白点が確認できる別アングルのStiphodon pelewenis
6平方メートル のエサ場を確保しました。
モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,346平方メートル)  ..2017/01/22(日) 22:19  No.4533
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 116.2KB ) 次は、なんとStiphodn rutilaureus です。
モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,346平方メートル)  ..2017/01/22(日) 22:21  No.4534
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 97.0KB ) 未だ非常に小さな個体です。
25mm位かな。
モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,352平方メートル)  ..2017/01/22(日) 22:26  No.4535
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 85.7KB ) 次がなんと一昨年に新種として認定されたStiphodon annieae です。
6平方メートル のエサ場を確保しました。
モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,352平方メートル)  ..2017/01/22(日) 22:31  No.4536
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 123.8KB ) 極めて小さな個体です。
20mmちょっとかな。
モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,366平方メートル)  ..2017/01/22(日) 22:34  No.4537
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 99.4KB ) 物おじしない性格なようで写真は撮りやすいです。
先住のニジイロ達とも仲良くやって行けそうです。
14平方メートル のエサ場を確保しました。
モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,385平方メートル)  ..2017/01/22(日) 22:38  No.4538
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 135.3KB ) 全種ペア販売となっているのですが、メスの方は????です。
この小さなメスは、ほかのメスと少し様子が違うのですが果たしてS.annieaeかどうか全く不明です。

そもそも新種発表の論文でもメスは、”Unknow"となってますので。
19平方メートル のエサ場を確保しました。
モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,403平方メートル)  ..2017/01/22(日) 22:44  No.4539
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 82.5KB ) 先のメスです。
Stiphodon annieae だと嬉しいのですが...

S.rutilaureusやS.pelewensisの可能性もあります。
背びれの先端に朱が入っているのでこの先長生きしてくれれば特徴が出てくるかもしれません。
18平方メートル のエサ場を確保しました。
モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,419平方メートル)  ..2017/01/22(日) 22:47  No.4540
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 143.3KB ) その他のメス達3匹です。
仲良しでしょっちゅう一緒にコケ舐めしてます。

S.semoniではなさそうですが、何なのかは不明です。
16平方メートル のエサ場を確保しました。
モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,428平方メートル)  ..2017/01/22(日) 22:50  No.4541
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 135.1KB ) 不明のメスたちの別アングルです。

S.rutilaureusも混じってるのかな〜
9平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: たろう [URL]    ..2017/01/23(月) 23:33  No.4542
  どうも、こんばんは〜。

これはびっくりなニュースですね〜。
そもそもモルッカってどこなんだろうと思って調べてみたんですが、
思ったよりも日本に近いですね!
S.semoni と S.pelewensisがいるのはなんとなく分かりますが、 S.rutilaureusは、もっと遠くに行かないといないんだと思っていました。
わざわざ見に行ったくらいで個人的にとても好きな魚なので、
意外と広範囲にいるのはうれしいような気もします。

S.semoniはあまり珍しさを感じなくなってきましたが、場所が場所だと、よく見たらS.sapphirinusなんじゃないかと期待してしまいます。

そして、何がどの辺までいるのか、現地に行かないと何も分からないもんだなぁと改めて思いました。

そしてさらに調べてみたら、値段がすごいですね〜
うちでは家族の理解の範疇を超えているので、残念ながら諦めました。。。

S.annieaeは綺麗な魚ですね〜!
婚姻色のピークはどんな風になるのか、末恐ろしいですね!

ご存知の通り、この仲間のオスとメスはある程度斑紋の特徴が似ますが、
なんとなくですが、No.4538のメスは頭背面の斑紋がオスと似ていて、ほかの種類ではあまり見ない感じなので、S.annieaeなんじゃないかなぁと個人的には思います。

そのほかのメスたちは分らんですね〜
私が見たS.rutilaureusのメスたちは、No.4540でいうと左の2匹のような頭背面の線は無かったので右の1匹が怪しい感じがしますが、でも体調や産地でも違いが大きいですしね。。。

婚姻色や体調などでまた雰囲気が変わってきましたら写真を見せてくださいませ〜
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,479平方メートル)  ..2017/01/25(水) 00:03  No.4543
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 118.5KB ) こんばんは〜

先ほど動画をYoutubeへアップしました。
https://youtu.be/ogPHNsMziHM
途中先住者のコンテリ・メスとナンヨウ・メスも出てきます。

Stiphodon annnieae の写真も幾つか追加します。

Lucky !!  51平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,484平方メートル)  ..2017/01/25(水) 00:07  No.4544
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 110.1KB ) なんか値段が跳ね上がってますね〜
前は大台は超えてななかったんですが...
5平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,505平方メートル)  ..2017/01/25(水) 00:10  No.4545
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 120.5KB ) 今のところこのS.annnieaeは食い意地が張っていて、他のStihodon達がねぐらに入った後も忙しくコケ舐めしてます。
Lucky !!  21平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,505平方メートル)  ..2017/01/25(水) 00:12  No.4546
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 134.3KB ) 水上からのショットもあります。
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,514平方メートル)  ..2017/01/25(水) 00:13  No.4547
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 99.5KB ) 横から見るとこんな感じです。
仲良さそうですが、果たしてメスの正体は?
9平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,514平方メートル)  ..2017/01/25(水) 00:14  No.4548
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 100.9KB ) 裏側も貼ります。
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,514平方メートル)  ..2017/01/25(水) 00:16  No.4549
  JPEG画像(65.4KB)
メス・Xの方の裏側です。
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,514平方メートル)  ..2017/01/25(水) 00:18  No.4550
  JPEG画像(82.5KB)
メス・Xの側方 ソロ写真です。
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: たろう    ..2017/01/26(木) 21:08  No.4551
  どうもこんばんはー

いやあ、この赤は強烈ですねー。

背鰭の斑紋などからして、 
系統としてはカキイロヒメボウズハゼに近いのかもですね。

雌雄で帯模様の幅もそっくりなので、同種のペアと見た方が自然な感じがしますね♪
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,535平方メートル)  ..2017/02/09(木) 01:07  No.4561
  JPEG画像(39.9KB)
こんばんは〜

上記のメスですが、水槽に馴染んで来たせいか、本来の色が出始めて来たようです。

ネット上で唯一見かけたS.annieaeのメスの特徴(背びれの先端側が黒&赤い縁取り)と一致するようなので、晴れてS.annieaeのメスで良いのかなと思います。
21平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:モルッカ諸島産のStiphodon  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,590平方メートル)  ..2017/02/11(土) 23:44  No.4566
  JPEG画像(111.2KB)
更にNo.4540、4541の3匹のメスの内、2匹の前方からのツーショットです。

胸鰭を見比べると(頭背面に線の無いメス)の方には、胸鰭に斑点が無いようですね。

rutilaureus、pelewensisには、点列が在るようなので、semoniなのかな...

ちなみにYoutube動画を2本追加しました。
https://youtu.be/qjTsuztUzdo
https://youtu.be/WxqYvnmrd7I
18平方メートル のエサ場を確保しました。





[ 返信 引用 一覧 ]
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ
   投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,051平方メートル)  
2016/07/24(日) 20:39
No. 4507
 
  JPEG画像(188.9KB)
こんばんは〜
ミクロネシア・ポンペイ島へ行ってきましたので、土産を貼ります。

まずは、大本命のStiphodon caeruleusです。

Lucky !!  42平方メートル のエサ場を確保しました。
 
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼA  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,061平方メートル)  ..2016/07/24(日) 20:41  No.4508
  JPEG画像(199.7KB)
これはオスのようですが、頭部中心の黒線に注目してください。
10平方メートル のエサ場を確保しました。
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼB  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,066平方メートル)  ..2016/07/24(日) 20:45  No.4509
  JPEG画像(149.9KB)
光の当たり方、気分によってによっては、青く光ります。
5平方メートル のエサ場を確保しました。
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼC  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,081平方メートル)  ..2016/07/24(日) 20:47  No.4510
  JPEG画像(117.2KB)
第一背びれは、長く綺麗な斑紋が散りばめられています。
Lucky !!  15平方メートル のエサ場を確保しました。
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼD  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,081平方メートル)  ..2016/07/24(日) 20:50  No.4511
  JPEG画像(140.7KB)
たくさん居るのですが、青いオスは少ないです。
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼE  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,081平方メートル)  ..2016/07/24(日) 20:52  No.4512
  JPEG画像(145.0KB)
光の当たり方によっては、こんな感じになります。
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼF  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,092平方メートル)  ..2016/07/24(日) 20:56  No.4513
  JPEG画像(179.3KB)
第二目標のSicyopterus lividusとStiphodon pelewensisです。

Sicyopterus lividusの特にオスは、限られた狭い範囲でしか見かけませんでした。
11平方メートル のエサ場を確保しました。
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼG  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,116平方メートル)  ..2016/07/24(日) 20:58  No.4514
  JPEG画像(141.6KB)
Sicyopterus lividusのオス&メスでしょうか。
メスは広範囲で見かけました。
Lucky !!  24平方メートル のエサ場を確保しました。
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼG  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,133平方メートル)  ..2016/07/24(日) 21:06  No.4515
  JPEG画像(141.7KB)
実は、行きの飛行機の中でミクロネシア大学の海洋科学の教授のLさんと奇跡的な偶然、隣席となりました。
私が[Indo-Pacific Sicydiine Gobies]を読んでいるのを見とがめて声をかけてくれました。
色々写真・動画など見せ合ったりして、絶好のポイント教えて頂きました。
17平方メートル のエサ場を確保しました。
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼH  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,141平方メートル)  ..2016/07/24(日) 21:10  No.4516
  JPEG画像(166.8KB)
これは、別の河川です。
ルリボウズハゼ(Sicyopterus lagocephalus)のようです。
ここでは、S.lividusは見かけませんでした。
8平方メートル のエサ場を確保しました。
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼI  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,152平方メートル)  ..2016/07/24(日) 21:14  No.4517
  JPEG画像(121.4KB)
Stiphodon pelewensisの黒白オスです。
広範囲で見かけましたが、垂直な滝登りは苦手なようで、滝の上にはいませんでした。
11平方メートル のエサ場を確保しました。
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼJ  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,166平方メートル)  ..2016/07/24(日) 21:20  No.4518
  JPEG画像(114.4KB)
茶系のオスです。

オーストラリアで見たStiphodon atratusがStiphodon pelewensisと実は同種として統合されてしまったようです。
14平方メートル のエサ場を確保しました。
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼK  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,166平方メートル)  ..2016/07/24(日) 21:25  No.4519
  JPEG画像(121.7KB)
Stiphodon pelewensisのメスです。
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼL  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,177平方メートル)  ..2016/07/24(日) 21:29  No.4520
  JPEG画像(196.1KB)
全部で3河川4ポイント、3つの滝を訪れました。
こちらは、有名な滝、アプローチは、程々です。
11平方メートル のエサ場を確保しました。
ミクロネシア・ポンペイ島のハゼM  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,230平方メートル)  ..2016/07/24(日) 21:43  No.4521
  JPEG画像(163.0KB)
遠くに見える落差150mの滝まで地元も子供に案内してもらって行きました。
深いゴルジュの登り降りで青息吐息でした。

例によって動画がYoutubeにアップしてあります。
Sicyopterus lividus
https://youtu.be/nzG7KHzNjlI

Stiphodon pelewensis 1
https://youtu.be/u0dloDvvH8Y

Stiphodon pelewensis 2
https://youtu.be/yybNQ8BOOCA

Stiphodon caeruleus 1
https://youtu.be/XrQiSwY09bs

Stiphodon caeruleus 2
https://youtu.be/e3H217aWXYo

Stiphodon caeruleus 3
https://youtu.be/9fKUa5OEXcs

K waterfall
https://youtu.be/LAW86DMsnAk

S waterfall
https://youtu.be/gWuA2lGVnwg


53平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  返信 引用
  投稿者: たろう [URL]    ..2016/07/26(火) 20:57  No.4522
  どうも、こんばんは〜。

ポンペイ島に行かれましたか!!
僕もいつか行ってみたいと思っていたところのかなり上位の島です。

しかも、Stiphodon caeruleus!!
この魚は科博のデータベースに載っている、木村さん(僕をサイパン島探索やバリ島探索に導いて下さった方です)の写真で見て、
その独創的な体色がすごく気になっていました。うらやましい!!

改めて写真で拝見しても、やっぱりStiphodonの中でもかなり独自の系統な感じがしますね。

動画でS. pelewensisとも一緒に写っていましたが、混生しているんですね。
青い個体が少ないのも不思議ですよね。お腹の大きなメスがいないように思いますが、繁殖期が絞られているんでしょうか。
あるいは、1年では成熟しないのか、いずれにしてもStiphodonの中では珍しいことですね。

そして、Sicyopterus lividusもすごいですね!
これも昔ネットで見た画像で、タモ網に入ったギラギラのオスが印象的で、すごいやつがいるもんだなあと思っていました。
ルリボウズと住み分けているのは面白いですね。

何気に、一緒に写っていたイワハゼやヒナハゼ、オニヌマエビ系のエビも気になりました。

いやあ、これは本当に一度見てみたい魚だったので、
生涯いつかもし見に行くことになったら詳しく話を聞かせてくださいませ!!

Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,271平方メートル)  ..2016/07/28(木) 19:06  No.4523
  JPEG画像(88.6KB)
たろうさん、こんばんは〜

Stiphodon caeruleusのお腹の大きなメスもいましたよ。

下流域のStiphodon pelewensisと混泳している所では、個体数は多いのですが大抵ナンヨウボウズ以下のサイズでした。

しかし上流部の大きな滝の上は、Stiphodon caeruleusとオオウナギ、エビ類だけになっていました。
そこでは、オスメスとも体が大きく、初め一瞬、別種かと思いました。
Youtube動画:Stiphodon caeruleus 3 の1分25秒あたりに3匹ほど写ってます。

写真もアップします。
41平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,271平方メートル)  ..2016/07/28(木) 19:09  No.4524
  JPEG画像(131.0KB)
たぶんSicyopterus lividusの若魚だと思っています。
Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,295平方メートル)  ..2016/07/28(木) 19:13  No.4525
  JPEG画像(136.5KB)
変な模様の奴もいましたが、Stiphodon pelewensisのメスでいいのかな。
Lucky !!  24平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,295平方メートル)  ..2016/07/28(木) 19:16  No.4526
  JPEG画像(136.4KB)
イワハゼは、けっこう見ました。
Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,295平方メートル)  ..2016/07/28(木) 19:17  No.4527
  JPEG画像(172.6KB)
ヒナハゼでしょうか。
Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,315平方メートル)  ..2016/07/28(木) 19:25  No.4528
  JPEG画像(187.7KB)
こんなのもいましたが、なんなんでしょうね。

ポンペイ島は、おすすめです。まともに土産も買えませんが...
1日タクシーを借り切ってナンマードール遺跡や有名な滝、アプローチがしんどい滝など巡って85$です。

タクシードライバー兼ガイドのフランキーはGoodでした。
(運転中、檳榔子をクチャクチャして空き缶に唾液を吐きだすのに慣れてしまえば...)
20平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:ミクロネシア・ポンペイ島のハゼ  返信 引用
  投稿者: たろう [URL]    ..2016/08/01(月) 02:33  No.4529
  どうも、こんばんは〜。

なるほど、お腹の大きいのもいるんですね〜。
ピークではないにせよ、繁殖を行う時期ながら青いのが少ないということで、その傾向自体はヨロイボウズに似ていますね。
ヨロイの仲間も個体数が多い場合に色が強く出るオスが複数集まることは稀で、色が出ていないオスが多いように思います。

カエルハゼのように求愛行動時だけ色が出るタイプかとも思いましたが、
動画を拝見した限りでは、求愛行動をしていなくても青いですよね。

理由はわからないですね。
集団が認める最高位のオスがいて、闘争してもかなわないことを自覚したら色を出さないとか?

魚止めの滝の上にも分布するというのも面白いですね。
日本にいるStiphodon各種の感覚でいうと珍しいですが、
そういう風に分化した種がいてもおかしくはないですよね。

滝の上下での大きさの違いについては、川の様子を見ていないのでわかりませんが、
乾季に滝の上流は淵に水が残るけど、下流は伏流や水量減により生息不可能な環境になる年があったりするのでしょうか。

そのほかの写真もありがとうございます。
No.4524 はSicyopterus lividusの子供で間違いなさそうですね。
Stiphodonに似てますね。。。

No.4525 はStiphodon pelewensisのメスでよさそうですね。
各ひれの基底部の斑紋なども普通の模様のと同じですしね。

No.4527はヒナハゼのメス、
4528は少なくともヒナハゼ属ではありますね。
顔の形が小顔っぽい(真横から見ないと自信がないですが)のと、
背びれがあまり伸びていないのでメスかな。。。
種としてはヒナハゼとは違うかもしれませんが、日本のヒナハゼも捕ったときにこういう色をしている個体はいますね。

それにしてもStiphodon caeruleus、謎が多くていいですね。
同じ系統と思われるものがいないこと、
Stiphodon pelewensisと混生するにもかかわらず、おそらくStiphodon caeruleusの方が分散せず、分布域が狭いことなど、
非常に気になる魚ですね〜。
まさか陸封ではないですよね(ボソッ)






[ 返信 引用 一覧 ]
GW奄美大島01
   投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,902平方メートル)  
2016/05/16(月) 22:56
No. 4496
 
  JPEG画像(92.9KB)
お久しぶりです。

実は、GWに奄美大島に行ってきました。
以下は土産の写真と動画です。

まずは、クロヨシ...かな。

5平方メートル のエサ場を確保しました。
 
GW奄美大島02  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,902平方メートル)  ..2016/05/16(月) 22:57  No.4497
  JPEG画像(86.3KB)
次もクロヨシかな。
GW奄美大島03  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,944平方メートル)  ..2016/05/16(月) 23:01  No.4498
  JPEG画像(97.7KB)
胸鰭の付け根の黒斑は...大吉(オオヨシ)?
ヒラヨシかな...
ヒラヨシノボリだと初見なのですが...
Lucky !!  42平方メートル のエサ場を確保しました。
GW奄美大島04  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,950平方メートル)  ..2016/05/16(月) 23:04  No.4499
  JPEG画像(70.6KB)
もう一枚
ヒラヨシだと嬉しいなー

例によって動画も撮ってあります。
https://youtu.be/4dPWdZunbvE
6平方メートル のエサ場を確保しました。
GW奄美大島05  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,950平方メートル)  ..2016/05/16(月) 23:05  No.4500
  JPEG画像(100.2KB)
これは、極楽かな...
GW奄美大島06  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,968平方メートル)  ..2016/05/16(月) 23:08  No.4501
  JPEG画像(31.2KB)
ヨシノボリ類の仔魚かな...
今回は、海から川を遡ってみました。

動画は、こちら
https://youtu.be/NMuRnmdFTm0
別河川
https://youtu.be/MyOglbAStrU
18平方メートル のエサ場を確保しました。
GW奄美大島07  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,978平方メートル)  ..2016/05/16(月) 23:10  No.4502
  JPEG画像(66.2KB)
ボウズハゼの遡上を念入りに撮影しました。

動画はこちら
https://youtu.be/yZI-o_sqba4
10平方メートル のエサ場を確保しました。
GW奄美大島08  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,978平方メートル)  ..2016/05/16(月) 23:12  No.4503
  JPEG画像(87.9KB)
河口から直ぐのボウズハゼのチビ達です。
GW奄美大島09  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,987平方メートル)  ..2016/05/16(月) 23:13  No.4504
  JPEG画像(107.7KB)
瀬の下流の溜まりには、膨大な数のチビ達がたむろしてました。
9平方メートル のエサ場を確保しました。
GW奄美大島10  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..☆超・常連様☆(20,009平方メートル)  ..2016/05/16(月) 23:17  No.4505
  JPEG画像(91.4KB)
上流域はボウズハゼとリュウキュウアユの独壇場になってました。

リュウキュウアユの動画もあります。
https://youtu.be/Zhj4Mh4lSG0

実は、今年から宇都宮に転勤となってしまって、未だ荷解きが済んでいない物が多数です。
22平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:GW奄美大島01  返信 引用
  投稿者: たろう [URL]    ..2016/05/18(水) 01:23  No.4506
  どうも、こんばんは〜。

奄美に行かれましたか〜!
私がハゼの世界にハマったきっかけともなった地なので通っていた時期もあり、
個人的にも思い入れが大きく、とてもうらやましいです。
今思えば、ナンヨウボウズハゼに初めて出会ったのも奄美でしたし、
ボウズも、ゴクラクも、ヒナハゼも、、、と、思い出が蘇ります。

さて、4496、4497はクロヨシですね。
4498、4499はヒラヨシで間違いありません。
胸びれの黒斑と、頭背面の流れ紋、目から鼻に走る赤線が目の直径と同じくらいかそれ以上に太いのが特徴的です。

動画の方に映っているオスもかっこいいですね。
奄美のヒラヨシは流れの緩いところにもいるんですよね。

4501は、キバラの稚魚の群れだ!と思いましたが、
時期が早いのと、海からあまりに近いので、別のヨシノボリなどの仔魚なんでしょうね。
それにしてもボウズハゼはすごい数ですね。
奄美のボウズハゼは成魚の密度も高いのである程度は予想できますが、実際に拝見するとすごいですね。
自然の偉大さを感じます。

リュウキュウアユもいいですね〜。
ユゴイとは違った美しさで、見とれてしまいます。
動画の方は、1:28あたりで左下を走っていくボウズハゼが気になりました。
体色がちょっとボウズハゼらしくないような、かといってルリボウズかというと違う気もして、Sicyopterus cynocephalusかなと一瞬思いましたが、、、映り具合でそう見えただけで、きっと普通の日本ボウズなのでしょうね。。。

宇都宮ですか〜。個人的にはトウヨシをいろいろ見てまわりたい地域だったり。
仕事で一度行ったのですが、自由時間がなくてハゼ探しはできませんでした。

私の近況としては、最近はますます近場にしか行けていないのですが、
自宅からわりと近い都内の川に子供と釣りに行ったら岸辺にヨシノボリが普通にいて、
移入トウヨシかぁ、と思いつつちょっと違う気がしてよく見たらカワヨシでびっくりしました。着々と定着し、数を増やしているようです。。。

それにしても、とてもいいお土産をいただきました。
ありがとうございます〜♪





[ 返信 引用 一覧 ]
小型水槽でのカワヨシノボリの飼育数について
   投稿者: fkdj  ..ピーコックガジョン級(56平方メートル)  
2016/01/30(土) 02:30
No. 4492
 
  はじめまして。

カワヨシノボリを小型水槽で飼育したいと思っているのですが、その飼育数についてアドバイスを頂きたく投稿しました。
飼育環境は次のような構成を考えています。

水槽: L水槽(40x25x28cm, 23L)、またはM水槽(36x22x26cm, 18L)
ろ過: 底面フィルター
底床: 大磯砂(石粒の大きさ1〜2mm, 底床の厚さ5cm位)
アクセサリ: 川石
生体: カワヨシノボリのみ
水草: マツモ

このような小型水槽でカワヨシノボリを飼育する場合、何匹を飼育するのがおすすめでしょうか?
また、その場合の雌雄の構成も教えて頂きたいです。
ご意見よろしくお願い致します。

56平方メートル のエサ場を確保しました。
 
Re:小型水槽でのカワヨシノボリの飼育数について  返信 引用
  投稿者: たろう [URL]    ..2016/01/31(日) 00:49  No.4493
  はじめまして。投稿ありがとうございます。

小型水槽でのカワヨシノボリの飼育、
私も何度か経験があります。

当然ながら、問題なく飼育できる数は個体の大きさによっても異なるのですが、
十分に育っても飼える数ということで言うと、
M水槽だと雌雄1匹ずつ、L水槽だと雄1、雌2くらいでしょうか。

4cmくらいまでの若魚で、大きくなったら何匹か別の水槽に移せる用意があるならもう1〜2匹くらい、
L水槽なら雄が2匹いても大丈夫かなと思います。

カワヨシノボリはいくつかの型に分類されるほか、
水系や集団、育った環境などで性格が違ってくるのですが、
ヨシノボリとしては闘争心の強い集団が多いと思います。

さらに、中層を浮いて泳ぐことが少ない種類なので、
全員それぞれに水の底の方にいられる場所を作ってあげたほうが落ち着くため、
一緒に飼える数がどうしても少なくなるんですよね。
体の小さい雌などで常に水面付近に追いやられている個体が出てきたら、
狭くなってきていると考えた方がいいかもしれません。

なので、隠れ場所や目隠し(平らな石を砂利に縦に差し込んで視界を遮るなど)を多めに設置するとよいかと思います。
雄は特に周囲の個体を追い払いますが、石の壁の向こうにいる個体は、
すぐ近くにいても見えないので気付きません。

あとは、水流の安定しているところを一番強い雄が占拠すると思うので、
ブクブクなどによる水流が水槽の底の中央に来ないように、
水槽の角に水流が当たるように水を回すのも地味に有効です。
強い個体が中央にいると水槽全体の個体が目に入りやすいですが、
端にいると逆の端に弱い個体がいられるスペースができやすいからです。

いろいろ長く書いてしまいましたが、
結局のところ実際に飼ってみたら予想と違うことも多いんですよね。。。
1匹ずつの性格を知って、合わせてレイアウトを変えたりしながらうまく飼うことができれば、
繁殖期には雄の背びれや尾びれがきれいに色づき、
普段と違う興味深い行動をいろいろと見せてくれると思います。

飼育成功をお祈りしています!
もし飼い始めて写真が撮れたりしたら、見せてくださいませー!
返信ありがとうございます  返信 引用
  投稿者: fkdj  ..ヨロイボウズ級(151平方メートル)  ..2016/02/01(月) 08:13  No.4494
  JPEG画像(125.2KB)
たろうさん

返信ありがとうございます。
親切、丁寧かつ詳細に回答して頂いたことにたいへん感謝しております。

実は既にカワヨシノボリの成魚が5匹(オス2匹、メス3匹)いまして、60cm水槽で飼育しています。
ただその水槽の設置場所が水槽台の下段でちょっと観察しづらく、もっと観察しやすい場所に設置したいと思っているのですが、小型水槽が置けるスペースしかなく悩んでいました。

やはり小型水槽で成魚5匹は厳しい感じですね。
それと小型水槽でオス2匹は避けた方がいいというのがわかって勉強になりました。

> あとは、水流の安定しているところを一番強い雄が占拠すると思うので、
> ブクブクなどによる水流が水槽の底の中央に来ないように、
> 水槽の角に水流が当たるように水を回すのも地味に有効です。
> 強い個体が中央にいると水槽全体の個体が目に入りやすいですが、
> 端にいると逆の端に弱い個体がいられるスペースができやすいからです。
すごいです!
こういう点にも気付かれているのですね。

返信を頂いて現時点では L水槽にオス1匹、メス2匹を移した観察水槽を立ち上げてみようかと思っています。
そして、問題が発生したら、飼育数を減らしたり、教えて頂いた飼育方法を参考にして対処したいと思います。

添付した写真は我が家のカワヨシノボリです。
富士川より東の静岡県東部の川で採取しました。
静岡県東部では大場川水系で国内移入のカワヨシノボリが確認されているみたいですが、この川にカワヨシノボリが生息していることは自分しか知らないのだろうなと勝手に思い込み自己満足しています。
ちなみに下記ページでたろうさんが御殿場線で降りた駅の近くに住んでいます :)
http://www17.tok2.com/home2/tarogoby/river/river_ruri.html

ちょっと時間が掛かりそうですが、水槽を立ちあげたら写真をアップしにまたお邪魔したいと思います。
本当にありがとうございました。
95平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:返信ありがとうございます  返信 引用
  投稿者: たろう [URL]    ..2016/02/05(金) 00:00  No.4495
  どうも、こんにちは〜。

静岡県東部でしたか!
カワヨシノボリ的にも個人的にも興味深いエリアで羨ましいです。

写真も見せて下さってありがとうございます。
これは立派な雄ですね!
なるほど、背びれが長く伸びていて、大きめの個体のせいか、尾びれが小さめに見えますね。
外見だけからでは即断できないのですが、
この集団が在来なのか、移入の影響を受けているのかが気になりますね。
私は富士川水系のカワヨシを実際に見たことがないのですが、
少なくとも安倍川水系の個体とは雰囲気が違っていて興味深いです。

研究がどこまで進んでいるか存じ上げないのですが、
神奈川県の東の方の住宅街を流れる川にカワヨシノボリらしき魚がいて、
どうも中国産のヨシノボリの一種に非常によく似ています。
形態的にも生態的にもカワヨシノボリにとてもよく似ていて、私も飼ってみて婚姻色が出た姿を見るまでは国内のカワヨシノボリが持ち込まれたのだと思っていました。
カワヨシノボリがいる川に持ち込まれたら交雑するだろうと想像できます。

この魚への純粋な興味と、異国に持ち込まれて生きていることを可哀想に思う気持ちとが入り混じった気持ちでこの魚を飼っていますが、
飼っていると実にかわいいんですよね。

カワヨシノボリのすぐそばには、そういう危機もあったりするわけなんですが、
飼ってみて初めて分かることも多くありますし、fkdjさんのように興味を抱く方がいることをとても嬉しく思います。

長くなりましたが、お互い、引き続きカワヨシ観察を楽しませてもらうことにいたしましょう〜♪





[ 返信 引用 一覧 ]
オーストラリアのナンヨウ類@
   投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,753平方メートル)  
2015/05/28(木) 21:23
No. 4473
 
  JPEG画像(184.0KB)
こんばんは〜

実は、GWにオーストラリアへ旅行しまして、例によって2日ほど川を這いずってナンヨウ類を撮影することができました。

こんな川です。
道から近い場所は家族連れが入れ替わりで水浴びに来るような長閑な川です。

21平方メートル のエサ場を確保しました。
 
オーストラリアのナンヨウ類A  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,762平方メートル)  ..2015/05/28(木) 21:27  No.4474
  JPEG画像(156.1KB)
Stiphodon atratusのオス&メスだと思ってます。

ニジイロ系ではありますが、ちょっと地味ですね。
9平方メートル のエサ場を確保しました。
オーストラリアのナンヨウ類C  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,768平方メートル)  ..2015/05/28(木) 21:31  No.4475
  JPEG画像(123.5KB)
同じくS.atratusのオスです。

一応、顔は青くなるようです。
6平方メートル のエサ場を確保しました。
オーストラリアのナンヨウ類D  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,774平方メートル)  ..2015/05/28(木) 21:35  No.4476
  JPEG画像(164.2KB)
S.atratusのメスだと思ってます。

ニジイロのメスと区別つきません。
6平方メートル のエサ場を確保しました。
オーストラリアのナンヨウ類E  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,774平方メートル)  ..2015/05/28(木) 21:37  No.4477
  JPEG画像(161.9KB)
同じくS.atratusのメス。
オーストラリアのナンヨウ類F  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,788平方メートル)  ..2015/05/28(木) 21:40  No.4478
  JPEG画像(170.4KB)
帰国後、写真を精査していたら変なのが混じってることに気づきました。
現地で気付いていたらもっと追い回したのですが...

S.atratusのメスに比べて縦筋がギザギザで纏まりが無いです。
この特徴は、Stiphodon semoni のメスと一致します。

S.semoniかな?
14平方メートル のエサ場を確保しました。
オーストラリアのナンヨウ類G  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,797平方メートル)  ..2015/05/28(木) 21:42  No.4479
  JPEG画像(147.9KB)
比較写真です。

よーく探せばオスも居たのかも...残念。
9平方メートル のエサ場を確保しました。
オーストラリアのナンヨウ類H  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,805平方メートル)  ..2015/05/28(木) 21:45  No.4480
  JPEG画像(181.7KB)
帰りがけに妙なヤツを発見!

念願のStiphodon rutilaureus のオスです。
8平方メートル のエサ場を確保しました。
オーストラリアのナンヨウ類I  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,805平方メートル)  ..2015/05/28(木) 21:47  No.4481
  JPEG画像(196.6KB)
なかなか近づかせてくれません。
オーストラリアのナンヨウ類J  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,805平方メートル)  ..2015/05/28(木) 21:48  No.4482
  JPEG画像(187.9KB)
第1、第2、尾びれの白点、白線がカッコいいです。
オーストラリアのナンヨウ類K  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,823平方メートル)  ..2015/05/28(木) 21:50  No.4483
  JPEG画像(167.1KB)
これもよーく探せばメスが居たのかも…

まあS.atratusのメスに混じっていると見分けられないのかもしれませんが...
Lucky !!  18平方メートル のエサ場を確保しました。
オーストラリアのナンヨウ類L  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,831平方メートル)  ..2015/05/28(木) 21:52  No.4484
  JPEG画像(148.0KB)
この川の他のハゼ達です。

タナゴモドキの仲間でしょうか。
8平方メートル のエサ場を確保しました。
オーストラリアのナンヨウ類M  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,840平方メートル)  ..2015/05/28(木) 21:54  No.4485
  JPEG画像(128.3KB)
ヒナハゼっぽいのも居ました。

他にはいわゆるレインボーフィッシュ類がウヨウヨいる感じです。

動画の方は現在、鋭意編集中です。
9平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:オーストラリアのナンヨウ類@  返信 引用
  投稿者: たろう [URL]    ..2015/05/28(木) 23:53  No.4486
  どうも、こんばんは〜。

オーストラリアですか〜!
いつもながら、いいところに行かれますね〜!

Stiphodonがいる川って、大陸にはあまりなさそうな印象を勝手にもっていましたが、
いるもんなんですね〜。
これってどの辺の緯度の地域なんですか??

Stiphodon atratusと思われるやつは、いわゆるニジイロ系で、近似種がどの辺に分布していて、どう違うのかが全然わからんですが、ニューカレドニアと関連がありそうな顔ぶれなので、Stiphodon atratusなんでしょうね。

Stiphodon semoniらしきメスは、まさにブルームーンのメスですね!実物を見てみたいです〜。
観賞魚店に入ってくる個体が採集されている地域からはだいぶ遠そうですが、ここまで似ていればStiphodon semoniって感じがしますね。

そして、Stiphodon rutilaureusですか〜!
しかも、セレベスレインボーみたいのと一緒に写ってる!
この魚はきれいですよね〜。見た人にしか分からないというか、第2背びれの白い模様が光の当たり具合で青白かったり黄色みを帯びたり、キラキラ光るんですよね〜。

これら3種が一緒にいるというのが実に面白いですね。
ニューカレドニアにも少なくとも4種類はStiphodonがいるようですが、それらが現れるだけでなくStiphodon semoniまでいるとは。

これら3種って、例えば流速の好みとか、棲み分ける傾向はありましたでしょうか?
私はニューカレドニアで結局1種類しか見ていなくて、他の種類との関係とか全然分からなかったんですよね。。。

タナゴモドキの仲間は、いわゆるエンパイアガジョンというやつですね。この若さでこの色だと多分オスですね。
これこそ近づきづらい魚というイメージなんですが、きれいに撮られていてさすがですね。
ヒナハゼがまた分布が広くて不思議なんですよね〜。

それと、Sicyopterusはいないんでしょうか?
カワアナゴ類とか、エソハゼとか、一緒にいそうな魚たちの顔ぶれも気になっちゃいます〜。
日本と同じく、海水温の上昇の影響がStiphodonの分布として顕在化する地域でもありそうですしね。

それにしても羨ましいなぁ。
シンガポールのゴクラクハゼ以来、仕事で海外には行っても、Stiphodonに会えるような地域には縁がなく。。。
楽しい写真をいっぱい、ありがとうございました〜♪



Re:オーストラリアのナンヨウ類@  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,865平方メートル)  ..2015/05/31(日) 00:07  No.4487
  JPEG画像(109.1KB)
こんばんは〜

今回は、パプアニューギニア経由でケアンズへ行きました。
オーストラリアの熱帯地域には、S.atratus、S.semoni、S.rutilaureus,
S.birdsongの4種が居ることになっています。
http://www.aquariumlife.com.au/showthread.php/37690-Stiphodon-gobies-in-Australia-Calling-Aussie-native-experts!

写真は、ユゴイ類他です。
25平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:オーストラリアのナンヨウ類@  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,880平方メートル)  ..2015/05/31(日) 00:13  No.4488
  JPEG画像(79.7KB)
この川にはレインボーフィッシュ類がたくさん居ましたが、私は詳しくないのでどれが何やらサッパリ分りませんでした。

Stiphodon類の好む場所は、文献に記載してある通り1枚目の写真のようなトロ場の最下流側にいました。

標高でいうとS.rutilaureusが最下流域、S.atratusが最下流〜下流、S.semoniが下流〜中流、S.birdsongが上流域となっています。

他に上流域には、 Sicyopus discordipinnisや Smilosicyopus spなんかも居るようです。
15平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:オーストラリアのナンヨウ類@  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,880平方メートル)  ..2015/05/31(日) 00:15  No.4489
  JPEG画像(59.4KB)
Sicyopterus属も何匹か見ました。
たぶんルリボウズハゼだと思いますが、例によって警戒心が強くって、脱兎のごとく逃げ去ってしまって写真は撮れませんでした。


他には、こんなのも居ましたが...
Re:オーストラリアのナンヨウ類@  返信 引用
  投稿者: おでっせい  ..●常連様●(19,897平方メートル)  ..2015/05/31(日) 00:18  No.4490
  JPEG画像(200.0KB)
本日ようやく動画編集を終えて4本のビデオをYoutubeへアップいたしました。
(1)Stiphodon atratus (1/2)
https://youtu.be/vrsDIaigvfA
(2)Stiphodon atratus (2/2)
https://youtu.be/5tesAIb6w14
(3)Stiphodon rutilaureus
https://youtu.be/kCfVLVK-TBw
(4)その他の魚
https://youtu.be/Hg-gmjj_Chk
17平方メートル のエサ場を確保しました。
Re:オーストラリアのナンヨウ類@  返信 引用
  投稿者: たろう [URL]    ..2015/06/06(土) 00:35  No.4491
  どうも、こんばんは〜。

ケアンズですか〜、いいですねー!
地理的にもStiphodon rutilaureusがいそうな方面ですね。
No.4489の魚は、サザンブルーアイレインボーと呼ばれているやつかなあ。やはり天然の個体はきれいですね〜。

動画拝見しました。
Stiphodon atratusは、やはりこれぞニジイロって感じですね。
婚姻色の濃い個体がいないところを見ると、繁殖期がはっきりとあるんですかね。
一つ目の動画の1:58あたりなど、イワハゼらしき魚がところどころにいますね。

Stiphodon rutilaureusはきれいですね〜。
思えば、私が見たときも河口から上がっていって最初にいたStiphodonがこれだったんですが、もっと上に行ってみればよかったなあ。。。
3:18あたりに写っているのはホシマダラハゼ系の幼魚かな。。。

そして、砂が白いんですね〜。サンゴ砂なんでしょうか?

いやあ、私も久々にStiphodonを見に行きたくなりました〜。
またどこかに行かれたら写真を見せてくださいませ〜!



 

     + Powered By 21style +