| TOP ページ一覧 |

No.22016 への▼返信フォームです。


 36年ぶりの再会 
.jpg / 259.6KB

36年ぶりの再会

私が三木楽器という楽器店に勤めていた若い頃はピアノが飛ぶように売れ、調律師不足気味の地方の営業所に本社所属の若手調律師が交代で出張していました。

その時代に岡山営業所所属の調律師で営業マンだったK氏と昵懇になり、出張中は閉店時間後の営業所の中で麻雀を毎晩のようにやり、新婚だった彼の家に招かれて食事をご馳走になったりするなど親しい間柄でした。

幾星霜の後、岡山営業所が閉鎖されてK氏も独立したことから交流は途絶えたのですが、風の便りに彼がいろいろ多方面において活躍されていることは知ってました。

そしてそのK氏が大阪に来るから一緒に会わないかとコルネーノ氏に誘われ、私たちは会ったのです。
コルネーノ氏も若き日は三木楽器の調律師で岡山で同じくK氏と昵懇になっていて二人とも三木楽器をやめたあとも仕事上の取引があったことから年賀状のやり取りが続いていたのでした。

我々が最後に会ったのがK氏がジャック・ルーシェトリオの大阪フェスティバルホール公演にやってきたときでしたから実に36年ぶりの再会でした。

 
リワキーノ  ++.. 2019/09/12(木) 10:39 [22016]

 
.jpg / 254.6KB

私たちより2歳年上でイケメンでダンディだったK氏がどんな風貌になっているのだろうかと半ば不安感も感じながら9月9日の昼に難波のお好み焼き屋に行ったとき、そこに待ち受けているK氏と奥様のイメージが36年前と変わっておらず、そのままでいぶし銀のように年老いて行かれた姿を発見し、安堵感と懐かしさを感じたものでした。

奥様は別の人と会う用事があるので私が来るのを待ってから去って行かれたのでその写真がありません。

リワキーノ  ++.. 2019/09/12(木) 10:39 [22017]



名前
Mail   URL
文字色
添付   >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー      削除キー