the world is not enough


Name:
Mail:
URL:
Title:
Message:
File:
...PaintTool
Linecolor:
Fontcolor:
Cookie Preview    Key 
 




TBS報道局+東京藝術大学芸術情報センター「テレビジョン再検証・中継の思想」(上映会シリーズ)  ..t      返信
 
  http://amc.geidai.ac.jp/762
..2013/05/27(月) 00:20  No.3404




東京藝術大学 芸術アーカイブシステム 仕様書  ..t      返信
 
  https://docs.google.com/viewer?url=http://www.geidai.ac.jp/guide/bid/pdf/shiyousho101206_01.pdf&embedded=true
..2013/05/27(月) 00:13  No.3403




博士学位データベースの構築とアーカイブ・プロジェクト  ..t      返信
 
  http://www.geidai.ac.jp/rc/music/html/support2-02.html
..2013/05/27(月) 00:12  No.3402




芸術リサーチセンター  ..t      返信
 
  http://www.geidai.ac.jp/rc/research/index.html
..2013/05/27(月) 00:11  No.3401




世界ふしぎ発見 動画 「日本・カンボジア 絆物語」  ..t      返信
 
  
..2013/05/26(日) 22:56  No.3399
Re:世界ふしぎ発見 動画 「日本・カンボジア 絆物語」  ..t     
 
  http://nyonyum.net/archives/2637
コンポンチュナン焼き

これもソーシャルな例。
..2013/05/26(日) 23:36  No.3400




グリーンズ  ..t      返信
 
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 105.2KB )

ソーシャルデザイン
http://greenz.jp/

兼松佳宏(ソーシャルデザインと未来)
..2013/05/26(日) 19:02  No.3398




森美術館〈メタボリズムの未来都市展:戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン〉を語る  ..t      返信
 
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 39.9KB )

http://artscape.jp/focus/10012486_1635.html

建築アーカイブズについて。
AMOはその保存と展示についての提案も行なっているとか。さすが。

>
八束──展覧会を機に、これだけ沢山集まった資料をどうするかについてもシンポジウムで議論されます。今回の展示では、ここで出なかったら永遠に消えてしまったであろうという資料もかなりあります。ですから、展覧会が終わったときにそれらを四散させるのではなく、どう残すのかというこの先の問題があります。
 建築はドキュメンテーションが膨大にあるので、寄贈されてもお手上げで未整理のものが多くなってしまいます。日本には建築アーカイブスがほとんどありませんし、キュレーションや分類整理できる人もあまりいません。そんな国は先進国で日本だけです。AMOも建築アーカイブのリサーチをしていますね。
太田──デンマーク建築博物館やエルミタージュ美術館のキュレーション用マスタープラン、オランダ建築博物館(NAi)の永久コレクション保存・展示計画など、AMOは建築資料の保存や展示についての提案を何度かしてきました。建築のプロセスから膨大に生まれるものの中で、「何を」保存し、どう見せるのか、これは難しいけれどもおもしろい課題で、世界中の図書館がどんどん生まれ変わっているように、建築アーカイブや建築博物館の構想自体、変わっていくべきでしょう。以前、ロッテルダムのNAiと隣接するクンスタルでOMAの回顧展を同時にやったことがあるんですが、90年代半ばまでを扱った前者とそれ以降を扱った後者の展示物のタイプは見事に違っていましたね。
 AMOはOMAの建築の「何に」着目するかの研究を『domus』別冊でやりましたが、建築家自身にも気がつかない建築物の価値というものはたくさんあって、そうした意味では蓄積する、保管する、といった静的な体制だけでなく、むしろ建築資料の価値やドキュメント方法を不断に見なおし、見つけていく動的な活動もアーカイブスには必要だと思います。しかし、なんといってもスペースの問題が大きい。とくに日本では切実な問題だと思いますが、今も世界の建築大国であり続けているわけですから、いいものはポンピドーセンターに寄贈、という時代は早く終ってほしいですね。
..2013/05/26(日) 05:46  No.3397




整理整頓→アート  ..t      返信
 
  クリックで拡大表示 ( .gif / 291.3KB )

http://kunstaufraeumen.ch/shop/shop.htm
http://matome.naver.jp/odai/2136228583099216701

整理整頓することで新しい配列をつくる。
色や形という属性を取り出す。←やや古典的。ここまではグループ化。
オブジェクトを一定間隔に並べることで構造を作ることができる。

アートとデザインの手法の近接。
..2013/05/26(日) 05:19  No.3396




2012-2013年の都市・建築・言葉 アンケート  ..t      返信
 
  メモ

http://10plus1.jp/monthly/2013/01/enq-2013.php#2193

●A1
東京国立近代美術館リニューアル/
常設展示室のリニューアルをする機会をいただきました/1969年に竣工して10年前に耐震と増床の改修が行なわれたものに、新しい時代のニーズに合うようレイアウトや動線の見直しをしたものです/空間としての変更の小ささ/先行するデザインへの上書きの小ささ/に比して、新しいかたちでの運営と近代美術館というブランドの運用の再考という側面が大きかったことは、とても重要なことだと思いました/そしてそれらが履歴として蓄積され、次代に繋がっていけばいいと思います/

東京スカイツリー/
東京のどこからも見えるということが風景を変えてしまった気がします/これほど巨大な都市のなかで、もはや中心性や象徴性ということでもない/その証拠に/?/それは茫漠と広がる街並みの周縁にいつも現われます/そのたびに、自分とのあいだに街並みの厚みを想像させてくれます/1/1と1/10000の知覚スケールが同時にあるような感覚を与えてくれるのです/

Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち/3D/
溢れる生命力/情熱/鍛えられた肉体/そしてパフォーマンスに、終始圧倒されてしまいました/それらは彼女のつくりだす無数の思考と技術の総体のように思えて、つねに瞬間を凝視しているような錯覚に陥っていきました/各瞬間ではダンス/ダンサーの区別はできないのです/そしてまだ粗いこの記録方法の精度が上がってくると、ダンス/ダンサー/映像という違いさえも意味をなさないものになるかも知れない、と思いました/記録/アーカイブということの面白さ/そしてそれ自体が美しい表現になっていること/

●A2
国立近現代建築資料館/国立デザイン美術館/など
近年ますます状況や現象やコトといった、素材や形態がないアートやデザインが増えてきていると思います/しかし一方でテキストや写真によるドキュメンテーション/レクチャーによるプレゼンテーションなど、その記録/アーカイブの方法が、ぼくにはいまひとつピンと来ません/素材や形態がない代わりにメソッドやパフォーマンスの精度が上がりつつあることに、記録/アーカイブの方法が追いついていないのではないかと思えるからです/これらの記録方法へのアクセスと追体験のしやすさなどが付加されると、よりソーシャルな問題系への貢献度が上がる気がします/表現形式と表現形式のあいだには、そこから抜け落ちた、うまく伝わったらもっと素敵に思えるような断片がたくさんある気がしています/そんな断片の記録/アーカイブ/展示の難しさと面白さが、新しい美術館で見られたらいいなと思います/

●A3
震災のあった2011年、三宅島に何度かリサーチに行く機会がありました/三宅島は2000年の噴火で全島避難指示が発令されて、5年後に解除されたという経緯があります/しかし戻ってきた島民は元の半分にもなりません/長く島を離れてしまうと、避難地で新たな生活が根付いてしまうのでしょう/戻って来ても、いまでも発生し続ける火山性ガスを避けながらの生活を余儀なくされています/しかしきれいな海や希少な野鳥を愛する人々が新たに訪島したり住み着いたりして、新しいコミュニティも生まれつつあります/三宅島はちょうど、東北被災地の10年後の姿かも知れないと、そのとき思いました/その後、南三陸町の長清水というところで宮城大学中田千彦研究室でされている高台移転計画に、ほんの少しだけ協力させていただく機会を得ました/もう少し広く見てみると、自然災害や戦争によって、住み慣れた地を奪われて遠く避難したり進まない復興のそばで完全ではないかたちで住み続けなければならなかったりするようなことが、世界ではまだまだ多くあるようです/それらは散発的で直接的な関連性はないけれども、なにか地続きの課題が見えてくるようなスケールがある気がしています/アーキエイドとバングラデシュ・サイクロンセンターに取り組んでおられる大阪工業大学の前田茂樹氏の行なっているようなことが、あるいはそこから得られる知見が、たいへん重要で有意義なものになっていけば素晴らしいなと期待しています/
..2013/05/24(金) 00:30  No.3395




“3Dフードプリンタ”プロジェクトにNASAが出資  ..t      返信
 
  ITメディア

化学的組成にまで還元して再構成する、というSFの古典が現実に。

..2013/05/23(木) 22:31  No.3392
ザ・フライ  ..t     
 
  
..2013/05/23(木) 22:40  No.3393
どこでもドア  ..t     
 
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 106.4KB )

物質転送の基本
..2013/05/23(木) 22:46  No.3394





  




| TOP | ホーム | ページ一覧 | 携帯用 | 過去ログ/検索 |

+ Powered By 21style +