the world is not enough


Name:
Mail:
URL:
Title:
Message:
File:
...PaintTool
Linecolor:
Fontcolor:
Cookie Preview    Key 
 




家具を育てる  ..t      返信
 
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 75.6KB )

http://fullgrown.co.uk/products/

あるある!って思ってても時間がかかるからやらないやつ。植物虐待って言われないのかな。
..2015/05/26(火) 15:47  No.3647




指示するものの範囲  ..t      返信
 
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 122.2KB )

ヘイデン・プラネタリウムにはかつてトイレと太陽系を同列に扱ったサインがあったらしい。プラネタリウムなので、ユーモアを交えてそれを指示したともとれるが、プラネタリウムでなくても成立はする。むしろそう考えた方が面白い。
..2015/05/01(金) 13:39  No.3645
Re:指示するものの範囲  ..t     
 
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 138.6KB )

別の例。
そもそも宇宙の中心なんてものを誰が同定できるのか、という意味では言った者勝ち。
..2015/05/01(金) 13:41  No.3646




Richard Serra’s East-West/West-East Rises in the Qatari Desert  ..t      返信
 
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 44.9KB )

http://www.archdaily.com/626191/richard-serra-s-east-west-west-east-rises-in-the-qatari-desert/

砂漠に立って、はてしない不毛の大地を見た時、つぎにしたくなる衝動は大地に垂直に棒を立てることだった>1995年/エジプト
..2015/05/01(金) 13:34  No.3644




幾何学化  ..t      返信
 
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 176.4KB )

 
..2015/04/30(木) 02:44  No.3643




今週の展覧会  ..t      返信
 
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 248.8KB )

菅木志雄展
いくつかのナマの素材が、重ねられたり寄りかかられたり拗じられたりしながら相互に関連性を持たされ、空間のなかに一定の緊張感を作り出す。素材どうしに与えられる操作はとてもシンプルで、かつ、繰り返されることによって、全体として構造のようなものをつくりだす。
「コンクリート柱」の上に「ビニール」が覆うように張られ、その上に「石」が重石として置かれることで固定される。ここで「コンクリート柱」や「石」はそれぞれ個別の形やシミがあって、ひとつとして同じものはない。「ビニール」は大きく一枚にされているが場所によって伸びやシワの入り方が違って一様ではない。「コンクリート柱」「ビニール」「石」という言葉では、あるいはインスタレーションを成立させている、それぞれが担わされた機能としては単一のものであっても、個別には全く違う。だからそれぞれの場所で起きている関係性は、全く同じと言っていいが、実際には引張力や摩擦力は違うしビニールが切れそうになっているところもあったりする。この多様性と均一性が併存している状態はしかも、いかようにも大きくしたり小さくしたりが可能で、全体性に限界がない。限界はないが都度、全体はある。

この感じ。
いまさらなんだけど、「多分律」はちょっとなにか他のものと違う気がする。
ただし、「作品」である以上、「作品」にはひとつのシステムというルールは当然なのだけど全体がシステムに担保されているためにそれはそれで窮屈でもある。それと、どうしても組立が意味論的になってしまうので、現象が現れない。現象が現れるようにするためには、スケールを上げないとダメなのかな?と思ったり。
..2015/03/19(木) 01:08  No.3642




浦沢直樹の漫勉  ..t      返信
 
  http://dai.ly/x2iaw2x

同じ職種のクリエーターにしか分かり合えないはずの悩み、発見、葛藤が、違う職種の人間にも追体験できる程度に普遍的であるということ。鼻の話、大友克洋の話、24時間の話、どのエピソードもすごく面白い。
ペン先(手)が考えるということ、イメージを捕まえるのはペン先にしかできないということ、そしてそれを共有しつつ批評するのは、同じ漫画家にしかできない。
..2015/03/12(木) 05:05  No.3641




今週のシネマ  ..t      返信
 
  スカイフォール
スパイの業に対して異なる答えを出した兄弟の話。



できる限り世界の複雑さを反映させることで、ファンタジーをリアリティベースにしたこの傾向は、
ダークナイト3部作と似ている。「カジノ・ロワイヤル」は「ジェームズ・ボンド:ビギニング」、
「スカイフォール」は「ジェームズ・ボンド:ライジング」。
大長編ドラえもんの冒険の舞台が宇宙や密林や地底や海底、と毎年変わるたびに、やがてネタが尽きてしまうのではないかと
いう不安が的中したように、ダブルオーの敵も随分前にいなくなった。内面に向かい、シリアスになることで、
軽薄なスパイらしさが失われてしまったのは、むべなるかな。これらより大分はやく、ドラえもんはジャンレノになった。
並行して、敵のアジトとQ課のオフィスは長大なセット(インテリア)ではなくなり、
殆どがリノベートされた既存建物でのロケになっていった。

今回のメモ:
@小道具が掌紋認証式ワルサーと位置情報送信センサーのみ。Q課ができることは当然ハイテク=IT化されすぎて
(どんなことも大抵コンピュータで出来てしまうのだろう、というものの見方が世間的に常識になった)、
ギミック極少(「ペン型爆弾などアンティーク」)。
A初代コネリーへのオマージュとしてのアストンマーチンDB5の登場シーンのジェームズ・ボンドのテーマが、
ジョン・バリーのオリジナル音源になっていた。
Bボンド・ガールはM(ジュディ・リンチ)。
CMの査問委員会での演説「かつて強大であったMI6はいまや弱くなり、敵も見えづらく複雑になっていて、
体で情報を取ってくるようなスパイの存在意義も殆どない。しかしそれでも我々は。。。」という下りは、スパイ映画と、
(007が象徴する)イングランドの行く末を睨んだ宣言のよう。M=Mary
Dイヴ・マニーペニーが現場からデスクワークへ移った経緯
Eダブルオーが裏切るプロットは、「ゴールデンアイ」と同じ。ただし今回は私利私欲ではなく、
母=Mをめぐっての愛憎の物語。
Fイスタンブールスタートなのも第一作へのオマージュ。たぶん。列車の上での格闘はあらゆるアクション映画で登場するが、
ダブルオーシリーズではあったかな?
..2012/12/31(月) 00:53  No.3279
Re:今週のシネマ  ..t     
 
  再見。
やはりよく出来たプロットだなあ。
M=母は、Mary=女王陛下でもある、と。
次回作が「スペクター」という先祖返りの物語は続く。
..2015/02/11(水) 06:26  No.3640




ほとんど同じなのに見たことがない世界ーー大宮前体育館について  ..t      返信
 
  http://d.hatena.ne.jp/superficial-ch/20150103

・現状の青森県立美術館を見た上での評価をして頂いて、深謝。いくつかの美術館建築と大宮前を通して昨今の傾向に疑義を唱えるというアクロバット。その上で、以下メモ

・「仮に全ての部屋の仕上げや形状を違うもので作ってしまうと、大きな作品も小さな作品もヒエラルキーがなく等価に並べるというこの建築の重要な部分と齟齬をおこす。」
→そうかな?それぞれが全く別々の仕様になっているものを並べることによっても、ヒエラルキーがなく等価な状態だと言えるような気がする。

・「青森県美に対するよくある批判に、美術作品より前に建築が美術作品のように主張しすぎている、というものがある。確かに見ようによっては、青森県美はその隅々まで過剰にデザインされているし、それを隠そうともしていない。ただ、そういった批判が出るのは無意識のうちに、建築はあくまでナカミを入れる器であり、建築は無色の透明な容器であるべきだという先入観があるからではないか。」
→これは重要な指摘だと思う。作品は必ず展示室に遅れてくるのであり、それを転倒させたものが奈義や十和田の形式だと言えるが、これは展示に対して自由を取るか平等を取るかの違い。

・「派手で恣意的なデザインは嫌悪の対象になり、ユーザーの為というの名の下、設計者の恣意的なデザインを排除する試みが様々な形で模索されるようになっていった。 」
→ここで言う恣意的という語の意味を、作家主義とか権威主義とか表現主義とかと解釈していいか思う。これらは業界的なコミュニティに閉じているという反省をある意味で促した。そういう状況にシラけた建築家が、漂白された、アノニマスな、フラットで抽象的なデザインを好むようになったというのは時代の好みの問題だと思う。しかし一方で、「過剰な意匠を排除した」ということには注意が必要で、「何を排除したか」ということが自明(たとえば、巾木をなくす、素材種類を減らす、など)である時点で、抽象的とは言えないという気がずっとしている。

・「無色の容器や完全に透明な器が存在しないのと同じように、完全に恣意的なデザインを排除した建築も作る事はできない。せいぜいある瞬間の人々の欲望の平均値を取ったものにしかならない。しかもこの二つの方向は今ある世界を変える事はなく再強化する。やはりどこかで間違っている。」
→同意。上記の理由で、排除の元となる世界を肯定し続けることになる。

・言われる通り内部空間の意匠としては一見青森→大宮前の流れ、もしくはその亜流的な感じがするが、ここには実は乖離があって、大宮前→三次(傑作)の方がしっくりくる。として見ると、大宮前の内部は質としては理解できる。
..2015/01/04(日) 23:57  No.3639




memo アール・ブリュット  ..t      返信
 
  媒介項としてのアール・ブリュット、そしてコミュニティデザイン

保坂 | アール・ブリュットの作家は、ほとんどのケースにおいて、他者との交流という抽象的な意味でも、遠方へ出るという具体的な意味でも、自分の世界からあまり出ません。あるいは、出られません。それを支えている人たちも作り手の周囲にいる人たちなので基本的にはとてもローカルな環境です。ですが、それがアートという文脈が持っているワールドワイドなネットワークに入り込んでいくと、急に世界とつながるさまがとてもおもしろい。
山崎 | グローバルなプロセスですと、《NO-MA》が滋賀県内で有名になり、日本、アジア、そして世界的に認められ、ようやくヨーロッパへ行き着くという手順を踏むわけですが、そうではなくローカル同士の提案が(直接)結びつくことで世界へと出て行くことができる。
..2015/01/04(日) 14:00  No.3637
Re:memo アール・ブリュット  ..t     
 
  保坂 | 最近気になっている「インスティテューション(Institution)」という言葉があります。主に「制度」「組織」という2つの意味を持っていますが、原義は上が決めたものではなく人々の経験や習慣がかたちになったもの、下からの気づきによる制度のことをいうそうです。対極にあるのが「コンスティテューション(Constitution)」で「憲法」や「協約」を意味しますが、こちらは皆が守るべきもの、上から与えられるもの、一度決めたらそう簡単には変えられない制度です。インスティテューションの第二の意味である「組織」は、人々の経験や習慣がかたちになり、形骸化したものとして捉えられます。
美術館の多くは、「形骸化した組織」としてのインスティテューションになりつつあります。一部の美術ファンのために運営されていて、身近な経験や習慣とは結びつかない存在になってしまっているのです。しかし、特に地方ではインスティテューションである公立の美術館が不便な郊外に建っている一方で、まちなかにアートスペースやアートイベントが増えていて、アートとの関わり方が再編成されつつあります。もちろん、美術館の立地の問題は、美術館に帰せられるべきではなくて、行政サイドに問わなければなりませんが、ともあれ、そうした動きに既存の美術館はどのように関わっていけるのかを念頭におくことで、美術館を持続的に再編成し続ける仕組みを考えることができるよいタイミングだと考えています。そのためにも、「形骸化した組織」としてのインスティテューションから「気づきによる制度」としてのインスティテューションにもう一度立ち返らなければならない。
..2015/01/04(日) 14:12  No.3638




今週のシネマ  ..t      返信
 
  クリックで拡大表示 ( .png / 130.4KB )

インターステラ―
ユリイカ!
ドッキング時に回転するとか、ロボットがモノリスとか、始原に回帰するとか、2001年のオマージュ盛り。
次元を越えられるのは愛=重力という設定が科学と非科学の表裏に着地して締め。
出エジプトとノアの方舟的な構造。
ブラックホールの中心の特異点のデータは如何に記録されたのか、方程式とはどんなものだったのか、量子データをモールス信号で伝達できるのか、表向き宇宙開発などやっていられないような飢餓状態の地球でどうやってコロニーのような巨大建造物を製造できる財源を作れたのか、などという重要な点がサラリされていて、急激に尻窄みな展開になるところが気になるなど。
宇宙開拓史で説明されたワープ理論やガンダムにおけるコロニーなど、大きな理論の筋立て自体は大きく変わっていないのかな、と思ったり。
西暦が明確に示されていない点がミソで、物語自体がパラレルワールドの可能性があったり、ただのファンタジーと読めたりする。とは言え、根底にあるのは出エジプトやノアの方舟のような世界観なのだろうと思われる。これまで生きて来た土地を見捨てて約束の地を探索して、限られた人々(大きく人類、という括りがされるが、当然全ての生存者を平等に移住させられるわけではない)をどうやって連れていくか、人類という概念をどうやって生きながらえさせるか。生存者(の一部)をコロニーに移住させる、「種」という形で保存する、という考えられるふたつの選択肢は、生への執着の仕方として実は結構重要なことを示唆しているように思えた。
5次元世界という概念を映像で表現した4次元立方体にしても、「彼ら」=未来の地球人という設定にしても、物語の構造として理解できるものでなければ、そもそも映画にならない、という点で、とても映画的な映画。

ゴーン・ガール
1/3の事件のあらましとニックへの逆風、次の1/3のエイミーのサイコな計画、最後の1/3で不可解な共存を選択せざるをえない夫婦、という構成。筋立ては、氷の微笑。
互いに支配しあう結婚という形式に潜むちょっとした掛け違いが極端に誇大されていて、それがエイミーのサイコとして表出する。と言ってみればただのコメディ。物語の筋は開始早々想像がつくので、進行だけで引っ張るわけだが、それにしては犯罪偽装の手口や捜査についてツッコミどころが多いのでラストの恐怖感がいまひとつ盛り上がらない。
..2015/01/02(金) 04:05  No.3636





  




| TOP | ホーム | ページ一覧 | 携帯用 | 過去ログ/検索 |

+ Powered By 21style +