the world is not enough


Name:
Mail:
URL:
Title:
Message:
File:
...PaintTool
Linecolor:
Fontcolor:
Cookie Preview    Key 
 




日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ  ..t      返信
 
  http://www.oralarthistory.org/archives/

AMeet
2006年12月に設立された非営利団体で、日本の美術関係者に聴き取り調査を行い、それを口述資料として保存・公開している。メンバーは12名で、その多くは美術史を専門とする大学教員や美術館学芸員である。2007年8月から聴き取り調査を始め、2012年10月時点で聴き取り調査の数は69名分に達している。そのうち書き起こしや確認を終えた39名のオーラル・ヒストリーをウェブサイトで公開している。

今日、世界的に見て、現代美術の研究にはアーカイヴの存在が必要不可欠となっている。美術作品の形式的な特徴に注目するモダニズムの退潮とともに、美術作品を、それが作られた経緯や背景とともに理解しようとする考え方が主流となってきたからである。現代美術の研究者は、アーカイヴで、アーティストや批評家、ギャラリスト、場合によってはその家族などを含めて、美術関係者が残した書簡やノート、メモ、スクラップブック、写真、オーラル・ヒストリーなどの一次資料を調査するのが一般的になっている。
..2013/05/08(水) 19:58  No.3371




(非)物質化とアーカイヴ:ephemeral/ephemera  ..t      返信
 
  非)物質化とアーカイヴ:ephemeral/ephemera

セプチュアル・アートの関心が、その創発期においてすでに、芸術作品のアーカイヴ的なあり方(芸術作品がアーカイヴを模倣すること)であったこと、そしていまもなおそうであること

つまり私たちは、アーカイヴが要請される条件としての「自発的で生き生きとした内的体験としての記憶[……]の根源的で構造的な欠陥」について常に意識的でいなければならないのであり、また、今日の “ephemeral” な媒材の多くが、もはや “ephemera” としては残され得ない類いのものであることについて問う必要があるのだ。ただしこの問いは、デジタル化を非物質化の真の状態としてとらえるという意味においてではなく、むしろ「デジタル化」と呼ばれているプロセスが、非物質化のプロセスとしては不完全であるという事実において必要な問いなのである。
..2013/05/08(水) 04:26  No.3370





  




| TOP | ホーム | ページ一覧 | 携帯用 | 過去ログ/検索 |

+ Powered By 21style +