the world is not enough


Name:
Mail:
URL:
Title:
Message:
File:
...PaintTool
Linecolor:
Fontcolor:
Cookie Preview    Key 
 




マテリアライジング展 / 情報と物質とそのあいだ / 23名の建築家・アーティストによる思索  ..t      返信
 
  http://materializing.org/
..2013/04/25(木) 01:41  No.3340




ディアスポラ  ..t      返信
 
  wiki

現代美術用語辞典ver.2.0
..2013/04/24(水) 02:03  No.3339




ぬぐ絵画―日本のヌード 1880-1945 東京国立近代美術館  ..t      返信
 
  こんなものもあったりして。。。

..2013/04/23(火) 02:40  No.3338




ヴィデオを待ちながら  ..t      返信
 
  アリスを調べてたら懐かしいヴィデオがあったので。

..2013/04/23(火) 00:41  No.3337




ディズニーデザインの午後の紅茶のパッケージ→アニメ  ..t      返信
 
  
http://labaq.com/archives/51787232.html
..2013/04/22(月) 14:42  No.3336




マテリアライジング展 / 情報と物質とそのあいだ / 24名の建築家・アーティストによる思索  ..t      返信
 
  http://materializing.org/
..2013/04/22(月) 01:04  No.3335




1964年にアンリ=ジョルジュ・クルーゾーによって撮影された照明効果のデモ映像  ..t      返信
 
  照明の当て方によって人の表情が変化する。



クレショフ効果と似ている。
湧き起こされると思われている我々の感情は、我々が与えたもののリフレクションなのだ、ということ。
..2013/04/21(日) 23:19  No.3334




Francis Alÿs  ..t      返信
 
   Cuentos Patrióticos 1997 99



アリスで最初にみたのはこれ。http://www.moma.org/interactives/exhibitions/2011/francisalys/

模型のリハーサルがいい。http://www.moma.org/interactives/exhibitions/2011/francisalys/#/moma/rehearsal-1

こんなくだらないことにわざわざコンテがあるところがおもしろい。
..2013/04/20(土) 02:10  No.3330
Re:Francis Alÿs  ..t     
 
  フランシス・アリス展
http://www.mot-art-museum.jp/alys/index.html
..2013/04/20(土) 02:17  No.3331
Re:Francis Alÿs  ..t     
 
  建築出身
..2013/04/20(土) 02:21  No.3332
Re:Francis Alÿs  ..t     
 
  フランシス・アリスのリズム──空間の占有・更新・中断
http://10plus1.jp/monthly/2011/11/issue03.php
..2013/04/20(土) 02:22  No.3333




富士講  ..t      返信
 
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E8%AC%9B
..2013/04/20(土) 01:31  No.3329




今週の展覧会  ..t      返信
 
  生誕120年 木村荘八 展
東京の風俗を描いた荘八のスケッチや絵画は、写実的ではないがよく伝わってくる。その時代特有の社会問題もあったはずだが、それでも市井の人々がそれなりに楽しさを見出していくたくましさだけは、どの時代にも共通なのだな、と。

カリフォルニア・デザイン 1930-1965 −モダン・リヴィングの起源−
中村竜治の展示構成。これより前に3案ほどボツになったらしいが、一番おとなしい(?)今案はしかしとても良くできてた。部分的に室内のようになったり展示台とサイズが合ってたり。キャプションは見にくくてよくなかったのは、竜治くんのデザインじゃないからかな。
競合国がなく、大戦後の大量消費時代が、メディアや映画産業と結びついた経緯はよく分かった。
「こんな素晴らしいライフスタイル!」という各種コマーシャルをパロディにしたTEX AVERYのカートゥーンを思い出す。



リュック・タイマンス展
のthe Spill。いわゆるテレビ的、というやつかな。
わざわざ描くことでも無いテーマを執拗に描くことで、なにかをとどまらせようとする。

(   )も(   )も(   )も 展〜デザインとまなざし〜
菊地さんの。回転系映像シリーズ。シンプルだけど楽しい。
..2013/04/19(金) 00:12  No.3328





  




| TOP | ホーム | ページ一覧 | 携帯用 | 過去ログ/検索 |

+ Powered By 21style +