携帯用 | 小春の伝言板 www.koharu-home.jp




名前  
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル  
添付  >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー     削除キー(半角英数字) 



 楽しいひと時をありがとうございました  [返信] [引用]
.jpg / 228.9KB

編集長さん 小春ママさん

久しぶりのラベンナさんでの会食をありがとう
ございました。編集長さんのスペイン旅行の話に
始まり、いつものことながらその博識ぶりに聞き
ほれるひとときは、至福の時間でした

「良き友とおしゃべりランチ(会食)は最良の薬」と
言われますが、今宵の会食はそのもので、様々な分野に広がった話の盛り上がりに、今もその余韻に浸っている
ところです。またの機会を楽しみにしています。
小春ママさんいつものことながらお世話になりました。

FMさん今宵も送ってくださってありがとうございました

 
k.mitiko  ++.. 2019/05/17(金) 21:05 [21911]

 
今宵もまた、小春ママの行き届いたご配慮とお誘いを頂き、
嬉しくご一緒させていただきました。

美味しいお食事を楽しみながらのCapt.Senohの貴重な生授業!
幸せなひと時です。

名調子ですすむスペイン旅行談義は冴え渡り、
豊かな経験に裏打ちされた知恵や卓越した知見が飛び交う食卓に、
蒙昧な人間の頭はパンクしそうなくらいの刺激を受け、
そして、宝物を授けて頂きました。

Capt.Sehohご夫妻、mitikoさんに心より感謝致します。

MF  ++.. 2019/05/17(金) 21:52 [21912] [引用]

 
いつもの食事会と変わらぬ、独特なゆったりとした時間が流れて
あっという間の貴重なひと時を過ごさせていただきました。
大した情報でもない私の話を聞いて、諸々に反応していただき話は別次元へ・・・

お二方からの反応は、思わず見過ごしがちな私の早とちりを補正するに充分な情報
あっ、、、あれはそうだったのかと思わせて頂き旅の補足の良い機会となりました。

過分なお言葉に恥ずかしい限りですが、誠に有難うございました!

編集長  ++.. 2019/05/17(金) 22:19 [21913] [引用]

 
.jpg / 286.4KB

編集長さん 

早速のレポートをありがとうございました。多岐に渡る団欒の楽しさはかけがえのないもので、私の健康寿命をのばしてくれそうです。心から感謝しております。

k.mitiko  ++.. 2019/05/18(土) 13:21 [21914] [引用]

 
>心から感謝しております。

どういたしまして、、、お礼述べるのはむしろこちらの方です!

ところで、話題に上った伊都国歴史探訪
4人の都合の宜しい時に出掛けませんか?

編集長  ++.. 2019/05/18(土) 14:45 [21915] [引用]

 

「ところで、話題に上った伊都国歴史探訪
4人の都合の宜しい時に出掛けませんか?」

私は飛びつきたい思いですが日程調整はどうしたら
良いのでしょうか。いつも小春ママさんがしてくださっていますが、良い案が浮かびません。ちょっと考えてみます。

k.mitiko  ++.. 2019/05/18(土) 18:06 [21916] [引用]

 
>良い案が浮かびません。ちょっと考えてみます。

近いうちに小春ママから連絡するそうです・・・

編集長  ++.. 2019/05/18(土) 21:13 [21917] [引用]





 大笑い  [返信] [引用]
「ただで見てきたアルハンブラ宮殿」の入場門で
ガイドさんの説明を聞きながら、するりと入られた
くだりには、思はず声をあげて笑いました。
朝から一人でパソコンの画面を見ながらこんなに
笑ったことは初めてです。

ご一行さんの機転と度胸に乾杯です。

 
k.mitiko  ++.. 2019/05/17(金) 09:33 [21909]

 
笑いは百薬の長
   世界を救う
   心のビタミン・・・・・

大いに笑って人生謳歌しましょう 乾杯!?

編集長  ++.. 2019/05/17(金) 14:45 [21910] [引用]





 スペイン紀行  [返信] [引用]
.jpg / 48.8KB

編集長、さすさらさんのスペイン紀行、
楽しく拝見させていただいてますよ。
ギター音楽が好きなので、行ったことはなくても
地名などはなじみがあって。
アルハンブラ宮殿は残念でしたね。
その忙しい中、私の投稿をはさんでいただきありがとう
ございました。

話は変わって、邪馬台国ならぬ邪馬壱国の件、
2〜3世紀ころは、通信の手段がなく、交通も不便で、
糸島半島と大和地域は交流がなかったと思われます。
文献学者の方々は、まずこの点の証明が必要でしょうね。

 
はなパパ  ++.. 2019/05/16(木) 14:06 [21907]

 
>私の投稿をはさんでいただきありがとうございました。

どういたしまして、、、関西花便りは読者の多くが待っているレポート、挟むどころか堂々の掲載です!

さて、卑弥呼・邪馬壱国ですが
記紀に何らこの二つについて触れられていませんよね?
三国志時代の中国から見た東方の国の聴き伝え情報、陳寿による魏志倭人伝云うたって信頼度は!?

喧々諤々にならず、遠い日本の成り立ちの頃に想い馳せるのが宜しいかと思っております。

編集長  ++.. 2019/05/16(木) 17:03 [21908] [引用]





 ちょい住み 2019  [返信] [引用]
2ヶ月のNY独居生活を終えて明日の便で家内のいる(待ってはいない様子)
東京に向かいます。
東京修猷会総会が6月7日に変更になったそうで、同日のよいよい会
に参加します。 編集長も参加でしょうか?
5月26日の高取中の同窓会も楽しみ、15日から17日千葉船橋競馬場で
開催の2歳競走馬オークションに誘われており ちょいセリも体験
17日からは米国西鉄の元同僚、後輩と箱根湯本温泉旅行、
旧友との再会多く、死ぬ間際の旅行のようだと家内に言われています。
大阪も行かねば義理が立たないので落ち着いたら計画します。
ちょい住みは来年の東京五輪生観戦と永住帰国体験が目的ですが、
今衛星放送でヤクルト巨人戦のライブを観ながら送信しています。

 
Woodman in NY  ++.. 2019/05/11(土) 20:53 [21904]

 
>編集長も参加でしょうか?

他の予定の為出席できません。
大いに楽しんできてください!

編集長  ++.. 2019/05/12(日) 01:37 [21905] [引用]

 
それは残念、ならば山陽道と東海道から攻め込み
大阪夏の陣は如何?御検討下さい。

Woodman in NY  ++.. 2019/05/12(日) 08:04 [21906] [引用]





 感慨無量です  [返信] [引用]
.jpg / 146.9KB

編集長さんご一行はもうジブラルタルまでこられたのですね。幅15kに満たないこの海峡を私たちのご先祖様
をはじめ、多くの文物が渡り、現代世界を築いたことを
思いますと感慨無量ですね。

このことはスペインの風土や歴史におおきな影響を
あたえて、スペイン独自の魅力を形成したのかも
知れませんね。

 
k.mitiko  ++.. 2019/05/04(土) 21:11 [21902]

 
.jpg / 223.7KB

>多くの文物が渡り、現代世界を築いたことを思いますと感慨無量ですね。

今回のスペイン旅のきっかけが正に 「欧州から観るアフリカ大陸」 だったような気がします。

この狭い海峡の物語はそれこそ限りない位語られていますが、、、中でも地球の物語
500万年をかけてジブラルタル海峡が拡がって海になったり、また500万年かけて閉ざされて湖になる壮大なドラマ・・・

たまたまTVで知った開業1年余りのこの地のオーベルジュ、日本人としては2番目のお客さん!

快適に過ごさせて貰いました。

編集長  ++.. 2019/05/04(土) 22:42 [21903] [引用]





 素晴らしい全景  [返信] [引用]
.jpg / 176.1KB

編集長さん

素晴らしいアルハンブラ宮殿の全景が撮れましたね。
細部の美しさとともに遠くから眺めるこの宮殿の
全体像にヨーロッパの他の国には見られない、輝きを
感じ、早速壁紙に使わせて頂いております。

私はこの国の独特の美しさの根源に、自由と寛容さを
感じ、一つの価値感に縛られない文化の豊かさを
私たちに示してくれているように思います。
ますますこれからが楽しみです。


 
k.mitiko  ++.. 2019/05/02(木) 19:25 [21899]

 
mitikoさん

壁紙にされるならと、より解像度の高い写真を掲載させてもらいました!

編集長  ++.. 2019/05/03(金) 03:07 [21900] [引用]

 
編集長さん

早速写真を有難うございました。私が拡大したのとは
雲泥の差、居ながらにして宮殿の全景を楽しんでおります。

k.mitiko   ++.. 2019/05/03(金) 09:52 [21901] [引用]





 平成最後の爽筑会  [返信] [引用]
編集長殿
遠くイスパニアまで追いかけレポート毎度の事ながら即刻のアップおおきにでした。

こちらは今日が平成最後、明日から令和になります。
昔、現役だった時、新入社員が平成生まれの時代に入った頃を思い出しました。
遂に我々も昭和→平成→令和と三代の元号を過ごすこととなりました。

4人の珍道中、ワインのがぶ飲み注意、スイーツバカ食い注意で楽しんでください。

 
京都のリンダです  ++.. 2019/04/30(火) 17:51 [21897]

 
.jpg / 246.3KB

>ワインのがぶ飲み注意、スイーツバカ食い注意で楽しんでください。

清く正しい日頃の暮らしのおかげ!?
天気にも恵まれ、厚かましくもすっかり地元に溶け込んで大いに愉しんでいます。

3人はワインガブガブ飲んでますが、私は出国の頃胃の膨満感に悩まされ、ふさふさ先生からキツイ一言・・・
「腹7分、スイーツ避けてこの薬飲むように!」

そんなこんなであっという間に日が暮れて・・・
チョンボだけはしないよう肝に銘じて就寝タイム!

編集長  ++.. 2019/04/30(火) 21:49 [21898] [引用]





 3世紀に渡る凄さ  [返信] [引用]
.jpg / 276.3KB

伝言板が長くなりそうですので行を変えました。

サグラダ・ファミリアの人気には驚いてしまいました。
19世紀末に始まり、20世紀を越え、全貌の見えない
建物を見守り続けまして関心の薄れ掛けた時にこの映像を見て、ガウデイのめざしたもの、後世の人々の執念に
ただただ驚くばかりです。

建設過程には相当な困難があったようですが、それを
ものともせず、建物の完成をめざし、21世紀に
ようやく全貌が見えてきたのには感動します。
人間とは凄いことをするものですね。その情念には
心動かされます。その原動力はなんだったのでしょうか。

 
k.mitiko  ++.. 2019/04/30(火) 09:17 [21895]

 
.jpg / 257.6KB

>その原動力はなんだったのでしょうか。

私もそれについて考えさせられっ放しのバルセロナ滞在でした。
同じラテン系でありながらイタリア人とは、無論仏人とは全く違った感性の成せる技なのかもしれませんね?

未だ数百キロ程しか運転していませんが、道路状況・ドライバー気質・総合インフラ事情に関しては
穏やかでかつ信頼に足るスペインに、軍配上げるのが私にとっては自然の成り行きのようです。

同行三人も似たような気分で思う存分愉しんでいます!

編集長  ++.. 2019/04/30(火) 16:25 [21896] [引用]





 これからが楽しみです  [返信] [引用]
.jpg / 206.4KB

編集長さん

バルセロナ郊外の奇岩の山々、ガウデイのコロニア・
グエル教会、映像の素晴らしさに感銘を受けております。

ガウデイと言えばサグラダ・ファミリアが有名
ですが、バルセロナ市街には、グエル教会のような
建物がいたるところに見られるのでしょうね。

現在ではアルハンブラ宮殿やメスキータを抜いて
観光のトップになっているそうですね。これからの
レポートを楽しみにしています。



 
k.mitiko  ++.. 2019/04/28(日) 15:59 [21887]

 
.jpg / 250.2KB

この ”カサ・ミラ” もガウディの作品

先程オープントップバスに乗っかっての一枚ですが
宿で休息の後、しっかり観て来ようと思っています。

予想外に気温15度程、寒さ対策して出掛けねばなりません。

編集長  ++.. 2019/04/28(日) 18:53 [21888] [引用]

 
私もグエル教会の画像は初めて見ましたが、強い感銘を受けました。

異形、倒錯、変態などの美意識発露にも魅力を感じる私にとってグエル教会の画像はインパクトあるものでした。

一歩間違えればグロテスク、不気味とさえ捉えられかねないこんなアバンギャルド造形美を20世紀初頭に創造するとはガウディの底知れぬ天才性を想います。

後日の詳細なレポートが楽しみです。

リワキーノ  ++.. 2019/04/28(日) 19:16 [21889] [引用]

 
ところでFukuoka組3人とKobe単独の計4人ということですが、飛行機の中の真ん中に写っている見知らぬご婦人はどなた?
リワキーノ  ++.. 2019/04/29(月) 00:16 [21890] [引用]

 
♪ 仕事に疲れた女がひとり、スペイン旅・・・ ♪

偶然同列席になった長時間フライト、美味しそうにビール飲んでましたっけ

編集長  ++.. 2019/04/29(月) 02:18 [21891] [引用]

 
そういうことでしたか。
真ん中に座ってもらって記念写真というわけですな。

私は昨日も仕事が1件、明日に1件、令和元年初日は2件とびんぼう暇無しの10連休です。

息子と娘の両方のファミリーが我が家に来るので嬉しい連休でもありますが。

リワキーノ  ++.. 2019/04/29(月) 07:34 [21892] [引用]

 
なんともはや凄い迫力のサグラダファミリアの全容写真。こんな大きさの画像は初めて見ます。

”ボケの始まり”と記してますがそのあとの

「利用する航空会社のチケットの記録コピーしたUSBのチップをチェック ←此処にあったサグラダのメール1通!」

で起死回生の手段を見つけるところがCapt.Senohの凄さです。

リワキーノ  ++.. 2019/04/29(月) 19:29 [21894] [引用]





 免許の更新or返納の判断にも現実感  [返信] [引用]
運転免許証更新を目前に控えて4月4日に71歳以上の高齢者講習を受けてきました。

動体視力、視野狭窄、路上運転の実技のいずれもパスして、視野の広さは50歳代のレベルと言われ、まだしばらくは運転できるかなと思ってます。

路上運転は自動車教習所の敷地内のコースを五分ほど走り、クランク、S字カーブ、車庫入れで方向転換、低い段差に乗り上げてボディフロントに衝撃を与えないようゆっくり後退する等を課せられるというものですが、余程のミスが無い限り、パスするようです。

驚いたのが試験官を勤める自動車教習所の教官の至れり尽くせりのサービス。
緊張しないよう、いろいろアドバイスをくれるのです。

高校を卒業した53年前の春休みに通った福岡の教習所のごろつきみたいな教官しか知らない私は年月が経つとこんなにも違うものかと思ったものでした。

ちなみに私が受けた試験場は「寝屋川ドライビングスクール」
受講後、この前を通るたびに優しかった教官たちのことを思います。

 
リワキーノ  ++.. 2019/04/25(木) 17:06 [21885]

 
私の運転免許も50年以上前福岡帰省中に講習所通いして
取得しましたが、確かにタクシー運転手崩れのやさぐれが多く
姉の友人の父親が経営するタクシー会社経営の教習所に入り
いちばん親切な教官を紹介してもらったがそれでもかなりな人物でした。
今となれば懐かしい思い出ですが、今はそんなに親切ですか?
受講者減少でサービス向上でしょうか。

帰国後に免許証取得するか検討中です、東京都は実地試験なく、米国の免許を
そのまま切り換えてくれるようですが、高齢者の初心者では即返上を
持ちかけられそうです。
都心に住めば各種交通機関利用でき、高齢者は都バスが無料のようです
勧められましたがまだ非居留者なので住民票がなく取れませんので
有料で乗っています。

Woodman in NY  ++.. 2019/04/27(土) 21:40 [21886] [引用]

 
Woodmanさん

貴兄も同じ経験をされたのですね。

> 今となれば懐かしい思い出ですが、今はそんなに親切ですか?

親切どころではありません。実に親身になって指導してくれるのです。
たとえば75歳以上の受講者に課せられる認知症試験はその内容を詳しく教え、テストに使う16枚の絵は市販されているし、ネットでも手に入るので前もってよく練習しておいてください、とか、各種視力検査も路上運転も皆さん、すごく緊張されるので思いっきりリラックスして欲しいと色々ジョークを言って笑わせるのです。
一人も落伍者を出したくないという想いが伝わってくるのです。
そしてそんな行き届いた指導にもかかわらず、失点が多い人こそ、認知症者として見つけるのでしょうね。

> 受講者減少でサービス向上でしょうか。

そのあたりについては私もよく判りません。

> 帰国後に免許証取得するか検討中です、東京都は実地試験なく、米国の免許を
> そのまま切り換えてくれるようですが、高齢者の初心者では即返上を
> 持ちかけられそうです。
> 都心に住めば各種交通機関利用でき、高齢者は都バスが無料のようです
> 勧められましたがまだ非居留者なので住民票がなく取れませんので
> 有料で乗っています。

そうですか。東京でしたら交通の便はいいですから仕事で必要が無ければ車は要らないのでは。
私の場合は仕事を続けていく以上、どうしても車は手放せないのです。

リワキーノ  ++.. 2019/04/29(月) 07:44 [21893] [引用]








     + Powered By 21style +