2017. 10. 16. Mon 雨の中・・・
2017. 10. 10. Tue チビクと話していたら・・・
2017. 10. 08. Sun ちっこい威力
2017. 10. 03. Tue シロちゃんち
2017. 10. 01. Sun 華奢な肩
2017. 9. 29. Fri 一応は・・・
2017. 9. 27. Wed 衝突
2017年 10月
SunMonTueWedThu FriSat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

 

 
  2017. 10. 16. Mon
      雨の中・・・
  
今日からパパさんが4泊5日の一人旅に出発、早朝に最寄りのJRの駅まで送り、久しぶりの解放感に浸っています、解放感はあっても家事が減るわけでもなく、読みかけの本を余分に読めることとテレビの番組選択が自由なくらいです、旅行はだいたいお天気なのに今回は雨、ま、雨を気にしてもしょうがないです。   
 
チビククロチは雨の止み間をぬって殆ど定刻に朝夕、玄関に来ています、缶詰は朝だけだったのが、今じゃ夕方も、カリカリが充分残っていてもメインは缶詰と決めているようで、一日ふた缶も大変なのでチビクだけでもそろそろ入れようかな、と、時々入って中の様子は見ているけれど、クロチを思うとそのまま入れるのも気が重くて・・・どのみち猫は単独行動になるのでいいとは思うけど(*^_^*)
  

>> 返信

 

 
  2017. 10. 10. Tue
      チビクと話していたら・・・
  
今朝チビクが食後、一旦は出かけて行ったのに又来て何だかんだと言うので、玄関を少し開けて話していたら、この時とばかりニャゴが飛び出してしまいました、飛び出すと言うとそのまま走って行く感じですがそうではなくキャットランの周りを歩いたりのんびりしています、でも捕まりません、諦めてしばらくして行くと、フェンスを抜けて小さく見えるクロチの所へ行くような感じですが、フェンスの向こうの崖を飛び降りるのに迷っている様子、どうも身体の動きが鈍重になってしまったようです、で、チビクたちのフードの所へ行きムシャムシャ食べ始めたのでこれはチャンスとそーっと近づきにじり寄りゲット! ギャー!!!と怒ってはいたけれど、攻撃に出るでもなくあえなく御用! ほんの20分くらいの冒険?でした。 昨日はチビクが入って来たけれど、クロチのことを思うと一人ぼっちになっては可哀想なので出しはしても、クロチの様子に少しずつ変化が現れてきたので、チビクだけでも入れようかな、と思い始めています、クロチは改めて頑張るとして(*^_^*)
  

>> 返信

 

 
  2017. 10. 8. Sun
      ちっこい威力
  
 夏の間大判の座布団4枚分だった寝床を冬バージョンの6枚にしました、何故かと言うと、4枚でも充分なのに、チコがそこにいるだけで、シロ太もベルも入れないから、シロ太が寝るときは、チコに退いてもらってやっと入れる有様、それもチコに散々唸られながら。 シロ太はこちらとのあうん呼吸でそれが出来ても、ベルとはそれが出来ません、でも、ベルは心臓弁膜症なので、冷えは大敵、そこで寝床を大きくしたのですが、結果は今まで通り床で寝ています。 シロ太が寝るときも散々唸られるのを見て、ベルは怖くて入れません、まぁ本当に怖いこと、黒シバは気が強いって聞くけれど本当のようです(*^_^*)
  

>> 返信

 

 
  2017. 10. 3. Tue
      シロちゃんち
  
お役ご免かと思っていたシロちゃんのお姉さん宅の猫のお世話を昨日今日行ってきました。 トコちゃんとの散歩でシロちゃんに逢い、飼い主のお姉さんから変に信頼されてしまい、留守宅での猫の世話を頼まれたのはシロちゃんが亡くなって7年なので随分になります。 シロちゃんがウチに来てからの写真の顔はシロちゃんが最初に拾われ一番幸せだったときと同じ表情になったのが唯一の救い、もっと早く引き取ってあげれば良かったと心残りです。散歩で出会った時のシロちゃんは本当に情けない顔をしていたのでついついお八つをあげることになってしまったけど、最後は可愛い顔になり、それより眠るように亡くなったのが救いかも。シロちゃんは人間で言えば100歳以上、近所の旧家のお爺さんは座って昼食を済ませ、そのまま気がついたら亡くなっていたとか、そのお爺さんも100歳越え、楽に死のうと思ったら100歳生きる? それはちょっと・・・
  

>> 返信

 

 
  2017. 10. 1. Sun
      華奢な肩
  
チビクとクロチはいつものように定刻に来ていました、チビクは玄関の前にクロチは階段の見えないところに隠れています。器はモコママにピッタリくっつけて置きます、チビクが食べ始めるとクロチも来て一口に入れては階段を3歩くらい下りて食べています、その間チビクは無心に食べています、今日、初めてチビクの背中を触ってみると全く無反応、まだ仔猫、肩の骨は細く華奢です、結局食べている間撫で続けました、それを見たクロチ、これはいったい何?!と不思議そうな顔を・・・ 今日10月1日 一歩前進です。 クロチを見ていると、チビクに比べ小さくしょぼくれ、干からびたような風体、何だか自分の幼い頃を思い出します、チビクは兄さん、クロチは私、こんな感じの兄妹だったわ(^_^;)
  

>> 返信


>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++