ここの場合の「ノーガキ」は、
「ノーガキばっかりタレてないで、とっとと体を動かせ!」
なんて時に言うところの「ノーガキ・・・。」です。(笑)

特にジャンルに関係なく、思った事や出来事をポツポツと書いていきます。
まぁ、お暇な方は、ほんのお目汚しに・・・。

〜〜 おぎちゃんの日曜日 (MainWebSite)放課後の原っぱ (MainBBS)mail 〜〜


2020年 7月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-



〜〜「ノーガキ・・・。」一覧〜〜
7/19(日) TL・・・、快適化?
7/11(土) TL125 ディスクブレーキ化Pj
7/02(木) TL125 ディスクブレーキ化Pj ....
6/28(日) TL125 ディスクブレーキ化Pj
6/21(日) 道具箱♪(薪ストーブ更新)
6/20(土) 勝手に白河関通行手形
6/13(土) TL125 ディスクブレーキ化Pj
6/12(金) リアブレーキの小細工
6/07(日) 勝手に白河関通行手形
6/03(水) 勝手に白河関通行手形・・・、....

* 「ちょいとノーガキ・・・。」Topへ

TL・・・、快適化? 2020/7/19(日)
| TL125 |

始めれば、おおむね着実に作業が進んでいきます。 
まぁ、準備万端だったので・・・、始めれば速い。 
どんだけ眠らせてたんだって話でもあるんですけどね。 
 
教訓・・・、やっぱ準備が整ってると、作業が速いっすな。(笑) 
 
 
さて、今回は・・・、快適化って所です。 
ワタシメ、たぶんシートの硬さに不満を抱かないタイプです。 
どのバイクに乗っても、よく聞く「ケツいて〜。」って感想にはあまりならない。 
 
V7用に手に入れたシートはゲルシートなのですが、 
実はあまり違いを実感できなかったりします。 
 
とは言え「ツーリング♪(・・・トラ車。)」とか浮かれてると、流石にチト大変な気がする。 
TLのシートは、なんせチッチャイですし、そもそも距離を走る事はあまり配慮されていません。 
 
 
アンコ抜き・・・、 
ならぬ 
アンコ増しをしてみました。 
 
貼ってみたのは、 
ホームセンターで見つけた 
低反発ウレタン。 
 
フム、快適快適♪ 
 
 
 
 
| Comments(0) |

TL125 ディスクブレーキ化Pj 2020/7/11(土)
| TL125 |

懸案のスピードメーターケーブル・・・、オクで純正を入手。 
早速交換してみました。 
 
やっこっ。 
こんなに柔らかいモンでしたっけ? 
トラ車でストロークが長いから、柔らかく作ってあるのかなぁ。 
 
ともあれ、一個解決♪ 
 
 
| Comments(0) |

TL125 ディスクブレーキ化Pj (テストツー) 2020/7/2(木)
| TL125 |

今日はお休みを貰いました♪ 
 
有給の切り替わり時期にきてまして、期限までにお休みを取ろうと画策していたのですが・・・、 
予定を入れるタビにお仕事が割り込んできましてお休みが取れずにいました。 
でも、今日は梅雨の晴れ間の日。結果、オ〜ライ♪ 
 
TLを走る形にする事は出来たので、少し走らせてみたかったところです。 
いつものテストコースを「頂上でお昼寝」なんぞ目標に走り出してみましょう。 
 
 
走ってみた感想で、なにより驚いた事を先に書いておくと・・・。 
TL、舗装路だとエラク足が長いわ〜。 
 
「足が長い。」ってのは、燃費ではなく、航続距離のお話です。 
満タンで走れる距離が長い事にビックリ。 
 
携行缶を持っていましたので、限界チャレンジしてみましたが、200キロに届いちゃいました。 
リザーブに切り替わったのも、174キロ。燃費はざっくり35k/l。 
・・・、なんだそりゃ。(笑) 
 
いつもの土手内散歩なら、リザーブ距離は100キロ弱。燃費は20k/lくらいだったと思います。 
常用するギアが違うからこうなるんですね〜。あらまぁ・・・。 
 
TLの行動範囲はあくまでご近所ですから・・・。 
これだと、舗装路中心なら一日遊べちゃうって事ですな。 
 
SDRはもう少し短い距離感でリザーブに入りますから、 
行動範囲が狭い分、「ワンタンクで遊べる度」的指数なら、TLの方が長い? 
 
まぁ、SDRの場合は、もっと遠くに行きたくなるから、 
ワンタンクくらいの距離じゃ満足できないって事なんですけど・・・。 
改めて考えると、ちと面白いです。 
TLばっかりに乗ってると、たぶんスグに飽きちゃうけどね〜。(笑) 
 
 
 
このルートには、 
いつも寄る 
休憩ポイントがあります。 
 
 
今回は、 
「ツーリングできるか。」テスト 
ですから・・・、 
ソフトも食います。(笑) 
 
 
 
 
先日・・・、SDRのローターキーを二回目にふっとばした日に、 
同じように下道利用でこのルートを走っていました。 
 
似たコースをTLで走ると・・・、やっぱ大冒険感がマシマシですな。(笑) 
いつもなら、このコースは、お散歩コース扱いなのですが、とっても遠くに来た気になります。 
 
 
トコトコ走る事、約3H。 
途中、休憩もとりながら・・・、 
まだ目的地に到着しません。 
 
TLのノンビリ度・・・、 
流石です。(笑) 
 
小さなラーメン屋さん発見。 
昼食・・・。 
 
 
 
走行再開。ここまで来れば、目的地はすぐそこです。 
一気に駆け上が・・・、れない。 
勾配がきつくなってくると、TOPギアに入ったところで、ジリジリとスピードが落ちます。 
SDRなら、気持ち良い峠なんですけどね〜。まぁ、こんなモンでしょう。(笑) 
 
頂上到着。あまり天気は良くないですな〜。少し肌寒いですが、軽くお昼寝・・・。 
 
 
目標達成♪帰路につきます。 
今日ならダートがあっても問題無しなバイクなので、 
帰りはあえて方角を頼りに山中突破をやってみます。 
山中をさ迷い、田んぼ道をつないで、あちこちで行き止まりに引っ掛かりながら・・・、 
結果、ダートは無し。しょせんはご近所レベルですから、道は舗装路ばかりでした。 
流石に新発見は無理・・・か。 
 
下界は、灼熱地獄の一日だったようですね。 
少し山を離れるだけで、熱風が吹いてきます〜。ギリギリまで山沿いをなめて走り・・・。 
最後は「TLでも暑い・・・。」とボヤキながら帰還。もう、本格的な夏も近いですねぇ。 
 
テストツー結果は、概ね良好。少し手直しは必要ですが、だいたい完成かな♪ 
このテストコースの途中に、例の新たに発見したキャンプ場があります。 
梅雨が明けたら、TLでキャンプだねぇ♪(笑) 
 
 
| Comments(0) |

TL125 ディスクブレーキ化Pj 2020/6/28(日)
| TL125 |

注文していた部品も揃い、作業に入れそうな雰囲気になってきました♪ 
今日は大雨ですが・・・、ある意味、チャンス。 
狭いガレージの中で作業を開始しました。 
 
構想ウン年って勢いで妄想を練って(眠らせて?)きましたから、部材の揃い具合はバッチリ♪ 
後は重かった腰が浮いたのを幸いに、いっきに作業を進めるだけです。(笑) 
 
まずは、TLのフロント周りをバラします。 
まぁ、外さないと次の部品が組めないので、致し方ないのですが・・・。 
これでTLは一旦不動になりました。 
 
なるべく早く作業を進めましょう♪ 
もし、この機を逃したら、このままオブジェになってしまうって事にもなりかねません。(笑) 
 
 
せっかくなので・・・、「やっといた方が良いシリーズ」のボールレースも交換します。 
 
 
レースを抜こうと、 
トンカンやってたら・・・、 
斜めって引っ掛かった。 
 
しばらく悪あがき・・・。 
最後は力で打ち抜きました。 
 
まぁ、ここにキズがあっても、 
たぶん問題はないでしょう。 
 
 
 
このボールレース交換を乗り切ってしまえば、残りのパーツを組んで行けば良いハズです。 
たっぷりとグリスを塗って・・・、ステム組込完了♪ 
 
フォークを取り付けてオイルを入れたところで、雨がやんできました。 
フロントタイヤが無いので・・・、苦労してガレージ前に押し出します。 
タイヤをTLから外してTLMのホイールに組み替えて・・・、車体に仮組。 
よし、これでバイクを転がせるようになったぞっと♪ 
 
 
この辺からフェンダーやら、メーターバイザーやらの外装の取付になります。 
現物合わせになってしまうので、苦労すると思っていたのですが・・・。 
 
 
こんな感じになりました♪ 
 
 
フェンダーは、 
なんとそのままボルトオン。 
 
ほ〜、フォークスパン、 
一緒になのね。 
 
 
 
 
さて、お次はメーターバイザー・・・。 
新しいフロント周りには、TLで使っていた取付金具用のネジ穴がありません。 
どうしたモンだか・・・。 
 
このTLは、ウチに来た時点でメーターバイザーの付け外しに工夫してありました。 
少し取付が不安だったので、ワタシなりに改良してあったんですが・・・、 
確か、どこかに前のパーツがあったはず。 
それがあれば、バイザーを仮付けができると思うのですが・・・。 
 
あった♪フォークに巻き付けてとめるゴムベルト♪ 
4本欲しかったんですが、見つかったのは3本。まぁ、3点止めなら概ねOKでしょう。 
 
続いて、メーターケーブル。 
試しにTLのケーブルを取りまわしてみたら、長さはピッタリ。 
残念ながら、メーターギア側の径が少し小さい。 
一応、軽く引っ掛かるので、ひとまずは突っ込んでおいて、 
メーターギヤ比の確認をしてみましょう。 
 
 
外装取付が、 
すんなりいったので・・・。 
できちゃった♪ 
 
 
もうすぐ陽が落ちますが、 
土手まで試走。 
 
やった〜。 
フツーに止まります♪ 
 
 
作業には、二日間くらいかかると思っていました。 
まぁ、手法がステム打ち換えでのTLM220のフロント総移植ですから・・・、 
夕方までに、無理やり間に合っちゃった♪ 
 
 
さて、走ってみた感想など。 
まずはブレーキ。強力に止まる訳ではないですが、ちゃんとフツーに止まる。(笑) 
これで、急制動の場面でも安心できそうです。 
 
TLとTLMでは、どうやらフォーク長が同じようです。 
アライメント関連での2車間の違いは、たぶんフォーク径とオフセット。 
 
このオフセットの違いで、悪影響が出ないかと心配していたのですが・・・、こっちも良さそう。 
ロードでの直進安定性が増した印象です。 
じゃあ、オフはと言うと・・・、こっちも安定性が増した感じで、ワタシには好印象です。 
 
トライアルが出来る方なら、ネガな部分が判るのかもしれませんが、ワタシ的には大満足。 
 
 
一応、ちょこっと走れたので、今後のやり残しをメモしておきましょう。備忘録備忘録・・・。 
 
・メーターケーブル交換 
ワタシが手に入れたTLMのフロント周りには、少し長めのメーターケーブルが付いていました。 
この為、途中に折れ癖が付いており、ちょっと使えない。 
調べてみたら、純正欠品部品でした。なるほど、だからなにかから流用してあるんだ・・・。 
オク入手かな・・・。 
 
・メーターバイザー取付方法 
現在の取付方だと、たぶん、ライトが少し動く・・・。なにか考えましょうかね。 
 
・フロントホイール入手 
まぁ、あの状態を見ちゃうとねぇ・・・。オクですかねぇ。 
 
・ハンドルの切れ角微調整 
ストッパーの位置が変わったので、切れ角が大きくなりました。 
・・・、つうか、ストッパーが当たらず、フォークがタンクの先に当たるまで切れちゃう。(笑) 
当たるのはへこむ位置ではないのですが、 
コケた時にメンドーが起こりそうなので、要検討・・・。 
 
 
土手からの帰り道・・・。 
街うちを走っていると、後ろから赤い光がキラキラと・・・。 
「おっと緊急車両。」とバイクを左に寄せると、 
「ありがとうございま〜す。」とか言いつつ、ワタシの後ろに停まりやがった。 
なん十年ぶりだろう・・・。 
 
「いや〜、速いからさ。注意しようと思ったんですよ〜。」 
・・・、イエイエ、このバイクで違反するのには、それなりのテクニックがいります。(笑) 
後続車の邪魔にならないように、一生懸命加速しただけです〜。 
っま、しょせんトップスピードが出ないから、「注意」で済んだのかもしれませんね。 
 
一応、このバイクを速くする方向で弄る気は・・・、今のところありませんです〜。(笑) 
 
 
| Comments(0) |

道具箱♪(薪ストーブ更新) 2020/6/21(日)

近所のホームセンターへ買い出しにいったら、薪ストーブを発見。 
右がワタシが使っている物。左が新しい物です。 
 
元々の薪ストーブはアマゾンで入手した物で、 
使っているうちに「もう少しこうなってて欲しい。」と思う点が出て来ていました。 
 
左のタイプは後発の物で、上部がドーム状になっており、五徳も大きい・・・。 
「あ〜、こっちの方が良さそう。」と思っていて、欲しかった物です。高い物でもないし。 
 
ただ、この手のシンプルな道具は、いつまでたってもダメにならないんですよね〜。 
材質も、一応、ステンレス・・・。 
 
わざわざ通販するのもねぇ・・・、「まぁ、そのうち。」扱いになっていました。 
現物を確認できる機会になったので、お買い上げ♪ 
 
こういう時は、だいたい次に行った時には商品棚から無くなっていて、 
「次回入荷予定無し。」ってな事になりがちですから。 
 
 
 
今までの物と同じように、 
通気口を一部拡張。 
 
 
左に写り込んでいる 
スプリングは、 
組立てた状態の時に、 
上下に引っかけておく物。 
 
 
 
 
この小細工をやっとくと、 
火をつけてからストーブを動かしたくなった時に、バラバラになりません。 
 
新型の性能はいかに♪ 
っま、たいして変わらんと思うけどね。(笑) 
 
 
 
| Comments(0) |

勝手に白河関通行手形 2020/6/20(土)

福島からの帰り道・・・。 
この車にバッタリ出会いました。 
今回は、トレーラーの上でしたけどね〜。 
 
先日は、ワタシの乗っていた青が走っているのに遭遇♪ 
美女・・・かどうかは後ろ姿だったんで判らないけど(失礼!!)、女性二人でフルオープン。 
やっぱ、かっこいいなぁ♪ 
 
青に出逢うのは、ワタシ的にはとっても珍しかったんです。 
やっぱ・・・、カッコエエなぁ♪♪ 
 
小さな車体。内部もタイトです。 
車体が低いので、バイクで後ろにつけると車内が少しのぞき込めます。 
青のロードスターでは、スマホナビを使ってました。 
 
ワタシが乗っていた頃は、ちょっとした物を付けるのにも、場所に苦労したけど・・・。 
なるほど〜、今ならその手が使えるのね♪ 
 
時々、「もう少し歳を取ったら、コレもイイかも。」と思ったりします。 
思い出の車です♪ 
 
 
| Comments(0) |

TL125 ディスクブレーキ化Pj 2020/6/13(土)
| TL125 |

遂にこの題名を書いてしまった。(笑)  
梅雨入りもしてしまったし、一気にやってしまおうかと、色めきだった訳です♪  
ところがどっこい、これがいきなりつまづくと・・・。 
 
 
TLM220のフロントフォークをオーバーホールし始めたら、  
なぜかシール類が、サイズ違いの部品が来てる・・・。  
パーツリストで調べた品番と、現物の品番は合ってます。  
???・・・、意味不明。  
 
フォークは勢い込んで分解しちゃいました。  
分解してしまったので、出来る部品だけ交換して組み立てて・・・、作業中断。 
交換部品には、点錆が浮いてしまったインナーチューブまであったりして・・・、 
かなりやる気マンマンだったのに。 
 
・・・、無念〜。 
とりあえず、また調べものが増えたぞっと。(笑)  
 
 
しゃーない、なんか出来る事をしておきましょうか。  
辺りを見回して・・・、あっ、TLMのホイールから古タイヤを外しとこう。  
 
過去に何度か細いリムのタイヤ交換に挑戦していて、何度もチューブをダメにしています。  
せっかくだから、今回はちゃんと手順を意識して作業してみましょう〜。  
これも、練習練習♪  
 
よしっ、無事にタイヤ外れた♪ チューブも無傷♪♪ 
っは、良いけど・・・、ここで第2トラップ発動。  
 
 
開けてみなけりゃ判らない。 
こういう事もあるんだ・・・。  
 
リムの腐食がモノスゴイです。 
しばし茫然・・・。  
 
 
外観だけで言うと、 
TL125のホイールより、 
TLM220の方が 
状態は良かったんですよ。  
 
そもそも年式だって、とっても新しい・・・。  
う〜ん・・・、もしかしたら、この年式の話がクセモノなのかな・・・。 
 
TL125の時代に比べTLM220の時期は、 
おそらく、世間のトラ車に対する本気度があがっています。  
 
そう言えば、TL125の頃なら、「トライアルが出来るトレッキングバイク」の扱いですが、  
これがTLM220の時期になると、コレを買う方は、トライアル競技を目指してた気がする・・・。  
TLM220は、ロードバイク世界で言う「レーサーレプリカ」だったのかもしれません。  
 
この頃なら、そもそもこのカテゴリーのバイクを選ぶ方は、 
既にトライアル競技経験者が多かったんじゃないかと・・・。  
 
そうなれば、当然、トライアルコースをアタックした事のある車体の比率が上がる訳で・・・。  
「来週もアタック出来るように♪」と気を使ってるうちはイイけど、 
使い方が荒い分、そのまま眠らせちゃったらアウトな個体も、あったのかもしれません・・・。 
 
 
さて困った・・・。 
フロント周りのそっくり移植で、あっさり終る目論見だったんです・・・。 
 
ホントに困ったぞ、こりゃ。 
うむ、とりあえず午前の部は終了にしておこう・・・。(笑) 
 
 
家に戻って、イロイロと調べ物。対処療法を探ります・・・。 
まずは、今のTL125に入ってるリムを、自力でTLM220に組んでみる事を考えました。 
・・・、アカン、純正部品ではスポークが出ない。 
 
社外のスポークを探してみると・・・、あっさり見つかったのはステンレス。 
GBでトラブルを経験した身としては、オフ車にステンレスはなんとなくヤかなぁ・・・。 
 
なんか組み換えもメンドーになってきた。(笑) 
ネットオークションに、タイヤが外してあるフロントホイールが出るのを待つか・・・。 
 
 
迷いつつ、午後の部、再開・・・。 
ホイールを眺める・・・、なんとなく、ダメなところを削り取る・・・。 
 
 
う〜ん・・・。 
フト思いついて、 
黒染めスプレーを見ると・・・、 
アルミOKとか書いてある。 
・・・、塗ってみる。 
 
およ? 
なんとかなるかも?? 
 
黒染めスプレー・・・。 
理屈的には、鉄用ですが・・・。 
 
 
チューブタイヤですし、まぁ、土手内散歩ならいけるか・・・。 
よし、組み立てる事を優先して、 
良さそうなホイールがオクに出てきたら手に入れるとしましょう♪ 
 
 
| Comments(0) |
>> NEXT
Search  Phone Master